信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg



e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 





ブログパーツ
以前の記事
2017年 01月
2016年 10月
2016年 08月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
同じ意見の方がいらっしゃ..
by のりあ at 20:58
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


銅戈・銅鐸の謎解き

古代文字で書かれた「ホツマツタヱ」から、銅戈・銅鐸の謎解きをします。


出雲圏内にあったと思われる銅鐸は、三世紀になると突然造られなくなり、近年には埋葬されたものが発掘されている。
その埋納時期は、紀元前後と二世紀頃に集中している。

銅鐸については諸説があり、例えば松本清張等は、平時は地中に埋納し、祭儀等の必要な時に掘り出して使用したが、祭儀方式や信仰の変化により使われなくなり、やがて埋納されたまま忘れ去られた、とする。

しかし、古史古伝から観ると、違った風景が見える。


     ◇


ホツマツタヱには、「ホツマツタヱを述ぶ」という前書きがあり、

初代天神国之常立は「トの教え【トホコ】」を説いた。
【ト】は「調の押手」といい、「経・法」の意味をさし、「調和/融和と秩序」の実現を象徴する。
【ホコ】は「逆矛」のことで「法と警察力」を指す。


…と云う。


さて、

『またも 宝の故は 調の道に 地 治むれど その中に 横転く者は 己が実に 合わねば道を に行く』23文

『オオヒコをして 越の治人 タケヌナガワを ホツマ治人 キビツヒコして 西南の治人 タニハチヌシを 丹波治人 教え 受けずば 綻ばせ  賜り 軍立ち』33文

矛の掟は 御恵みに 横曲(汚しま) 滅ぼす 端の抜き』ミ1文

『玉はタテ 貫は潤す 矛もタテ 横曲 滅ぼす 二柱 行き来 鳥居の 二神と 聞きて 各々 ヲシテ 染めけり』ミ3文



トとは「調の押手=爾・法」で、北九州にあった当時の中央政府は、銅戈をもってその象徴とした。

一方、「トのヲシテ」(爾・法)と共に伊弉諾,伊弉冉から天照大神が授けられた「ホコ=矛=逆矛」は、後にクシヒコ (大国主) に授けられた。
この「ホコ」はイサナミの『調の道に逆らう者を排除する「逆矛」』を表し、「隈の神」の意味でもある。

この「逆矛」こそが【 銅鐸 】が象徴する教え=神道なのだ。


例えば、ヤマトタケノ尊が東征した時の随伴者は、出雲の人間だ。

だから当時、北九州の中央政府と、出雲の警察力が力を合わせて列島の統一に力を合わせたことは想像できる。

ただし古史古伝では、本来 列島はまとまっていたが、やがて横曲(汚しま)がはびこる世とになったため、東征・西征を成した…と。

その後【銅戈】と【銅鐸】を収めた史実は、

『禊に民の調ひて イヤマト 徹る 葦引きの 千五百の生田の 瑞穂 成る マトの教えに かかんして のん アワ国は てん ヤマト』5文
『マトの教えは 昇る日の 本なる故に "日の本" や 然れど ヤマト な棄てそよ』23文


と、やがてヤマトと成るためのセレモニ-だったのだ。

そして清汚を鑑みる八咫鏡を加え三種の神器となし、ヤマト(大和)と成した。

だからヤマトとは、調和と秩序・大調和・円満・完成のことであり、日本の国なのだ。
もちろん「日の丸」もその象徴。


『やまとは 国のまほろば たたなづく 青垣 やまこもれる 倭しうるはし 』と、詠んだヤマトタケの時代の偉業は、史実からも裏付けされる。


また、柏手を四回打つ作法は、神道の流儀が別れたことにすぎないと思う。
宮中の神殿(三殿の内)には、出雲系も祀られていると云う。

銅戈が北九州~瀬戸内側に、銅鐸が出雲~近畿,東海にあるのは不思議なことではない。
学者らが、古代文字で書かれた記録を忌避しているかぎり、日本の歴史は外つ国からの賜物と、自虐史観が続くのではないだろうか?


