信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
.
e0171497_15173917.jpg

 応援クリック
 ありがとうございます
   にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
   にほんブログ村 

e0171497_18581696.jpg


e0171497_614127.jpg


e0171497_1725895.jpg


e0171497_10084553.jpg

   発売中



style="display:inline-block;width:160px;height:600px"
data-ad-client="ca-pub-3712853130935958"
data-ad-slot="4819484684">



google.com, pub-3712853130935958, DIRECT, f08c47fec0942fa0
スポンサードリンク
google-site-verification: google36ed5a3dddf221d0.html
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 02月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
世界中にある神代文字(ア..
by jhn at 02:07
かるいざわ かるいさわ ..
by kuwahara at 11:56
唐・新羅進駐軍の唐側代表..
by 旅人 at 04:53
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


カテゴリ:一般( 158 )

音曲と結界

宇野功芳という音楽評論家の著書に、「音楽には神も悪魔もいる」という本がある。もう半世紀も前のことだ。


美しい調べは心を和ませると同時に、邪悪な波動を消してくれる。だから古代から音曲を用いて結界を張り、神事を行ったのではあるまいか?


今 多くの演奏家らが、言霊を曲に乗せて奏でているが、素晴らしいことだと思う。


西洋の宗教曲なども素晴らしい。レクイエムやスターバト・マーテルなど、多くの巨匠が曲にしているが、どれも素晴らしく、文字どおり鎮魂曲だ。

e0171497_14062782.jpg

余談だが、私は 山崎ハコの唄を聴いていると、なにやらゾッとしておかしくなる。(^^


by hansaki460 | 2018-04-02 14:07 | 一般 | Comments(0)

天声を聴く (3) 「夜の行」

天声を聴く (3) 「夜の行」

「第2の脳で生き方を変える」伊藤 真愚先生 著 より
e0171497_04243384.jpg
google.com, pub-3712853130935958, DIRECT, f08c47fec0942fa0
by hansaki460 | 2017-12-10 04:25 | 一般 | Comments(0)

天声を聴く (2) 「日想法」

天声を聴く (2) 「日想法」

「第2の脳で生き方を変える」伊藤 真愚先生 著 より

e0171497_10442377.jpg


by hansaki460 | 2017-12-04 23:06 | 一般 | Comments(0)

「第2の脳で生き方を変える」 伊藤 真愚先生 著 より

天声を聴く (1) 「生命の直説法」


私は道草をし、そのうえ回り道をしてしまった!

 「五十にして天命を知る」

 「六十にして耳順がう」

 「七十にして心の欲する所に従えども、矩(のり)を踰(こ)えず」.

e0171497_15533105.jpg
「第2の脳で生き方を変える」伊藤 真愚先生 著 より


by hansaki460 | 2017-12-01 15:55 | 一般 | Comments(0)

米栽培は、年 50,000%以上の利回り商品

米(こめ)の力
古代から米栽培は、年 50,000%以上の利回り商品だから、現代も農家は農地法を死守する。
お米の栽培は種籾を催芽させてから籾すりまで約7ヶ月。
年1回の収穫だから12ヶ月が投資期間とすると、米一粒からとれる数は約500~1000粒だから、単純に言えば表面利回りは、50,000~100,000%になる。
米は自然の恵みではない。 米は血で購った宝である。 だから古代から為政者は百姓を「おおみたから」といって大事にして米を支配した。
米を栽培したのは姓を持った階層の、数多い人達だから百姓という。
だから古代から米を生産する者を、支配者はけして差別しなかったのである。
農民は搾取されたという見方は、金銭で納税されるようになった、近年の作り話である。
農家になれない人たちが、被差別にあったのだ。
さて、古代、為政者は籾を貸し与え、秋に回収した。 投資である。
「貸稲」(いらしのいね)や、「出挙」で、50%~100%の利子を払った。 しかし 50,000%の中の 100%なのだから けっして多くない。
秀吉の太閤検地で、その体制は変質したが、おかげで 家康は 始めから全国を、石高という同じ物差しで 支配することが出来た。
(荘園の一掃と、度量衡の統一)
都市部にある農協が、組合員(農家)の人数より職員の人数の方が多いのは、作物ではなく、元農地の利用から上がる、お金と不動産を管理しているからである。
話がそれたが、おおみたからは大切に保護された。 いわば特権階級だった。(異論はみとめる。(^^))
e0171497_1047511.jpg

