信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg



e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 





ブログパーツ
以前の記事
2017年 01月
2016年 10月
2016年 08月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
同じ意見の方がいらっしゃ..
by のりあ at 20:58
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


日本の正史(仮説)


1】根源神:天御祖は、天地創造の後も地球に御坐し、スメラミコトを遣われた。この時列島にいた人々は 『原ヤマト族』である。

2】時代は流れ、太平洋に今は無きム-大陸があったが、或る時突然沈没し始めた。彼ら『洋族』は故地を離れ、列島や華北平原,さらにその周辺部に拡散した。

3】列島に到達したムー直系の『洋族』は、その後南九州の高千穂国の成立に影響を及ぼし、後に高千穂国は、天御中主之神,高皇産霊神,天照大御神等の偉人を生んだ。

4】中国は,春秋戦国の時代を経て,前221年に統一された。
秦の始皇帝との覇権を賭けた戦争に破れた『倭族』の徐福集団は,東アジアに脱出し、列島,半島に分かれて定着した。

5】半島南部に定着した『倭支族』は,北からの圧力に対抗するために,三韓国:弁韓,辰韓,馬韓を結成した。

6】九州島に定着した『倭本族』はこれに呼応して『倭国』を結成した。これを『小倭国』 と称する。

7】時代は下り,半島南部では,三韓が任那,新羅,百済に移行した。

8】『小倭国』は,狗奴国が女王国を制圧し、東征して政権を樹立した。これが 『中倭国』 である。

9】この頃、三韓の民が列島に大量に入植した。 これが,古墳時代の幕開けである。
半島では、後に新羅が膨張し、任那が滅亡して、高句麗,百済,新羅の 三国時代が到来した。

10】AD562年、列島の『倭本族』は、半島の『倭支族』を受け入れ、共同して政権を樹立した。 これが 『大倭国』 である。

e0171497_893257.jpg

11】時代は更に下り、半島では、新羅 が 膨張して、百済,高句麗が滅亡した。

12】 AD669年,高句麗の中枢,即ち『 新午族 』は,『大倭国』を簒奪し,政権を樹立した。これが 『大和国』 である

・古代列島は,半島から見た場合に、駆け込み得る 入植地 であった。
中国の 戦国時代にも流民が渡来していたが、その後、先ずは、三韓国の流民が 畿内他に入植した。

・次に,任那国の流民が出雲他に入植した。三韓国,任那国の民は『小倭国』,『中倭国 』の民と同じ『倭族』であるので、この段階において『列島倭族』に強い抵抗は生じなかった。

・更に,高句麗国の流民が 列島を簒奪した。高句麗の民は,『北方系の午族』であるので、この場合には、『列島倭族』 に強い抵抗が生じた。

13】古代国家『大倭国』の創建時に、列島の勢力を代表する物部氏が任那勢力を代表する蘇我氏に駆逐され、その残党が東北部に後退した。

14】次に、律令制国家が始った『大和国 』の創建時に、『大倭国 』の勢力を代表する蘇我氏が高句麗勢力を代表する藤原氏に制圧され、橘氏,大伴氏などの 旧勢力も徐々に圧迫され 屈服した。

・宗教面では『小倭国 』の祠庫信仰が,『大倭国 』の屋代信仰に発展したが,これも『大和国 』の社神信仰へと変質した。

・来世信仰は、内面において『小倭国 』の神教から 『大倭国 』 の仏教に,外面において『小倭国 』 の古墳築造から『大倭国 』の寺院築造に転換した。

・反面、『大倭国 』から『大和国 』への覇権交代時には,旧勢力に対する勝者の呪詛、新勢力に対する敗者の怨念が渦巻き、列島に対立,差別の 社会構造が生じた。

・新午族は、徐福=倭族以前の 古代文字を徹底的に 焚書してしまった。

日本古族研究所長田通倫氏「古族研究」より、一部改変。
[PR]
# by hansaki460 | 2016-05-25 08:09 | 歴 史 秘 話 | Comments(0)

大祓詞(中臣祓詞)は、大和王権の覇者,午族(高句麗)が仕掛けた呪詛

大祓詞(中臣祓詞),六月晦大祓詞は、大和王権の覇者,午族(高句麗)が、前の覇者「倭族」に仕掛けた呪詛だと言う。

『続日本紀』によると、和銅六年「五月甲子。制。畿内七道諸国郡郷着好字。」とある。
当時の「唐」の地名の多くは「洛陽」や「長安」など良い意味の二字の名称が用いられていたから、それにならうという意味があったというが、しかし目的はそれだけだろうか?