参考サイトは、『ほつまつたゑ 解読ガイド』 です。


銅戈=爾、逆矛=銅鐸、という見解は、見かけません。
ただ、戦後の無神論の史観からは到底受け入れられないから、過去に主張した方もいたかもしれませんが、私が知る限り初めてだと思います。(^^
[PR]
# by hansaki460 | 2015-02-20 19:29 | 地方史から見た覇権の姿 | Comments(0)

お猪口の話


地名「くなしり(国後)」島 は、やまと言葉(日本語)
しれとこ(知床)も、やまと言葉(日本語)、と言う話を書いた。

通説は「くなしり(国後)」を、島に先住していたアイヌ人はアイヌ語で「クナシル」と呼んでおり云々…と、日本語ではないとする。

お猪口の語源は、「鍾(しょう)」の呉音・福建音・朝鮮音「チョング・チョンク(chong)」に由来する云々…と、これまた通説では外来語とする。

     ◇

一方で、例えば源氏物語「乙女」では、【大和魂】についてこう書いている。
【 猶、才を本としてこそ、大和魂の世に用ひらるる方も、強う侍らめ 】
とあり、与謝野晶子は、こう訳している。
【 やはり学問が 第一でございます。 日本魂(やまとだましい)をいかに活かせて使うかは学問の根底があって できることと 存じます。 】

結局光源氏は、わが子の育て方で、中国の学問を身につけさせようと考えた。
そして理屈だけ詰めこむのではなく、社会常識を踏まえ均整のとれた感覚を、紫式部は【大和魂】と名づけた。
だから、平安時代中期から日本人は、国際人であった。

しかしこんな唐かぶれの人の話もある。
江戸の高名な漢学者が、日本橋から品川へ引っ越した時、弟子から「何故こんな田舎へ?」と問われ、「唐に四里近い」と強がった、という話を読んだことがある。

閑話休題(それはさておき)、

     ◇

神功皇后が酒を勧めた歌が『日本書紀』には、こうある。

「此の御酒(ミキ)は 吾が御酒ならず 神酒の司 常世に坐す いはたたす 少御神の豊寿き 寿き廻ほし 神寿し 寿き狂ほし 奉り来し御酒そ あさず飲せ ささ」

だから、酒造の神様の一人に「少彦名神」とする。

しかし、酒壽(サカホガイ)祝詞の中には、周玖那彌伽未(スクナミカミ) として出てくる。

虚能彌企破 和餓彌企那等儒 區之能伽彌 等虚豫珥伊麻輸 伊破多多須 周玖那彌伽未
この酒(ミキ)は 我が酒ならず 藥(クシ)の神 常世(トコヨ)に在(イマ)す 岩立たす 少御神(スクナミ)


「少御神=少彦名(スクナビコナ)神」と、「周玖那彌伽未=少名御・少波神(スクナミ)神」の違いがあるのだ。

沙沙貴神社(ささきじんじゃ)が、滋賀県近江八幡市にある。
式内社で、主祭神は少彦名命とする。
そして、古伝ホツマツタエでは、沙沙貴神社は少波神を祀るとある。

沙沙貴神社の北には繖(きぬがさ)山があり、その北には 猪子山が続き、古来 猪口山と呼ばれているという。

…そこでまだひとつの仮説だが、

酒壽(サカホガイ)祝詞の「この酒は 我が酒ならず …… 少御(少波神)神」であれば、酒の神の少波神を祀る沙沙貴神社の向かいの山は「猪口(いのくち)=井ノ口」であったが、漢字に置き換えられて、いつしか「井ノ口 ⇒ 猪口 ⇒ ちょこ」となった。

少波神もまた、いつしか少彦名神と混同されていった……。


神代文字で書かれた古史古伝には、やまと言葉で書かれています。
…が、日本の正統性を脅かすとばかりに、神代文字を認めません。


日本の正統性の話、まだまだ続く

[PR]
# by hansaki460 | 2015-01-31 19:51 | 歴 史 秘 話 | Comments(1)

学術的?政治的? 1185年と1192年の鎌倉幕府(メモ)



鎌倉幕府は、源頼朝が鎌倉に創設した武家政権(幕府)で、1192年(建久3年)に源頼朝が征夷大将軍に任官して始まったとされる。
…が近年、頼朝の権力・統治機構は、実質には1185年とする説が優勢だ。

