信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg


HP
まぼろしの
吾道之宮


e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
   にほんブログ村 



google.com, pub-3712853130935958, DIRECT, f08c47fec0942fa0
スポンサードリンク
google-site-verification: google36ed5a3dddf221d0.html
以前の記事
2018年 02月
2017年 12月
2017年 11月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
世界中にある神代文字(ア..
by jhn at 02:07
かるいざわ かるいさわ ..
by kuwahara at 11:56
唐・新羅進駐軍の唐側代表..
by 旅人 at 04:53
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


アヒル草文字で書かれた「大御食神社社伝記」01

アヒル草文字で書かれた「大御食神社社伝記」01

纏向の日代ノ宮に 天下 治ろしめし給ひし、大足彦忍代別ノ天皇[景行天皇]の御代、日本武尊 東の蝦夷ら征平和給ひて、美鈴刈る信濃ノ国を御還りましし給ひし時に、この赤須ノ里に至りましぬ。
e0171497_11265261.jpg


日本武尊がこの地に来た年は、大足彦忍代別ノ天皇の御代、とだけあり、年数は書いてない。明治十二年内務省達による神社明細帳には、「景行天皇四十一年、日本武尊東夷を征和して、帰路を信濃に取りて、赤須の里に至り、云々」とある。

日本書紀では、「日本書紀 卷第七 四十年夏六月東夷多叛辺境騒動・日本武尊出動 冬十月壬子朔癸丑 日本武尊発路之(冬十月二日、日本武尊は出発された)」とあり、また東征の途中に冬の記述がないことなどから到着時期は、「景行天皇四十一年」であろうと推定される。

尊は古来「ヤマトタケノミコト」と呼ばれていた。社伝記は、「ヤマトタケノミコト」と阿比留草文字で記している。

他の古伝(ホツマツタヱ など)でも、「ヤマトタケ」とある。「ヤマトタケノミコト」を「日本武尊」と宛字したものを、「ヤマトタケルノミコト」と読ませるようになったのは、江戸の国学者 伴信友が 著書『比古婆衣』の中で主張してからである。
# by hansaki460 | 2018-02-15 11:28 | 大御食神社社伝記 | Comments(0)

天声を聴く (3) 「夜の行」

天声を聴く (3) 「夜の行」

「第2の脳で生き方を変える」伊藤 真愚先生 著 より
e0171497_04243384.jpg
google.com, pub-3712853130935958, DIRECT, f08c47fec0942fa0
# by hansaki460 | 2017-12-10 04:25 | 一般 | Comments(0)

天声を聴く (2) 「日想法」

天声を聴く (2) 「日想法」

「第2の脳で生き方を変える」伊藤 真愚先生 著 より

e0171497_10442377.jpg


# by hansaki460 | 2017-12-04 23:06 | 一般 | Comments(0)