信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg


HP
まぼろしの
吾道之宮


e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 







google36ed5a3dddf221d0.html
ブログパーツ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
唐・新羅進駐軍の唐側代表..
by 旅人 at 04:53
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


吾道彦物語[4]”天八意思兼尊の時代”

吾道彦物語[4]”天八意思兼尊の時代”

 芥川龍之介の『素戔嗚』に、思兼尊が登場しますね。思兼尊の姪と、素戔嗚の恋の場面もあり、生き生きと芥川の文章の中で生きています。 

 思兼尊のエピソーには、天岩戸隠に登場する話が余りにも有名ですが、それは思兼神がアイデアを駆使して企画した、盛大な祭りのイベントだったようです。その企画を少し紹介すれば・・・・

 まず常世の国から来た鶏の長鳴鳥(ナガナキドリ)を鳴かせ、鍛冶と玉造の神に鏡や玉を作らせ、それを飾った立派な玉串を製作させた。そして玉串と祝詞を捧げながら、天照大神を褒め称える最高の儀式を演出しました。

 このイベントを最高に盛り上げたのが、意表をついたダンスで、最後の仕上げが天手力男神の『力技』ということですね。

 神器として欠かせない御鏡や玉の製作、神祭りの重要な祭具である玉串の考案、神をたたえる儀式の演出、そして神楽の源流といわれる舞踊ショー。 こうした企画のひとつひとつがのちのいろいろな産業や芸能文化の源流となったことを考えると、思兼神というのはとてつもなく優れたクリエイターだったのでしょう。

 いくつか拾ってみると、

 「日本書紀」では、思兼命が指揮を執り、天太玉命と天兒屋命に命じて御幣を作らせて、相共に祈祷したことや、

 「古事記」には、思兼命が発案して神々が準備した御幣(みかぐら)を、布刀玉命(太玉命)が持って、天児屋命が詔戸(祝詞)したことがあります。

 「古語拾遺」にも、思兼命が指揮を執り、天太玉命が諸神を率いて和幣(にぎて)を作らせ、天太玉命と天兒屋命(神皇産霊神の兒となっている)が一緒に祈祷したとあります。

 「先代旧事本紀」では、思兼命が発案し、天太玉命は諸神を率いて御幣を作り、天太玉命と天児屋命が一緒に祈祷したことになっており、その際、阿波の忌部の祖天日鷲神は木綿を作ったことになっています。

 そのほかにも、本居宣長の「古事記伝」には、思兼神について「数人の思慮る智を一の心に兼持る意なり」と説明されています。それは、「 あまたびとの おもいはかるちを ひとりのこころに かねもてる い なり 」です。つまり、数多くの人間の知恵を一身に結晶させているのが 思兼神と表現しているのです。

 それでは、思兼尊が活躍したのはいつ頃のことでしょうか?

 私のHP(http://homepage3.nifty.com/utukusinomori/newpage2-4.html)の小説『美しの森物語』で中谷先生が言うには、

「昔の話だよ。 のちに飛鳥文化を創った九州の倭国のことだがね。紀元前十世紀頃に 天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ) や 天照大神(あまてらすおおかみ) の、偉人たちが治めていた高千穂国が南九州に有ったんだ。 その天皇家の草分け的存在の 天之御中主神の、天孫族の末裔たちの 倭国人が、阿智神社を奉り、またその末裔の赤須彦が 大御食神社を奉ったのだよ。阿智には 高千穂朝時代の 天思兼命の子孫が来て、信濃の祝(はふり) の租になっているよ。」

と、言ってます。

  天之御中主神の数代後が天照大神の時代だったようですから、紀元前9世紀頃と云うことでしょうか?
[PR]
# by hansaki460 | 2009-02-16 22:46 | Comments(0)

吾道彦物語[3]"カナサキ(住吉神)と夫妻のその後"

吾道彦物語[3]
"カナサキ(住吉神)と夫妻のその後"


 カナサキ(住吉神)のことにも触れます。
 ヒルコを拾って育てた住吉の神は、伊邪那岐の神が黄泉の国から戻って禊ぎをした時に生まれた神です。

そして、天照大神の妹・歌姫と思兼尊の仲人をしました。        ・・・・・ホツマツタエ

 水の底の方に潜った時に生まれたのが 底津綿津見神・底筒之男命、中ほどにいた時生まれたのが中津綿津見神・中筒之男命、水の表面で生まれたのが 上津綿津見神・上筒之男命です。