当然のことながら漢字が列島に入る前から言葉は存在していたから、日本語を表記するために漢字の音を借用して万葉仮名が用いられた。まあ、いわば日本の古代文字をグローバル化にあわせて、漢字に置き換えたということだ。

当時から日本人は機微に富んでいて、例えば「出づ」を「山上復有山」、「獅子(しし)」を「十六」、「い」を「馬声」、「ぶ」を「蜂音」などと書く戯書が存在した。だから漢字を使い始めた始めから、「漢字に遊ぶ」ことに長けていたのだ。

ところで、日本古族研究所の長田通倫氏は「古族研究」の中で、『列島や郷土の古代史を学習するに当たっての関心の的には,正論ばかりでなく,異論も含まれている。』とし、『いわゆる正論は表情報に依拠するものであり,いわゆる異論は裏情報に依拠するものであるから、表情報から裏情報を発掘することが求められる』として、その裏情報の発掘を手がけられた。

手法は省くとして『古族研究要旨』によると、列島の主役(覇権)は、ム-の時代から、倭国の時代を経て大和国へと移ったとする。

例えば、
『六月晦大祓詞』に伏在している裏意を検討したところ,本字数,助字数の何れにも,明号の存在が確認され,暗号の伏在が感知された。
そこで,大祓詞に音訓変換法を援用したところ,覇権争奪の敗者に対する勝者の呪詛が発掘された。

『六月晦大祓詞』は,覇権争奪おける勝者(=午族)が自族の安寧を敗者(=倭族)の没落で償うための呪詛であり,勝利を確認するための勝利宣言でもあると考えられる。

①『六月晦大祓詞』の全文字数に伏在していると思われる裏意は,本字が「高句驪人」*「君主は倭本族,倭支族を忌む」ことであり,助字が「国ツ神」*「君主は倭本族,倭支族を憎む」ことである。
共に,倭族に対する君主の敵意に他ならないので,文字数が明号の役割を果たしていると考えられる。

②拙論「徐福暗号」によると,容易に判明し得る仕掛け(=明号)と,容易に判明し得ない仕掛け(=暗号)とは,例外なく区別されるので,本祝詞の場合においても,暗号(=裏意)が仕込まれているに違いないとの直感を禁じ得ない。

③本文第1段本字に伏在していると思われる裏意は「倭本族を忌み,倭本族を苦しめ,倭本族を苦しめ,倭本族を尽くす君主は倭支族を苦しめる」こと,ならびに「倭支族を詛う僧侶は,倭本族を謗る」ことである。
何れもが,覇権争奪の敗者(=倭族)に対する,勝者(=午族)の呪詛に他ならない。

……との成果を発表している。

この視点から見ると、大祓詞(中臣祓詞),六月晦大祓詞は明らかに、氏の言う午族(高句麗)が、以前の覇者倭族に対して呪詛を仕掛けたと言う。
[PR]
# by hansaki460 | 2016-05-22 16:18 | 歴 史 秘 話 | Comments(0)

幻の『吾道之宮』


古代六家「吾道(あち)・物部・忌部・占部・出雲・三輪」の筆頭『吾道家』は、「八意思兼尊(やこころおもいかねのみこと:阿智彦)」を祖とし、天照大神の時代から続いていた。


六世紀、推古天皇の命を受けた聖徳太子と蘇我馬子が著した『先代旧事本紀』の編纂時には、吾道家家蔵の記録を提出した。


文徳斉衡三年(856)、吾道之祝となった千幡彦のあとがなく、十世紀村上天皇の御代千幡彦の裔は 戸隠神社へ移ってしまう。


十四世紀、別裔(大御食神社社家) の「常方」が 阿智祝部に就き、吾道家を継いだ。


天明元年(1781)幕府から偽書とされた『旧事大成経』に基づく神供霊祭を東嶺円慈和尚の縁により修めた。


しかし翌天明二年(1782) 十一棟あった大御食神社神官の邸宅が焼失してしまった。


歴史から吾道家が消された瞬間でした。
[PR]
# by hansaki460 | 2016-01-07 07:46 | 幻の吾道之宮 | Comments(1)

天地創造

★旧約聖書の 天地創造の話と、『ホツマツタエ』の天地開闢の話が、ほとんど同じだと云う話です。★

竹内文献には、現代の素粒子理論などに類似した天地開闢の話は、先日書きました。
では、旧約聖書とホツマツタエを見てみましょう。


[ 旧約聖書 ]

 初めに、神は天地を創造された。
 地は混沌であって闇が深淵の面にあり、
 神の霊が水の面を動いていた。
 神は言われた。「光あれ。」こうして、光があった。
 神は光を見て、良しとされた。神は光と闇を分け、
 光を昼と呼び、闇を夜と呼ば れた。夕べがあり、朝があった。
 第一の日である。
 ・・・以下略

【 要約 】
 1日目 暗闇がある中、神は光を作り、昼と夜が出来た。
 2日目 神は空(天)をつくった。
 3日目 神は大地を作り、海が生まれ、地に植物をはえさせた。
 4日目 神は太陽と月と星をつくった。
 5日目 神は魚と鳥をつくった。
 6日目 神は獣と家畜をつくり、神に似せた人をつくった。
 7日目 神は休んだ。


[ ホツマツタエ ]