その背景は、西国の朝廷に対して東国に事実上の国家を樹立したとする「東国国家論」にある。


一方、室町幕府の成立時期は、建武式目の建武3年(1336)と、尊氏が征夷大将軍に補任された暦応元年(1338)のいずれかだが、前者が有力である。…という。


江戸幕府は、1603年に征夷大将軍に任官した徳川家康が創設した武家政権である、とする。

いずれも、朝廷の令外官・征夷大将軍に任官されたものである。


では、明治新政府はどうであろうか。

◆明治改元に当たる明治元年旧9月8日(1868年10月23日)とするが、他に
・大政奉還上奏と勅許(慶応3年、1867年)
・廃藩置県の断行(明治 4年、1872年)等々、諸説ある。


その明治に生まれた日本国家は、大日本帝国憲法(明治憲法)「告文(こうもん)」にこうある。

「皇朕レ天壌無窮ノ宏謨ニ循ヒ
 惟神ノ宝祚ヲ承継シ
 旧図ヲ保持シテ敢テ失墜スルコト無シ」

(私は、永遠に続く天地のような広大な計画に従い、
 神としての皇位を継承し、
 これまでの考えを守り、失うようなことはない。)

「惟フニ此レ皆皇祖皇宗ノ後裔ニ貽シタマヘル統治ノ洪範ヲ
 紹述スルニ外ナラス」

(考えてみれば、これは皆、皇祖・皇宗が子孫に残してくださった統治の模範を
 受け継いで行うことに他なりません。)

すなわち、神々の世から続く皇位を継承し、伝統を踏まえ、国家の基盤を強め、国民の幸せを守るために、憲法を制定することにした、と。


今の憲法はどうか。

◆ 日本国憲法は、(明治40年勅令第6号)の公式令によって『第三条 帝国憲法ノ改正ハ上諭ヲ附シテ之ヲ公布ス』と決められている事に基づき、天皇の名の下に公布された。


朕は、日本國民の總意に基いて、新日本建設の礎が、定まるに至つたことを、深くよろこび、樞密顧問の諮詢及び帝國憲法第七十三條による帝國議會の議決を經た帝國憲法の改正を裁可し、ここにこれを公布せしめる。
御名 御璽
昭和二十一年十一月三日
内閣總理大臣兼 外務大臣  吉田茂
…以下略

だから、『神々の世から続く皇位』をもつ天皇が、日本国憲法を公布したという形式を備えている。


◆ では、『神々の世から続く皇位』とはなにか?

★国会における議論(第75 回国会・S50.3.18 衆議院・内閣委員会)

○上原康助君(社)
…旧憲法下における天皇制のあり方と日本国憲法になってからの天皇の地位の根本的な違いというのは……

○政府委員(角田礼次郎・内閣法制局第一部長) 
…旧憲法下における天皇は、さかのぼりますと、いわゆる神勅にさかのぼるわけでございますが、万世一系の天皇として初めからそういう地位を持っておられたということでございますけれども、……


◆主な学説は
…天皇の地位の根拠は「万世一系」(旧1 条)の皇統にあり、その根源は究極的には天孫降臨の神勅(日本書紀・古事記)にさかのぼるものである……とする。

また一時話題になった憲法学者・芦部信喜氏は、
…近代憲法を支えた古典的な立憲主義の思想は、社会国家・福祉国家の思想と両立し、民主主義とも密接に結合するとする。
その上で、日本国憲法制定の過程には、歴史上様々政治的な要因が働いているが、「国民自ら憲法制定権力を発動させて制定したものである」とみるほかないとして、八月革命説を支持、その結果日本国憲法が制定されたとみる。
…という。


要は、日本国の正統性は、天皇の「万世一系」の皇統にあり、その根源は天照大神が孫の瓊瓊杵尊らに下した天孫降臨の神勅(日本書紀・古事記)にさかのぼるものである。

……が、古史古伝によると、神話にしてしまった天照大神以前には、驚くべき歴史が語られている。

しかし、正統性には傷が付かないのだが・・・という話を、ほんとうはしたいのですが…。(日暮れて、道遠しです。)
.
[PR]
# by hansaki460 | 2015-01-24 10:43 | 地方史から見た覇権の姿 | Comments(0)

筑紫の高良大社の高良玉垂は、高木霊絶 !?