今でも農家はことのほか優遇されている。
中世からの本百姓は別だが、江戸期に大きくなった豪農の多くは、小さな百姓に田畑を質にして金を貸し、取り上げた農地を元の農民に貸し与え、小作とした。 それを 「質地地主」 と呼ぶ。 
地主小作制の始まりである。 農家が農民を支配下に置いたのだ。 それが戦前まで続いた。 
50,000%以上の超超高利回りの投資商品である米は、江戸時代には世界に先駆けて先物取引市場を発展させた。
それを扱う 商人達の中から、石門心学のようなその後に発展した資本主義の精神が生まれてきた。
日本は世界の中で、ほとんどの分野で最先端を走っていたのである。 そこには米の存在があるのだ。
今でも米作りは、特権差別である。(農家が悪いわけではない) 
農地は、農家認定されていない非農家の国民は絶対に持てない。
戦後、農地解放で、ただでもらった土地が数十年たって、米の利回り位に値上がりした。 (農地解放を否定しているのでは ない)
だから、農家・農地を支配している 隠れたる者達は、古代の支配者と何ら変わらない。  形が変わっただけなのである。
by hansaki460 | 2016-06-15 10:48 | 一般 | Comments(0)

ム-の記憶・日本語・ハプログループD (Y染色体) そして日本人

1)日本語について

日本語の系統については大きく分けて二つの考え方がある。
ひとつは北方起源説であり、もうひとつは南島起源説である。

戦前は日本語アルタイ系説(北方起源説)が主流であった。(新村出、金田一京助)
また国語学者橋本進吉は、アルタイ系言語の母音調和が、奈良時代の日本語にもあると指摘し、日本語アルタイ系説を裏づけた。

戦後は南島起源説が多い。(泉井久之助、村山七郎、崎山理など)
朝鮮語と日本語は 共通の語彙が少ないのにたいして、オーストロネシア系(南島系)のことばのなかには日本語と似た単語が多いという。

また、安本美典はビルマ語、カンボジア 系、インドネシア系の語彙との関係を指摘し、西田竜雄はチベット・ビルマ語と日本語の語彙の類似を指摘している。

近年大野晋は、インド南部やスルランカの一部で話されている「タミル語」と日本語の類似を指摘している。【注①】
すなわち、「アジア西部に「原日本語(「ドラビダ語」というべき)」中心があり、一つは東進して日本に、南進したものはインド大陸に進み入ってそこに広まった」という仮説を立て、主張している。

安田徳太郎は、ヒマラヤの谷底にすむレプチャ人の「レプチャ語」で、万葉時代の日本語が解読できるとした。【注②】
専門家からは総スカンを食らったが、後に記す理由でとても興味深い。


2)さてそこで、日本人とは?ということだけれども…

ミトコンドリアDNAの分析では、地球上のヒトの祖先はアフリカで誕生し、その後世界中に伝播していったとするアフリカ単一起源説が主流を占めている。

それは、現代人の共通祖先の分岐年代は14万3千年前頃であり、ヨーロッパ人とアジア人の共通祖先の分岐年代は、7万年前頃であると推定された。

そして、アジアにおけるY染色体の系統地理学は、アフリカ起源の現生人類が最初、東南アジアの大陸部に定住し、それから約2万5千~3万年前には北方へ移動し、東アジア全域に広がっていったとこれまで示していた。


※ しかしこのようなシナリオでは、東アジアに特有の「D系統ーマーカーM174」【注③】が、チベットと日本列島およびアンダマン諸島にだけ、高頻度で分布することを説明出来ないので、最近の研究では次のように提唱する。

『東アジアにおけるD系統の分布、南方に起源があり、北方への拡散は約6万年前から最終氷期最寒期と新石器時代に起きた可能性が強い。
そして、チベット人の集団と日本人の集団は、主要な東アジアに特有のY染色体系統「Oハプログループ」と「Dハプログループ」をもつ、二つの古代の集団が混交したものである。』


3)日本語
ここで注目すべきことは、日本語の系統で簡単に述べた通り、【注①】の「タミル語」が存在する場所と、【注②】の「レプチャ語」が存在する場所が、【注③】の「D系統ーマーカーM174」が存在する場所と一致するという事実だ。

e0171497_1042533.jpg

4)そこで「ム-の記憶」だが、このように仮説する。

ム-大陸の人たち(洋族)は、天地変動の結果周辺部に拡散移住した。
その時日本列島へは、主流が大勢移住した。

一部の人たちは大陸へ移住し、その後相離れたチベットおよびアンダマン諸島にのみ色濃く残った。

これは柳田国男の「方言周圏論」の原則に一致し、日本語と似たと思われる言葉(レプチャ語・タミル語)は、相離れたチベットおよびアンダマン諸島(→タミル・ナードゥ州)に「古語」が残った。

