信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
.
e0171497_15173917.jpg

 応援クリック
 ありがとうございます
   にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
   にほんブログ村 

e0171497_18581696.jpg


e0171497_614127.jpg


e0171497_1725895.jpg


e0171497_10084553.jpg

   発売中
スポンサードリンク
google.com, pub-3712853130935958, DIRECT, f08c47fec0942fa0
以前の記事
2019年 05月
2019年 04月
2018年 10月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


「氷上姉子神社:うつくしのもり」と「五郎姫(いついらつひめ):美女ヶ森」のこと

「地名は第一級の歴史資料」

「氷上姉子神社:うつくしのもり」と「五郎姫(いついらつひめ):美女ヶ森」のこと

■氷上姉子神社がある。
 ご祭神 宮簀媛命(みやすひめのみこと)
仲哀天皇の時代に創祀され、持統天皇四年(690)、現在地に遷座致しました。故地は宮簀媛命の父神の館があった地とされます。この地は往古、火上の里とよばれていました。永徳3年(1382)、社殿が火災にあったため火の字を避けて「氷上」と改め、火高は「大高」に改めたとされております。(Webより)

・ここは尾張国造・乎止与(おとよ) の館跡で、火災の前までは「ホノカミアネコジンジャ」といったであろう。
乎止与はヤマトタケの妻簀媛姫の父で、木曾路から帰ったヤマトタケは、アイチタ(愛知多:間沈方) にあるここ乎止与の家 (火上の里:氷上姉子神社) で、簀媛姫としばらく過ごした。

■大御食神社の「神代文字で書かれた社伝記」にはこうある。

軽島の明宮に坐給ひし 品陀和気ノ尊の御代三十八年の水無月九日の朝 まだき小暗きに、上穂ノ里太郎真彦の弟(おと) の子 八尾取(やおとり) というに憑りていわく、

「吾は日本武尊なり、尾張ノ国なる厳郎女(いついらつひめ) と共に住まむ。迎えませよ」。

また「乙女の床の辺に、吾が置きし剣の太刀その剣はや」と言いて、社を巡り巡りたり。

よりて御食彦の裔 瑞健彦、阿知の真主 篠建大人 阿知島ノ里に住む大武彦と議りて、秋文月二十二日(あきふづき はつかまりふたひ)と云う日、尾張ノ国 熱田ノ宮より 草薙ノ剱の御霊代、また美しの杜に坐す宮簀姫またの名は厳郎姫を迎えまつりて、所の名を 美しの杜と御名負はせまつる。

… このことから、大御食神社の社叢を「美女ヶ森」と、氏子らは親しみを込めていう。
e0171497_08564176.png

■さて、大御食神社の祭神は日本武尊と宮簀媛だが、祭典には宮簀媛のことを「五郎姫」と著したのぼりを立てる。

社伝記の中で、「吾は日本武尊なり、尾張ノ国なる厳郎女(いついらつひめ)と共に住まむ。迎えませよ」とのことば、「いついらつひめ」を、氏子らは「 五(いつ) 郎女(いらつひめ)」と記した。

大御食神社から分かれた「五郎姫神社」が近郷に数ヶ所有りますが、中には御祭神が解らないとする神社もある。

郎女(いらつめ) とは、「い(熟) ら」+「つ(区分)」+「め(女・姫)」であり、いつ は、文字通り「厳」だ。

だから、「神社の称号となっている「姉子」はいま使われているような「姉御」のことではなく、「夫のない乙女」の意味で、宮簀媛命を指す」…とも。

とりとめも無い文になってしまったが、5月1日にここへ参拝したとき、和服姿の「姉御」と覚しき人たちとすれ違い、心が温かくなった。



# by hansaki460 | 2019-05-03 09:00 | 大御食神社社伝記

蝶 (常世虫・ホツマ時代) と 蛾 (養蚕・古代日本国) 考

蝶 (常世虫・ホツマ時代) と 蛾 (養蚕・古代日本国) 考

■ 古代ホツマの時代には、先行する時代の尊(神) をトコヨ尊(神) といった。
またトコヨのシンボルである橘の樹に宿るアゲハ蝶の幼虫を「常世虫(とこよのむし) ・常世神(とこよのかみ) 」といって尊崇したという。
だが日本書紀の時代になると、常世神は新興宗教の神とされ排斥された。
皇極天皇のときの東国の人物・大生部が勧めた「常世神を祀れば、富と長寿が授かる」という常世信仰が都にまで広がったとして、山城国の豪族・秦河勝が大生部多を討伐した事件が象徴する。
有田遺跡(紀元前200年頃)からは平絹が出土しており、大陸の絹織物とは織り方が異なることから日本列島特有の絹織物が既にあったようだが、なぜか養蚕と絹織物の技術は、秦氏が伝えたと伝わる。

■ 大陸では、蝶のことを「胡蝶」といい、「胡」を、北西方の未開民族・異民族や外国の意を表すことばとした。「胡人・胡服・胡弓・胡楽(こがく)・五胡十六国・胡椒(こしょう)・胡麻(ごま)・胡粉(ごふん) など。wiki」
※ 一方大陸では「蛾」を重宝し、美しさの形容詞として「蛾」の熟語がある。「翠蛾(すいが)・蛾翠(がすい)・蛾眉(がび)・娥眉(がび)・青蛾(せいが)・紅粉青蛾(こうふんせいが)など」
e0171497_12081676.jpg

■ なぜ「蝶」という字に訓読みがないのか? なぜ 万葉集には「蝶」の歌がないのか?  不思議である。
日本ではチョウの古名を「カワヒラコ」といい、語源は「カワホリノコ」つまり「コウモリの子」であるといったようだが、違うと思う。なぜなら常世神とコウモリとは似つかない!
丸谷才一氏は、「蝶は漢語である。チョウの和語はカワヒラコであったのであるが、死者の魂であるとされたので、その名前を口にだすのが禁忌とされ、そのうちに言葉そのものもすたれてしまい、死者の魂であるというイメージが薄れてからも、そのものを呼ぶための和語が見つからなくなってしまった。」という。

■ では秦河勝が養蚕技術を伝え、常世信仰を討伐したという伝えの裏に隠されている出来事はなにか?
平氏の、丹色の「揚羽蝶」・信長の「揚羽蝶」などを考えると、古代天の王朝(関東縄文系) の末裔だからの故かと深読みしてしまうが、秦氏など帰化人が来たとされる頃、大きな画期があったに違いない。
私は、記紀を成立させ、日本の国を創り上げていったことと大きく関わりがあると思う。
…続く

# by hansaki460 | 2019-04-21 12:09 | 歴 史 秘 話

フォント アヒル草文字 史郎体A

フォント
アヒル草文字
史郎体A
e0171497_22281915.jpg

# by hansaki460 | 2018-10-13 22:29