【 要約 】
 0 アメノミヲヤ(大宇宙の根源の意識)の
  「生の一意気(意志・念い)」は 天元神を生む。

 ① 天元神のエネルギーは陽(昼)と陰(夜)に分離し、
  【 陰陽 】
 ② さらに陽は空・風・火、陰は水・埴に分れる。
  【 五行 】
 ③ 水・埴は地球をつくる。
 ④ 陽の核は日となり、陰の核は月となる。
 ⑤ 天元神は歳徳タマメを生み、タマメをして
  「キ・ツ・ヲ・サ・ネ」の五座の神を生む。
 ⑥ 空・風・火・水・埴の5つが交わって、
   地球に初めて人 (ミナカヌシ) が生まれる。
   ホツマの天元神は、七日目にも休まなかった。(^^
e0171497_6442069.jpg
 

いかがでしょうか? ソックリではありませんか?
 
そのあとホツマツタエはこう続く・・・・・
⑦ ミナカヌシは地球の八方に万子を生むが、天元神もミナカヌシの子として地上に肉体を持ち、『ト・ホ・カ・ミ・ヱ・ヒ・タ・メ』の八国 を創る。
⑧ 『ヱの尊』と『トの尊』は日本に生まれ、はじめ『ヱの尊』がヲウミの中央政府を治め、『トの尊』はトシタ国 (ホツマ) を治める。 
以後『ヱの尊』と『トの尊』の尊は交代で世を継ぐ。
⑨ 天に帰って、ミナカヌシと天元神は星とされる。 【 九星 】
⑩ 天元神は人の魂の緒を下し、それで魂と魄と結び合せて、世における人の寿命を得さしめる (天つ政)。

ホツマツタヱでは、アマテルの功績により日本は長く平和になります。
そして、アマテルの孫のニニキネ(日本書紀の瓊瓊杵尊に相当)は、最初は関東にいたのですが、新田を開発するため九州に移住したという筋書きになっています。
[PR]
# by hansaki460 | 2015-10-17 06:46 | Comments(0)

道を求めた中国人と、初めから道があった日本

Wikipediaから引用すれば、【 道(Tao)】とは、人や物が通るべきところであり、宇宙自然の普遍的法則や根元的実在、道徳的な規範、美や真実の根元などを広く意味する言葉である、と云う。

老子は、老子道徳経でタオ(道)を説いた
道とは、名付けることのできない(仮に名付けている)ものであり、天地一切を包含する宇宙自然、万物の終始に関わる道を「天道」といい、人間世界に関わる道を「人道」というと、説明した。

孔子は天道を継承し、詩経、書経で人道についても語り、天地人の道を追究した

その他四書の『中庸』では、「天之道」「人之道」が「誠」であると云う。

また【菜根譚】では、「道を守って生きれば孤立する。だが、めざめた人は、現世の栄達に迷わされず、はるかな理想に生きるのだ」とし、道を守る事が肝心と説いた。


しかし、大陸で道を説く偉人が多くいたことに関して、国学者の本居宣長は『古事記』を解釈する過程で次のように指摘する。

中国の史実を述べた上で、「道」にそむいた事を口実に国を滅ぼし、新たに国を創り、今度はその国に忠誠を誓わせる為にまた「道」を利用し、周囲を巻き込み、多大な犠牲を生みながら、これを繰り返していると儒学批判を展開している。

一方で、日本の道は万世一系に基づいているとする。
e0171497_7211943.jpg

本居宣長は言う。

中国には古来、国を奪った者が帝王であり、奪われた者が賊である。国を奪い取って、国を良く治めた人を「聖人」といい、その聖人が定めたところを「道」といっている。
だから儒学で「道」とは、「人の国を奪う為のもの」「人に国を奪われないようにする用意」の2つを指す、とする。

それに対し、日本の「道」は違う。
中国では、仁義礼譲孝悌忠信などと作り、人々に 計(たばかり)を厳しく教えようとするが、日本にはそのような教えは無いにもかかわらず、良く治まってきた。
それが日本なのだ(古事記伝)。…という、

加えて、中国では「道」にそむいた事を口実に国を滅ぼし、新たに国を創り、今度はその国に忠誠を誓わせる為にまた「道」を利用し、周囲を巻き込み、多大な犠牲を生みながら、これを繰り返していると、儒学を批判する。

ところが日本の道は、万世一系に基づいているとする。

    ◇

これらのことは、日本の開闢史が、竹内文献、ホツマツタヱ等に書かれているように、天地創造から始まるのに対して、中国の始まりは、「初めに盤古が生まれた」という『盤古神話』であり、それは呉の時代(3世紀)に成立した神話集『三五歴記』による。

中国の歴史は、まるで新しく、だから、道を求めていたのだ。
日本のスメラミコトは、天地創造主の後裔であり、初めから道を示していたと、日本の古伝は伝えているのだ。
[PR]
# by hansaki460 | 2015-09-26 07:21 | Comments(0)