信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
.
e0171497_15173917.jpg

 応援クリック
 ありがとうございます
   にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
   にほんブログ村 

e0171497_18581696.jpg


e0171497_614127.jpg


e0171497_1725895.jpg


e0171497_10084553.jpg

   発売中



style="display:inline-block;width:160px;height:600px"
data-ad-client="ca-pub-3712853130935958"
data-ad-slot="4819484684">



google.com, pub-3712853130935958, DIRECT, f08c47fec0942fa0
スポンサードリンク
google-site-verification: google36ed5a3dddf221d0.html
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 02月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
世界中にある神代文字(ア..
by jhn at 02:07
かるいざわ かるいさわ ..
by kuwahara at 11:56
唐・新羅進駐軍の唐側代表..
by 旅人 at 04:53
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


葦原中国の平定は、神皇産霊尊系統を葬り去ろうとした事件だった

葦原中国の平定は、神皇産霊尊系統を葬り去ろうとした事件だった

天手力雄神(天手力男命) は、思兼尊(アチヒコ) とワカ姫の子で、斎名をシツヒコ(静彦) と云った。

茨城県那珂市静に、静神社がある。
主祭神は,建葉槌命(たけはづちのみこと)
相殿神に、手力雄命、高皇産靈命、思兼命を祀る。
e0171497_09362645.jpg
『⽇本書紀』 巻第⼆ 神代下 葦原中国の平定にこうある。
「⼆柱(経津主神・武甕槌神) は邪神や草⽊・⽯に⾄るまで皆平らげられた。
従わないのは、星の神の⾹⾹背男だけとなった。そこで武葉槌命を遣わして服
させた。」
すなわち 建葉槌命=武葉槌命は、星神香香背男(ほしのかがせお) を征服した神が主祭神で、討たれた側が相殿に祀られる。。

手力男(静彦) には、いろんな側面がある。
・天背男命=天津甕星=手力男命(戸隠神社鎮座考:宮㟢信友)と云う説や、
・神皇産霊尊-角凝魂命 ─手力男(伊佐布魂命) ─天底立命-天背男命-天日鷲翔矢命、という系図があるという。

ここに大きな征服の歴史が隠されている。

経津主神・武甕槌神と武葉槌命は、天背男命=天津甕星=手力男命を討った。
討たれた手力男(静彦) を祀る神社の主祭神になりすました。
また武甕槌は、甕星を追撃したとする名を堂々と名乗る。

★高皇産靈命、思兼命、手力雄命の系列を葬ろうとした歴史が存在するのである。


by hansaki460 | 2017-09-22 09:37 | 歴 史 秘 話 | Comments(0)
<< 日本書紀には、高皇産霊尊系列を... 阿伎留神社 神 爾  >>