福岡県久留米市の高良山にある「高良大社」の話です。筑後国一宮で、古くは高良玉垂命神社、高良玉垂宮などとも呼ばれました。
ところが主祭神である「高良玉垂命」が何物であるか? 今もって解らない。そこで今回私は、高良大社(高良玉垂宮)の変遷を、神話の時代まで遡って見てみたいと挑戦してみました。

由来については、高良大社の歴史に諸説ある中で、「高良山に居た高木神が、高良玉垂命が一夜の宿として山を借りたいと申し出て、高木神が譲ったところ、玉垂命は結界を張って鎮座した」と云う説を採りました。

元々筑紫には「高木神」が居た。

【日本書紀 卷第一 第一段 一書第二 】
原文
一書曰 …略… 次國常立尊  次國狹槌尊 葉木國 此云播擧矩爾 可美 此云于麻時 …略。

訳文
一書に曰はく。…略… 次に国常立尊。次に国狭槌尊。【葉木国】、此をば播挙矩爾(はこくに)と云ふ。…略。

この【葉木国】が「木(東)の常立尊」で「高皇産霊神=高木神」です。
そして「葉木国」は、今の仙台あたりを首都とする古代の王国【日高見】を建国し、その子「木のトコタチ」が初代「タカミムスビ*」となった。(*「ヒタカミ国を統べる」という意の役職名)

この初代「タカミムスビ」の子に「天鏡尊(アメカガミ)」がいる。
この「天鏡尊」はヒタカミから下って筑紫を治め始めた。つまり筑紫は当初ヒタカミ系だったのだ。
だから、東北に鹽竃神社があり、山幸彦を船に乗せて筑紫を案内した鹽土老翁神が当地で塩の作り方を教えたという話は、臨場感がある。

木の常立の子で、筑紫を治めた「天鏡尊」は「天萬尊(アメヨロツ)」を生むが、4代目の天つ君「泥土煮尊(ウヒチニ)」の処へ養子に出した。
……このことが、後になって意味を持つこととなる。

     ◇

では何故、玉垂命が高良山に結界を張って鎮座し、高木神を追い出してしまったのか、本題に入ろう。

ヒタカミ系だった筑紫に「高皇産霊神=高木神」を斎祀ったことは、前述の如くごく自然なことであった。しかしその後、記紀以前の時代に於いて大変なことが起きていたのであった。

前出の、書紀 卷第一
次に国常立尊。次に国狭槌尊。【葉木国】、此をば播挙矩爾(はこくに)と云ふ。…略。

この系統にあるところの、クニトコタチ →【クニサツチ】━ トヨクンヌ ━ ウヒチニ ━ ツノクヰ ━「オモタル」、すなわち最後の「面足尊」の代で、国常立尊の直系が絶えてしまうのであった。

その結果、日本の中央政権たる国常立尊直系(本家)が断絶してしまい急遽モトアケの神を勧請し、ヒタカミも天上の神の顕現の地となり、辺境にありながらもタカマ (中央政府) の資格を得て、皇統たる資格 を受けた。
……この時日本は分裂の様相を呈していたのだ。


だからその後 5代「タカミムスビ(豊受大神)」は、本家の立場を引き継いで日本全土を総括していたが、娘の「イサコ(伊弉冉尊)」と、泥土煮尊の養子・天萬尊の子である「アワナギ(沫蕩)」の子の「タカヒト(伊耶那岐尊)」を結婚させ、その子を以て本家としたのだった。

そして生まれた天照大神が中央政権を継承復活し、分割統治に陥っていた日本の再統一が成ったのである。


さて 後年、記紀を編纂し内外に大和朝廷の正統性をアッピールするに際して、本来神々の直系であったはずの皇統を断絶したと著す訳にはいかず、別家の伊弉冉尊と、別の別家の伊耶那岐尊を結婚させ国生みの始祖として、それ以前を神話に隠してしまったのだ。

しかしながら伊弉冉尊も伊耶那岐尊も高木神の系統であるが故に、九州政権の裔である大和朝廷は、このヒタカミの「高木神(高皇産霊神)」を隠さなければ天地開闢の神々・国常立尊直系(本家)からの正統性を保てなかった。

つまり、筑紫から高木神(高皇産霊神)の跡を消し去らねばならなかったのだ。
だから、高良玉垂 ⇒ 高木霊絶 と云う仮説が現実味を帯びてくる。

少し強引ではあるが、タカキ → 高ら たまだれ → 霊(たま)たち ではないだろうか?

