信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg


HP
まぼろしの
吾道之宮


e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 



google.com, pub-3712853130935958, DIRECT, f08c47fec0942fa0
ブログ1
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
かるいざわ かるいさわ ..
by kuwahara at 11:56
唐・新羅進駐軍の唐側代表..
by 旅人 at 04:53
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


葦原中国の平定は、神皇産霊尊系統を葬り去ろうとした事件だった

葦原中国の平定は、神皇産霊尊系統を葬り去ろうとした事件だった

天手力雄神(天手力男命) は、思兼尊(アチヒコ) とワカ姫の子で、斎名をシツヒコ(静彦) と云った。

茨城県那珂市静に、静神社がある。
主祭神は,建葉槌命(たけはづちのみこと)
相殿神に、手力雄命、高皇産靈命、思兼命を祀る。
e0171497_09362645.jpg
『⽇本書紀』 巻第⼆ 神代下 葦原中国の平定にこうある。
「⼆柱(経津主神・武甕槌神) は邪神や草⽊・⽯に⾄るまで皆平らげられた。
従わないのは、星の神の⾹⾹背男だけとなった。そこで武葉槌命を遣わして服
させた。」
すなわち 建葉槌命=武葉槌命は、星神香香背男(ほしのかがせお) を征服した神が主祭神で、討たれた側が相殿に祀られる。。

手力男(静彦) には、いろんな側面がある。
・天背男命=天津甕星=手力男命(戸隠神社鎮座考:宮㟢信友)と云う説や、
・神皇産霊尊-角凝魂命 ─手力男(伊佐布魂命) ─天底立命-天背男命-天日鷲翔矢命、という系図があるという。

ここに大きな征服の歴史が隠されている。

経津主神・武甕槌神と武葉槌命は、天背男命=天津甕星=手力男命を討った。
討たれた手力男(静彦) を祀る神社の主祭神になりすました。
また武甕槌は、甕星を追撃したとする名を堂々と名乗る。

★高皇産靈命、思兼命、手力雄命の系列を葬ろうとした歴史が存在するのである。


# by hansaki460 | 2017-09-22 09:37 | 歴 史 秘 話 | Comments(0)

阿伎留神社 神 爾 

阿伎留神社 神 爾 

   (「実在した神代文字」より) 未だ 解読不能です。


e0171497_19591971.jpg


# by hansaki460 | 2017-08-18 19:59 | 神代文字 | Comments(0)

「蘇民将来、来福之守」は、哀しい話し!

★ 哀しい「蘇民将来、来福之守」の話し!

古代大化改新以前の日本では、新羅系の蘇我と白山が主導権を握っていた。

その蘇我(白山連合) 権力を倒したのが大化改新で、百済系の奈良王朝(中大兄皇子) と中国系の吉備王朝(藤原鎌足) が連合してのクーデターだ。

律令体制はそのままで、六世紀頃には神奈川県の蘇我川畔に栄えていた蘇我(蘇民) らの末裔は全国に散らばった。

哀しいことに列島では、7世紀~8世紀にかけて「別所」と呼ばれる、体制側が日本原住民を取り締まるための捕虜収容所があり、権力を持って原住民を分離隔離していた。(収容地域は「イツキ」とも呼ばれていたが、サンカはそこから逃れていた原住民である。)
e0171497_14494352.jpg


やがて源氏の原住民系武士らから成る鎌倉幕府が起き、平氏追討の総追捕使なる警察を全国二千余り設けた。(文治革命)

しかしその後、鎌倉幕府が起てた総追捕使なる警察を、原住民を取り締まる「別所」に任せてしまい、その後原住民は虐げられてきたのである。

だから明治になるまで、律令体制下で虐げられていた原住民(4種の迫害されてきた部族) を解放したのが、四民平等といわれる明治維新の本当の姿なので有る!

すなわち、「蘇民将来、来福之守」というお札は、土着先住系の守護神なのである。

実に哀しい話しなのである。

# by hansaki460 | 2017-08-15 14:51 | 歴 史 秘 話 | Comments(0)