 この中の底筒之男命・中筒之男命・上筒之男命の三神が住吉の三神で、底津綿津見神・中津綿津見神・上津綿津見神が阿曇連の祖先となったとされます。

 信濃の山深い阿智神社の近くには、思兼尊を守るかのように住吉神を奉る御坂神社があります。

 さて、話は戻ります。

 和歌姫はアチヒコ(思兼尊)と結婚した後、しばらくは紀州に滞在して 新婚生活を送った時期がありました。

紀州には、多くの神社に、いろいろな名前で、思兼尊・ワカ姫夫妻が奉られておりますが、このことはまたの機会といたします。

 それから後、夫妻は 野州川のほとり(滋賀県野洲市)に移って 宮を造りました。

 思兼尊・和歌姫夫妻は、伊邪那岐の遺言に従って、天照神の日嗣の皇子 オシホミミ(忍穂耳尊)の 御子守をしながら、実子・シズヒコ(手力男尊)を育て、北陸や山陰を同時に治め、伊勢(男女の絆)を結んで 夫婦協力して政(まつりごと)を執っていました。



 和歌姫が まだ思兼尊と一緒になる 前のことです。

 『クシキネ(大己貴)が諸国を巡って農業指導をしている時のこと、災害で食糧の乏しい村民の訴えに、つい誤って獣の肉食を許してしまいました。

 すると、天罰が当たり その年の秋、村の稲田に稲虫が大量に湧き出て 葉を食い荒らして しまいました。

 驚いたクシキネは シタテル姫(和歌姫)の坐す ヤスカワに馳せ参じて、稲虫祓いの「教え草」を習い覚えて 急ぎ帰り、オシ草(玄人)を持って 扇(あお)ぐと、やはり ホオムシは去って 稲は若やぎ よみがえりました。

 その秋豊作となったので、喜んだクシキネは、自分の娘のタカコ(高子)をシタテル姫の元に奉りました。』 という話があります。

 ワカ姫は没後、トシノリ神(歳徳神)と称えられましたのは、トシとは 穀物・特に稲をさす古語 だと言うことを考えると 納得できます。

 稲作が 全国に定着していった当時、稲虫対策の農業技術指導は、朝廷による統治の要の一つになっていたのでしょう。

 和歌姫は、各地の農業指導者達に対して、教え草(ハーブの燻煙)を用いた 稲虫払いの除虫方法を 伝授したとされています。

 その最先端をいく知識を持っていた 当代きってのスペシャリストが 和歌姫ですから、朝廷の領地を巡回視察する仕事をしていた者達を 実質的に統括していたのが、野洲川の川辺にあった 思兼尊・和歌姫夫妻の宮だったことが うかがえます。 

 野洲川付近は 縄文時代から人通りが多い街道筋に当たりますから、この地域に建てられた神社は、後世いろんな人がさまざまな思い込みの解釈で 情報を付け加えてしまっているようです。 (この話も、別の機会に・・・・)

[PR]
# by hansaki460 | 2009-02-16 22:45 | Comments(0)

吾道彦物語[2]”ワカヒメの生い立ち”

吾道彦物語[2]”ワカヒメの生い立ち”

 和歌姫の生い立ちを申し上げます。 父は伊邪那岐、母は伊邪那美と申します。

  イサナギとイサナミが ツクバのイサ宮で 新婚生活に入った時、二人は床入りし、情熱のおもむくままに交わって 子供を孕(はら)み、誕生した女の子の名前は、昼に生まれたので ヒルコと 名付けました。

  しかし ヒルコが生まれた年は、父イサナギ 40歳、母イサナミは 31歳で、2年後には男42歳、女33歳の 天の節で 大厄に当たります。そこでヒルコは 両神の慈しみを一身に受けて育てられましたが、まだ三年にも満たないというのに、親の元から引き離されて岩樟船(イワクスフネ)に乗せ捨てられました。

  下流でカナサキ(住吉神)が拾い上げて、妻のエシナズの乳を得て 何不自由なく我が子同様に育てられました。

  実はこの時、妻エシナズは不幸にも 我が子を失ったばかりでしたので、それはもう 我が子に再開したような喜び様でした。

  カナサキはいつも優しい潮の目で ヒルコを目守ってやり、「アワウワヤ」と手拍(てうち)をしてあやしていました。

  ヒルコの誕生日には炊きごはんを神様に供え、初めて食事のとり方を教えて、立居振舞も手を取って習わせました。

  三年目の冬には髪置(かみおき)と言って、幼児が初めて髪を伸ばす儀式も済ませました。

  新年元旦は餅をつき 天神地神に供えてから、親族が集まって新年を祝いました。 

三月三日の桃の節句には 雛祭をして遊び、五月五日は菖蒲(あやめ)を飾って粽(ちまき)を食べましtaた。七月七日は七夕(たなばた)祭で、九月九日は菊の花と栗を供えるお祭です。