日本人集団特有の「D系統ーマーカーM174」が存在する場所もまた、おなじ現象で残り、言語の現象と一致した。
by hansaki460 | 2015-05-28 10:06 | 一般 | Comments(1)

ビットコインの陰謀(常温核融合・リンカーン、ケネディ暗殺)

放射性物質拡散予報図はこちらです
http://taikiosen.blogspot.jp/
 


3月19日の日経に、『国際熱核融合実験炉の建設が大幅に遅れることが確実になった』とあった。

重水素・3重水素(D-T)プラズマの制御された自己点火と長時間核融合燃焼を実証する実験炉である。
しかし、中には「発電用熱核融合炉の実現は難しい」という声が根強くある。

また 2月26日の日刊工業に、『米国立レーザー核融合研究施設が成功した、レーザー核融合の実験が反響を呼んでいる』との記事がある。
超高圧のレーザーを重水素と三重水素の燃料ペレットに照射、核融合反応を起こすというものだが、投入エネルギーに対し1%弱の出力をえたという。


一方、高温状態での核融合に対し、常温核融合という、室温で水素原子の核融合反応が起きるとされる現象があり、実験が成功しているという情報が多くある。

例えば、大阪大学名誉教授 荒田吉明氏らは、2008年、大阪大学で行った公開実験で、重水素ガスから高熱とヘリウム原子を検出し、低エネルギーの原子核反応を証明したという。

新聞報道によれば、レーザー熱等を使わずに、酸化ジルコニウム・パラジウム合金の 金属粒子に 重水素ガスを吹き込むことだけで、大気中の 10万倍のヘリウムと 30kJ の熱が検出されたものである(日経産業新聞)。(Wikipedia)


例えば、三菱重工の岩村康弘は、2001年に パラジウム、酸化カルシウムの 多層基板上に セシウムをつけて 重水素ガスを透過させ セシウムから プラセオジムへの 核変換が生じたと発表した。

また、ストロンチウムから モリブデンへの 核変換も報告された。
この実験の再現性は100%と言われ多くの追試がなされている。

     ◇

この、常温核融合には 二つの意味がある。

(1) エネルギーを取り出すこと。
(2) 核変換により貴金属が製造されること。

この二つは、日本人の手によっ既に成功している。(^^

ではなぜ実用化されていないのか?というと、(2)の『核変換により貴金属が製造される』ことにある。


1865年、米 リンカーン大統領は暗殺されたが、後に大統領の暗殺は国際的銀行組織の謀略であった とする申し立てが、カナダ議会にあった。

大統領の暗殺は、【グリーンバック = 政府発行紙幣】を 合衆国の 永続的な通貨発行システム としたリンカーンを、国際的銀行組織が、『アメリカの通貨を 自分たちがコントロールしている【金】を基本としたものにするためであった』というものであった。


また1963年、ケネディ大統領は、大統領令によって【政府紙幣】を復活させたが、その約半年後に暗殺された。

すなわち、各国の中央銀行を通じて【金】を背景に世界の通貨を支配している【国際的銀行組織】が、世界の通貨を操る邪魔者を消したのだ。


日本では、政府紙幣発行の議論すらタブーで 出来ない現実がある!


しかし前記の(2)核変換により貴金属が製造された事実を持って、金を独占する意味が無くなる可能性が出てきた。


そこで彼らは対策を立てた・・・・。

常温核融合の実用化を邪魔し遅らせ、その間に【金】を背景としない金融システムを作ることなのだ。

事実 常温核融合は、実験が成功しているにもかかわらず、実用化プラントへの道は閉ざされている。



国家に関係のない、得体の知れない【ビットコイン】は、あれだけのハッカー被害を受けたのにもかかわらず、世界の市場では着々と実験が続けられている。

やがて【金】を裏付けにしない金融システムが、しかし一部の人間だけが支配する金融システムが出来あがるに違いない。




【補足】

我国では既に錬金術の特許が登録されている。
特許名は「常温核融合用電極並びにその核変換による放射性、非放射性元素及び貴金属の製造方法」
特許公開日は「1997年7月31日」
公開番号は「特開平9-197077」、

発明者は天才物理学者、「能登谷玲子」氏。


これによれば、「常温核融合用電極並びにその電極の核変換」により貴金属を製造することが可能で、実際にこの発明によって「197Auが生成された」と記されている。

「197Au」は金のことだら、文字どおり錬金術の特許で、この技術を使えば金を創り出せる。


世界は広く、不可解!