「肥前風土記」にある、『高羅山につき梶山と為し給う』ほどの木々のある様は、高木にふさわしい…とも思われる。
高良玉垂命の正体は、まさに大和朝廷の仕掛け人らであったかもしれない! いや、そうに違いない!


「ツクシ」の国は、 尽くし ⇒ 尽州 ⇒ 究州とし、今の「九州」と著すようになった。
[PR]
# by hansaki460 | 2015-01-02 20:53 | 歴 史 秘 話 | Comments(3)

地名「くなしり(国後)」島 は やまと言葉(日本語:大和言葉)

.
今朝、布団の中で森繁さんの「知床旅情」が頭の中で流れ出した。

~ ♪ 遙か くなしり(国後)に白夜はあける ~

・・・国後島の名前の由来は、Wikipediaによると、こうある。

アイヌ語の「クンネ・シリ(黒い・島→黒い島)」または「キナ・シリ/キナ・シル(草の・島→草の島)」からであるが、どちらが本当の由来かははっきりとしていない。
この島に先住していたアイヌ人はアイヌ語で「クナシル」と呼んでおり、日本語名もロシア語名も国際標記もこれに起源を持つ。



◆さて、くに【地・(土)・国】は、「天」に対して「地」、「都 (中央)」に対して「国 (地方)」をいう。

変態:「くぬ(地)」「くん(地)」「こ(凝・地)」

◆また、しり【尻・臀・後】は、離れた所。見えないところをいう。
「しり」は「しる(離る・退る)」の名詞形。

類語:「うしろ(後ろ)」「おしり(お尻)」「うら(裏)」
反対語:「まえ(前)」「さき(先)」

     ◇

「筑前」「筑後」、「備前」「備中(びっちゅう)」「備後(びんご)」、また「越前」「越中」「越後」など、前・中・後と云う語が付いた国がある。

京都から地方へ向かう時、入口を「くち=口」、途中を「なか=お腹」、奥を「しり=お尻」と呼んだ。

【こしのみち(北陸道)】は、京から見て順に、「こしのみちのくち(越前)」⇒「こしのみちのなか(越中)」⇒「こしのみちのしり(越後)」とした。

【かげとものみち(山陽道)】には、きびのみちのくち(備前)、きびのみちのなか(備中)、きびのみちのしり(備後)

つくしのみち(西海道)は、筑前・筑後
ひのみち(肥の道)は、肥前・肥後
とよくにのみち(豐國の道)は、豐前・豐後

     ◇

くなしりとう(国後島)は昔から、くに【地・(土)・国】の しり【尻・臀・後】のしま(島)と呼んだ。

・・・もちろんやまと言葉(日本語)なのである。


古事記に、
故大倭根子日子國玖琉命者。治天下也。大吉備津日子命與若建吉備津日子命。二柱相副而。於針間氷河之前居忌瓮而。針間爲【道口】以言向和吉備國也。

大吉備津日子命と若建吉備津日子命とは、二人で支え合って、針間の氷河之岬において、忌瓮を置いて、針間を【道の口】として、吉備國を言向け和した。

…とある。

後になって、【くち】を「前」と宛て字して「ぜん」と読ませた。

こうしてやまと言葉が置き換えられ、また「くなしり」という やまと言葉(日本語)が「アイヌ語」起源だと言う者が現れる。




しれとこ(知床)も、しりとこなのである。

しれは尻。
とこは【床・(底)】下にあるさま。沈むさま。一番下。床。底。
.
[PR]
# by hansaki460 | 2014-12-28 18:24 | やまと言葉 | Comments(0)