  五年目の冬には 男子は初めて袴(はかま)をはいて、女子は被衣(かずき)を着ます。 又5歳からは常にアワ歌を教えて言葉を正します。

   アカハナマ  イキヒニミウク

   フヌムエケ  ヘネメオコホノ

   モトロソヨ  ヲテレセエツル

   スユンチリ  シヰタラサヤワ

  この様な年中行事を経たヒルコ姫は、今では美しい乙女に成長しました。

  厄もきれいに川の水に流された今、再び両親の元に呼び戻されて、天照神の妹(イロト)として復活し、ヒルコの名もワカヒルメと変わりました。

彼女が三歳のときに、親の厄年の影響を受けないようにと、形だけ捨て子にされたあと、拾われて育てられたことにちなんで付けられた 『広田神社』があります。 本当は西宮神社だと思われますが、歴史のまにまにいろいろな変遷があったのでしょう。

  また、彼女が紀州の地で独身時代に住んでいた宮の跡は、『玉津島神社』として今も残っています。 それと、異論はありますが、和歌山には丹生都姫神社も在ります。  

つづく



こちらもご覧ください。

『伊那谷から古代が見える』

http://homepage3.nifty.com/utukusinomori/newpage1.html
[PR]
# by hansaki460 | 2009-02-16 22:44 | Comments(0)

吾道彦物語[1]”アチヒコの生い立ち”

吾道彦物語[1]”アチヒコの生い立ち”

高皇産霊尊の子に 思兼尊(阿智彦)が おられます。

知恵の神様として知られ 奉られており、少しご縁があり、調べていくうちに 深みに はまりました。

『 美しの森物語 』 の原稿も兼ねながら、調べて参ります。

思兼神の身上書からです。

名称     思兼神(おもひかねのかみ)

親      高皇産霊尊(たかみむすひのみこと)

兄弟姉妹 少彦名命(すくなびこなのみこと)、栲幡千千姫(たくはたちぢひめ)、三穂津姫(みほつひめ)



吾道彦物語り [1]

さて、思兼尊の名前は アチ(吾道・阿智)彦と 申しました。
(吾道彦が はじめて歴史に登場する 場面からです。)

ある日、イサワの宮(伊雑宮)にいた天照神は、タマツ宮(玉津宮)のワカ(和歌)姫のところへ、オシカ(勅使)として 吾道彦を使わしました。

申し遅れましたが、和歌姫は 天照神の 妹です。

歌姫は、吾道彦に会ったとたんに 恋焦(こいこが)れてしまい、苦しい女の胸の思いに耐え兼ねて 和歌の歌を詠み、歌冊(ウタミ)に染めて 思わず吾道彦に 渡してしまいました。

吾道彦が 思わず手にした その歌は、

『 キシイ(紀州)こそ 妻を身際(みぎわ)に 琴の音(ね)の 床(とこ)に我君(わぎみ)を 待つぞ恋(こい)しき 』

「 紀州にいらっしゃい。私は貴方の妻になって いつも御身(おんみ)の近くで 琴を奏(かな)でてさしあげましょう。 寝床ではいつも 我君(わぎみ)を恋しい思いで お待ちしています。 」

 これを見た吾道彦は、突然の恋の告白に戸惑い、思えば 仲人もなしにどうして愛を結ぶことができようか とか、返歌をしなければ とか、考えれば考えるほど 焦りが先たち、ついに返事もできず、言葉に詰まって、

「 待って下さい。 後日 必ずお返しします。 」

と言うや、その場を 何とかつくろって 歌柵を持ち帰り、宮中に走り至ると 諸臣(もろとみ)に相談しました。

何しろ 天照神の 美しい妹に恋されたのでは、うれしいやら困ったやらで、戸惑いを隠せません。

一部始終を聞いていた カナサキ(住吉神)が、静かに お話しを始めました。

「 この歌は、受けたからには もう絶対絶命です。 返事(カエゴト)ができない、上から読んでも下から読んでも グルグル巡りの 回文歌(マワリウタ)です。

 私もアマテル神の御幸のお供で 船に乗っていた時のこと、暴風が激しくて 波が高いのを打ち返そうと 回文歌を詠み、

『 ながき夜(よ)の 遠(とお)の眠(ねぶ)りの 皆目覚(みなめざ)め 波乗(なみの)り船(ふね)の 音(おと)の良(よ)きかな 』

と詠ったところ、やがて風が止んで 波は静かになり、船は心地よく アワ(阿波)の湊に着きました。 」

と話されました。

 しかし それを聞いても、吾道彦の心は 乱れて落ち着きません。

「 和歌姫に 返歌をしなければ。 愛にどう答えれば よいのでしょうか 」と、問うと、

ここで 天照神の詔がありました。

「 今こそ、住吉神の船に乗り受けて、夫婦(メオ)となるなり 」
 この後、吾道彦と和歌姫は 住吉の船が縁を取りもち、今は ヤス川(野州)辺に宮を造り、名も天照神の妹・下照姫となり 幸せに暮らしました。
[PR]
# by hansaki460 | 2009-02-16 22:31 | Comments(0)