信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
.
e0171497_15173917.jpg

 応援クリック
 ありがとうございます
   にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
   にほんブログ村 

e0171497_18581696.jpg


e0171497_614127.jpg


e0171497_1725895.jpg


e0171497_10084553.jpg

   発売中
スポンサードリンク
google.com, pub-3712853130935958, DIRECT, f08c47fec0942fa0
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
世界中にある神代文字(ア..
by jhn at 02:07
かるいざわ かるいさわ ..
by kuwahara at 11:56
唐・新羅進駐軍の唐側代表..
by 旅人 at 04:53
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


日本書紀には、高皇産霊尊系列を葬ったことを記してある。

日本書紀には、高皇産霊尊系列を葬ったことを巧妙に記してある。

「第九段一書 大物主神を祀った始まり」
高皇産靈尊因勅曰「吾、則起樹天津神籬及天津磐境、當爲吾孫奉齋矣。汝、天兒屋命・太玉命、宜持天津神籬、降於葦原中国、亦爲吾孫奉齋焉。」乃使二神、陪從天忍穗耳尊以降之。

高皇産靈尊は命じた。「わたしは神が宿る『樹』の天津神籬(アマツヒモロキ) と神が宿る『岩』の天津磐境(アマツイワサカ) を立てて、私の孫を祝い祀ろう。お前たち、天兒屋命・太玉命は天津神籬を大切にし、葦原中国に降りて、私の孫を祝い祀りなさい」それで二柱の神(アマツコヤネとフトダマ)を天忍穗耳尊に従わせて地上に降ろした。

ここでは、高皇産靈尊はオシホミミのことを「吾が孫」と書いてある。
e0171497_08110898.jpg
★オシホミノミコの「オシホヰ」には【結び,締め,おしまい,押し迫った所,際,】などの意味がある。
ホツマツタヱでは、『ふちおかあなの おしほゐに うふやのみみに あれませる おしほみのみこ』ホ6=「 (フチオカ端のオシホヰ) で生まれた御子」とする。
すなわち、【最終の御子】という意味が隠れている。

いくつかの証拠の一つではあるが、原日本の勢力が次の覇権に移っていく姿が垣間見える。


by hansaki460 | 2017-09-23 08:14 | 歴 史 秘 話 | Comments(0)
<< 阿夫利神社『ペトログリフ石(線... 葦原中国の平定は、神皇産霊尊系... >>