by hansaki460 | 2014-03-20 09:19 | 一般 | Comments(0)

信濃桜の話

放射性物質拡散予報図はこちらです
http://taikiosen.blogspot.jp/
 


早咲きとして知られる静岡県河津町の「河津桜」が見頃を迎え、大勢の観光客でにぎわっているという。
e0171497_20503034.jpg
   今年の河津桜(産経より)


伊那谷も桜の谷だ。

とりわけ飯田の町では枝垂桜の古木も多く、いろいろな種類の桜を長く楽しむことができる。

上伊那では高遠城跡公園の小彼岸桜はあまりにも有名。

日本民俗学の祖ともいわれる柳田国男はしばしば信州松本地方を訪れた。

『信濃桜の話』という作品のなかで、この地方に枝垂桜が多いことを指摘するとともに、古い文献にある「信濃桜」という言葉に注目している。

  信濃桜の話 柳田國男 青空文庫

もとは彼地にしか無かつたものといふまでの精確なる意味ではなしに、寧ろその方角から持込んで来たものも、中には有るといふまでゝあつたかも知れない。
しかし少なくとも信濃桜は、やゝ尋常山野のものと異なつた特色をもつて居る。


・・・とあり、また江戸期末期の「思ひのまゝの記」といふ随筆に、

近衛殿庭前の糸桜は有名の樹なり。その枝垂れて地に付く。
官地となりしより培養無ければ中央まで枯れたり、惜むべし。
往古の近衛殿の糸桜といひしは、寺ノ内の南、御霊図子の別邸の糸桜のこと也。
家記に信濃桜数樹を植ゑられし由見えたり。


 信濃桜とは、「糸桜」=枝垂れ桜であるようだ。

塩尻市洗馬の桜は大きく枝を垂らして風に揺れる。

この桜を柳田国男は目にしたものかもしれないし、飯田の古木を見たのかもしれない。


だが、現在「信濃桜」なる品種を知らない。(^^;

ただ「信濃寒桜」という盆栽種があり、人気がある。
・・・が、枝垂れ桜ではない。

今年の桜が待ち遠しい。






by hansaki460 | 2014-03-08 20:49 | 一般 | Comments(0)

オバマ大統領がついに言った! 「マリフアナにアルコール以上の危険ない」

放射性物質拡散予報図はこちらです
http://taikiosen.blogspot.jp/
 


わたしの子供の頃、ロープと言えばすべて麻縄だった。

日本で「麻」の栽培をしなくなったのは、敗戦の後の昭和23年以降のことで、有史以来初めてのことだ。

第二次世界大戦の終戦前までは、日本では米と並んで作付け量を指定されて盛んに栽培されていた主要農作物だった。

しかしGHQの指示で大麻取締法が制定され、大麻の所持、栽培、譲渡等が禁止された。

なぜ栽培が禁止されたのか?ということについて、以前からこんなことが言われている。


麻の最も大きな用途は、化石燃料の代替になる事であるから、当時アメリカで勃興していた石油化学工業業界が圧力を掛けた・・・と。

麻の最も大きな重量を占める茎から良質なアルコールと原油に近い成分が採れる。

最終的に麻から作れる製品は5万種類にも及ぶ。
原油から作られる物質は 殆ど全て麻からも作れる。

世界の巨大石油メジャーは、過去に多くの戦争を引き起こした。

戦前アメリカは、日本へ入る石油の航路を封鎖した。
だからやむなく反撃し、結果負けた。

負けたらすべてを悪とされた。


大麻は、国際的には向精神薬であるが、日本の法律においては向精神薬ではなく麻薬と定義され 大麻取締法が規制している。



伊勢神宮のお札は【大麻(たいま)】と呼ばれている。

周(紀元前1046頃 - 紀元前256)の太古の時代以来、五穀といえば、麻・黍・稷・麦・豆(周礼)だ。

古来から日本で栽培されてきたものは麻薬成分をほとんど含まないどころか、大変な効用がある。

・・・が、巧妙に隠蔽されている。

① 成長が早い。約100日で4mにまで育つ。
② 栽培には、農薬・化学肥料等をほとんど必要としない。
③ 北海道から沖縄まで 日本中どこでも栽培が可能。
④ 根から葉・花、果実まで捨てるところがなく利用できる。
⑤ 難病に効く薬効成分が含まれている。
(エイズ、重症アトピー、末期がんの悪阻・嘔吐、偏頭痛、緑内障、ヘルペス、多発性硬化症、各種依存症、認知症、心臓病、高血圧、癲癇、老人性不眠症、掻痒症等々)

また、マリファナタバコを一度に 100人分吸っても 死ぬ事も依存性も起こらない。

・・・・が、GHQは麻の栽培を禁止した。

元々 アメリカの歴史は 230年しかなく、麻を重用する習慣なども発達していなかった。


ようやくオバマ米大統領はマリフアナについて、アルコール以上の危険はない との見方を示した。

以前、船井幸雄会長がネットで麻について、上記のような記述をしたところ、圧力がかかり閉鎖した経緯がある。

さて今後、日本の世論はどう動く !?

