信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg



e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 





ブログパーツ
以前の記事
2017年 01月
2016年 10月
2016年 08月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
庵住期 (70歳からの自活)
歴 史 秘 話
幻の吾道之宮
宇宙の摂理
神代文字
古代文字便覧 
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
竹内文献
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
同じ意見の方がいらっしゃ..
by のりあ at 20:58
人気ジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


伊那谷の覇権の推移[1] ”はじめに:雑感”

伊那谷の覇権の推移[1] ”はじめに:雑感”

"古代の伊那谷の出来事”で、注目し分析すべきと思われる事柄

 天照大神・阿智彦の時代      紀元前 7~8世紀か?

 徐福列島に来る           紀元前 3世紀頃    倭の成立に影響?

 日本海~越~北信 高句麗人の渡来    2世紀      駒ヶ岳の命名?

 赤須彦の時代 ・・             3~4世紀か?  九州倭国の影響

 高句麗・新羅を征服した騎馬民族渡来   4世紀     東日本文化醸成される

 古墳の時代 鏡・馬具             5世紀~    壬申の乱への影響

 8つの伊那谷古墳群(前方後円墳)     6世紀~    地方豪族の体制化   

 阿智家・善光寺  →  戸隠・北信へ             天武の信濃行宮の影響

 藤原氏支配の時代                         比叡勢力を使った伊那谷の席捲


まだ、いろいろな要素があるかとは思うが、検討・分析していきたいと思います。

e0171497_12371581.jpg



史郎のHPもどうぞ!←
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
# by hansaki460 | 2009-02-18 10:44 | 地方史から見た覇権の姿 | Comments(0)

阿智彦(思兼尊)の足跡を訪ねて[2]”阿智彦と歌姫の仲人・住吉神の別荘?・御坂神社”

阿智彦(思兼尊)の足跡を訪ねて[2]
御坂神社は阿智彦と歌姫の仲人・住吉神の別荘?


先日は、二月だというのに 信州でも20度近くになりました。
そこで急に思い立ち、阿智村の 『御坂神社』 に行ってきました。

神坂神社は 住吉社とも言い、阿智村の智里(園原、本谷)にあります。

祭神は、住吉明神[表筒男命(うわつつをのみこと)・中筒男命(なかつつをのみこと)・底筒男命(そこつつをのみこと)]です。

私のHP にありますが、ホツマツタエに、カナサキ(住吉神)は阿智彦と歌姫の仲人をしたことが 書かれています。

信州の山奥に 何故 住吉社があるのか? 誰も説明できずに いましたが、どうも 思兼尊の仲人の関係だったから のようです。

e0171497_16395756.jpg


旧東山道ですから、本当に山奥です。

近くには、『源氏物語』にも詠まれた「帚木(ははきぎ)」があった場所があります。

光源氏が空蝉に「帚木の 心を知らで園原の 道にあやなく 惑ひぬるかな」と思いを寄せ、空蝉は わが身をいやしんで「数ならぬ 伏屋に生ふる 名のうさに あるにもあらず 消ゆる帚木」と返歌しました。



また、すぐ下側に『今昔物語』にある、「受領は倒るるところに土をつかめ」という信濃守陳忠の話の碑がありました。

e0171497_1642677.jpg


 藤原陳忠が任期を終えて都へ帰る途中、峠の険しさに馬もろとも 谷に転落してしまいます。 谷底から助けを求める声に、家来たちは 篭に縄を結び付けて下ろし、引き上げると、篭には平茸が山ほど入っていました。 また下ろすと 今度は陳忠が 平茸三房を手にして、「まだまだあったのに」と 不満顔で上がってきたのでした。

当時の支配者、藤原一族の受領等の強欲さを表しています。

この話から、藤原一族が 比叡のお寺,仲仙寺・光前寺・瑠璃寺と、同じく比叡の 山王権現によって、伊那谷のすべてを支配した構造が 読み取れます。

この項は 別途設けますが、日本の歴史にとっても、非常に大きな出来事だと 思います。

帰りの途中、 『阿智神社』 もありますが、別の機会にまた・・・・。


にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
→史郎のHPもどうぞ!←
# by hansaki460 | 2009-02-17 16:50 | Comments(0)

古代文字の真実[3]”実際に見てみよう”

古代文字の真実[3]”実際に見てみよう”

写しです。

e0171497_0552841.jpg

法隆寺秘蔵のものです。



e0171497_0562214.jpg

鶴岡八幡宮のものです。


にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
史郎のHPもどうぞ!
# by hansaki460 | 2009-02-17 00:56 | 神代文字 | Comments(0)

古代文字の真実[2]”実際に見てみよう”

古代文字の真実[2]”実際に見てみよう”

古代文字”あひる草文字”で記された”ひふみ歌”を紹介します。

e0171497_0473098.jpg

出雲大社に伝わるものです。

e0171497_0493430.jpg

九州 弊立神社のものです。
# by hansaki460 | 2009-02-17 00:43 | 神代文字 | Comments(0)

古代文字の真実[1]”ひふみ歌を読む”

古代文字の真実[1]”ひふみ歌を読む”

日文(ひふみ)唄の意味を知ろう

ひふみよ いむなや こともちろ
一二三四 五六七八 九十百千万


らね しき るゆゐ
蘭根 敷き 縷結い


つわぬ そを た はくめ
強 ぬ  襲を 多  育 め


かうお えにさり
交う悪 穢に去り


へての ますあせ
辺天の  枡 畦


ゑ ほれ け
ゑ 掘れ け


いかがですか? 目から鱗が落ちましたか?

いろんなことが読み取れますが、それはまたの機会に!
# by hansaki460 | 2009-02-17 00:33 | 神代文字 | Comments(1)