人気ブログランキング |
信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
.
_e0171497_15173917.jpg

 応援クリック
 ありがとうございます
   にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
   にほんブログ村 

_e0171497_18581696.jpg


_e0171497_614127.jpg


_e0171497_1725895.jpg


_e0171497_10084553.jpg

   発売中
スポンサードリンク
google.com, pub-3712853130935958, DIRECT, f08c47fec0942fa0
以前の記事
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


北からの帰化人 南からの帰化人


北からの帰化人


北からの帰化人 南からの帰化人_e0171497_09334452.jpg


南からの帰化人



# by hansaki460 | 2020-06-21 09:36

”柿本朝臣人麻のが詠んだ思兼尊”

”柿本朝臣人麻のが詠んだ思兼尊”

万葉集の中に、天八意思兼尊に関わりがあると思われる、興味深い歌があります。それは、

柿本朝臣人麻、筑紫の国に下りし時、海路にて作りし歌

大王(おおきみ)の 遠の朝廷(みかど)と 蟻通(ありかよ)う 
  嶋門(しまど)を見れば 神代(かみよ)し 念(おも)ほゆ (巻3-304)

『細い水路を、蟻が通り抜けるように、大宰府の朝廷に向かうとき、門のように並んだ島を見ると、神代の時代がしのばれる』
”柿本朝臣人麻のが詠んだ思兼尊”_e0171497_19415889.jpg
○ 遠の朝廷 とは、大宰府のこと。 
○ 嶋門 は、博多湾の入口にある志賀島や能古島のこと。
○ 蟻通 とは、蟻の通う様な 細い水路の意 だが、知恵の神様・思兼尊(阿智彦)をかけているのかもしれない。

この歌から、二つのことが読み取れます。

1,九州の筑紫に朝廷が有った。
2,その朝廷は、思兼尊(阿智彦)にも縁のある朝廷だった。

万葉集のこの歌は、駒ヶ根市にある『大御食神社』の古代文字で書かれた社伝記”美社神字録”の秘密をとく鍵の ひとつです。

# by hansaki460 | 2020-05-29 19:42

体内の水素イオンが、あらゆる病に係わっているようです。


体内の水素イオンが、あらゆる病に係わっているようです。

脳虚⾎やてんかんなどの脳病態では、異常なpH(⽔素イオン濃度)が観察されてお り、がんなどもpHの関与が指摘され、⽣体の脳内pHを超⾼解像度で計測することによって、新たな病気の仕組み解明や治療法に結びつく可能性がある。


体内の水素イオンが、あらゆる病に係わっているようです。_e0171497_06210629.jpg


今回、 ⾃然科学研究機構⽣理学研究所の堀内浩特任助教、鍋倉淳⼀所⻑ならびに豊橋技術科学⼤学の澤⽥和明教授らは、⽣体への適⽤が可能な⾼精細pHイメージングツールを開発した。


今後の病態研究に応⽤することで、 病気のメカニズムの解明が期待される。




# by hansaki460 | 2020-04-26 06:21