「マリフアナにアルコール以上の危険ない」オバマ大統領
 http://www.cnn.co.jp/usa/35042744.html

by hansaki460 | 2014-01-21 07:26 | 一般 | Comments(0)

靖國神社参拝を希望したブッシュ大統領。

放射性物質拡散予報図はこちらです
http://taikiosen.blogspot.jp/


産経新聞が26日10時半に「安倍首相、きょう靖国参拝 政権1年、就任後初」と伝えたとき、私はツイッターで、
【私は断固、支持します。→ 安倍首相、きょう靖国参拝 政権1年、就任後初 - MSN産経ニュース】
と、発信しました。

その後案の定、中国・韓国が反応を示しました。
当然それらは想定の範囲です。

しかし安倍首相の靖国参拝からわずか数時間で、在日米国大使館が、参拝について公式に「失望」=disappointed を表明しました。

それもある程度予想はされました。
なぜなら12月12日、バイデン副大統領から電話で「参拝しないよう」忠告されていたからです。

これが、中国マネーに染まった米民主党オバマ政権の正体で、『弱い日本』を管理したいのです。

クリントン氏の中国マネーは、あまりにも有名です。

e0171497_6385947.jpg
しかし、2002年の2月、当時のブッシュ大統領(共和党)は、来日時の靖國神社への参拝を希望し、日本政府へ打診していたという事実があります。

ブッシュ側の靖國参拝希望は、「対等な同盟国となるべき日本の主権を尊重し、日本の英霊へ敬意を表する」という意昧合いと、「ともに中共と闘おう」という意志表示の現れに他ならなかった。

しかし残念なことに中共の顔色をうかがう外務省チャイナスクールや親中派政治家のせいでブッシュの靖國参拝は結局見送られるに至った。

この靖國参拝をブッシュに強く進言したのはアーミテージ国務副長官だが、共和党政権のこの「友情」を自ら辞退した馬鹿な日本の姿を見て中共はさぞや大喜びしたことであろう。

結局それでも、ブッシュ大統領は、明治神宮の昇殿参拝をした。

もしもあのときブッシュ大統領の靖国参拝が実現していたならば、アメリカの対日歴史観にケジメがついていて、歴史認識問題がここまでこじれることはなかった。

米国の日本への敬意と謝罪の意を示し、開戦時の日本の立場を理解し、自衛のための戦争であったことを認めるきっかけとなったはずです。

そして日本人が、A項(級ではない)戦犯に対して再考し、自虐史観から目覚めることができたはずだ。

共和党は、『強い日本』を待望しています。



米国の大手メディアは、例えばニューヨークタイムズ東京支局が朝日新聞社の中にいるように、左翼です。

いまのオバマ民主党政権の立ち位置も、同じです。

だから、中国を害する靖国参拝を非難したり、従軍慰安婦の像が建てられます。



アメリカの国内事情を知ることは、日本を知ることにもなります。

深田匠氏著の『日本人が知らない「二つのアメリカ」の世界戦略』によると、


過去においては共和党レーガン大統領、そして民主党ではありながらも珍しく親日派であったカーター大統領が、明治神宮に参拝している。

これはGHQの発した「神道禁止令」を明確に撤回、否定した行動である。

50有余年の時代が過ぎて世界情勢の変化に伴い、GHQがつくった対日政策は崩壊を起こし始めているのだ。

そしてそれは、共和党がニューディーラーのつくった日本の「戦後体制」も含めての戦後世界秩序を一新しようとする大局的な動きとも連動している。

ブッシュは単に気まぐれから靖國参拝を望んだのではなく、それは世界秩序再編の一環として、歴史カードで中共に叩かれ続ける日本の「戦後体制」の一新をも狙った政治的行動であったのだ。


今回の靖国参拝は、文字通り日本を取り戻す参拝でもありました。






by hansaki460 | 2013-12-28 06:39 | 一般 | Comments(0)