信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg


HP
まぼろしの
吾道之宮


e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 





ブログパーツ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 01月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
唐・新羅進駐軍の唐側代表..
by 旅人 at 04:53
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


<   2014年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

継体天皇(ヲホド王)は 大臣(オトド)の君?

放射性物質拡散予報図はこちらです
http://taikiosen.blogspot.jp/
 


かなり話題になる天皇である。(^^

継体天皇(450-531?)は、日本の第26代天皇。諱は「ヲホド」という。

『日本書紀』では男大迹王(をほどのおおきみ)、『古事記』では袁本杼命(をほどのみこと)と記される。

隅田八幡神社(和歌山県橋本市)蔵の人物画像鏡銘に見える「孚弟王(男弟王?)」は継体天皇を指すとする説がある。


この諱、「ヲホド」を説明する説が今までにない。

まだ漢字が表意文字でしかなかった時代だから、やまと言葉を見ると、「オトド」という言葉が思いつく。

「男弟王」= オトド = 大臣の君 という。



『記紀』によると、先代の武烈天皇に後嗣がなかったため、越前(近江とも)から「応神天皇5世の孫」である継体が迎えられ、群臣の要請に従って即位したとされる。(Wikipedia)

この『群臣の要請に従って即位』とあることから、このことを持って大臣の君というのかもしれない。

すなわち、出自をいうのではなく、選出方法を形容したのかもしれない。



この仮説は、一部からバッシングを受けそうだが、やまと言葉から日本語になる経過の中で、十分検討に値するのではないだろうか?


          ◇


崇神天皇の時代、疫病が流行り、多くの人民が死に絶えた。

そこで疫病を鎮めるべく、それまで皇室の氏神として天皇以外の奉幣は禁止されていたが、天照大神と大和大国魂神を皇居の外に移した。

天照大御神は、それまで天皇と「同床共殿」であり、これが「古神道」であった。

天照大神と大和大国魂神を皇居の外に移したことは、新しい宗教の形に移行したということだった。

新しい宗教形態が名実共に完成するのが、天武天皇の時代である。
天武天皇の時代に斎宮が制度化され、天武の皇女である大伯皇女が初代とされる。

これが「神社神道」の完成だった。


          ◇


『記紀』によると、先代の武烈天皇に後嗣がなかったため、越前(近江とも)から「応神天皇5世の孫」である継体が迎えられ、群臣の要請に従って即位したとされる。

この特殊な即位事情を巡っては種々の議論や推測がある。
『記紀』の記述を尊重すれば、継体天皇を大王家の「5代前に遡る遠い傍系に連なる有力王族」とする説が正しい。

しかし戦後に、歴史とりわけ天皇に関する自由な研究が認められることになり、継体は従来の大王家とは血縁のない「新王朝の始祖」とする説などが提唱された。

このような事情から、継体天皇の出自が常に話題となる。


継体天皇から始まる系譜を「近江朝」と表現する。
崇神天皇からの時代を「崇神朝」という。

継体は「応神天皇5世の孫」であるとし、応神は崇神朝の天皇である。
だから、崇神-応神-継体は、「古神道」の改革を進めた後継者たちであり、神社神道を完成させたのが、近江朝最後の天皇、天武天皇だった。

そして、天武天皇は記紀を完成させ、何はともあれ万世一系の皇統を確立し、正史とした。


          ◇


「男弟王」= オトド = 大臣の君 という記述は、神代文字で書かれた古史古伝にあるが、記紀の完成後、各地に伝わる古史古伝は、勅(みことのり)によって、焚書されてしまった。


もしかしたら、焚書に会った古史古伝には、もっと意外なことが書かれていたのかもしれない。(^^



日本の言語学会は、漢字渡来以前に文字が存在しなかったとしているから、否定論に立つ学会の方針に逆らって研究する学者はいない。
また やまとことばの研究も進まない。

だから、上記の説はなかなか支持されない。(><;







[PR]
by hansaki460 | 2014-04-16 20:49 | 地方史から見た覇権の姿 | Comments(1)

「三種の神器」の話

放射性物質拡散予報図はこちらです
http://taikiosen.blogspot.jp/
 


三種の神器が神宮に勢ぞろいした。

今上天皇は昭和64年(1989)1月7日に宮殿松の間で「剣璽等承継の儀」にて、神器を継承した。
よって、翌1月8日から平成の世となった。

平成26年3月25日から28日、天皇、皇后両陛下が伊勢神宮を参拝された時に「剣璽ご動座(けんじごどうざ)」があった。

この瞬間、三種の神器が神宮に勢ぞろいした。

三種の神器(みくさのかむだから)とは、八咫鏡・八尺瓊勾玉・天叢雲剣(草薙剣)を指す。


     ◇


『古事記』では、天照大御神が天孫降臨の際に、瓊瓊杵尊に「八尺の勾玉(やさかのまがたま)、鏡、また草薙剣」を神代として授けたと記され、

『日本書紀』には、第一の一書に「天照大神、乃ち天津彦彦火瓊瓊杵尊に、八尺瓊の曲玉及び八咫鏡・草薙剣、三種の宝物を賜ふ」とある。


八尺瓊の曲玉 は、【璽】とも呼び、「日(陽)」を表す 八咫鏡 に対して「月(陰)」を表しているのではないかという説がある。
 皇居の勾玉は、古代のものが現存するとされる。
(源平の壇ノ浦の戦いで安徳天皇と共に入水水没した。曲玉はその際に箱ごと浮かび上がり、源氏に回収された)


八咫鏡 は、岩戸隠れの際、天照大神が岩戸を開けた時に使われた、石凝姥命が作ったという鏡で、のちに天照大神が瓊瓊杵尊に授けたといわれる。
 伊勢神宮の御神体とされるこの八咫鏡は 古来のものが現存するといわれる。


天叢雲剣 は、須佐之男命が出雲国で倒した 八岐大蛇の尾から出てきた太刀で、天叢雲と名付けられた。(書紀)
 熱田神宮に祀られる草薙剣は 古来のものが現存するとされる。


     ◇


さて、記紀以前の古伝書は『三種の神器』どう伝えているのか?



天照神の世に、各地で「ハタレ(人の道から外れたもの)」が蜂起したことがあった。
天照神はその征伐に請われて、山田郡に御幸した。

そしてついに手力男らが「ハタレのハルナ」を捕り縛り、天照神の前に額ずかせると、八英輦(ヤフサテグルマ)の帳(たれ)が静かに上がった。

この時、天照神は【八尺瓊勾玉】を身につけられ、瀬織津姫は【八呎鏡】を捧げ持ち、速秋津姫は【天叢雲剣】を携えていた。

皆 厳かに会釈されて御座にご着席になり、ハルナと対面した。

…とある。



それではそれぞれのもつ意味は何か?

【八尺瓊勾玉】には、次のような意味がある。
天照大神の統治原理を『調の押手=「調和と秩序をもたらす法」』といった。
この「ヲシテ」=押手(璽・証書)を【神璽】とし、やがてそてが【弥栄瓊の環珠(八尺瓊勾玉)】となった。

【八呎鏡】は、「マフツ(真経津)の八咫鏡」といい、【マフツの鏡】に「ハルナ」を映すと、ヌエアシモチ(穢霊)が映った。
いわば、「人の目には見えない内面の真実を映す鏡」「心を写す鏡」なのである。

【天叢雲剣】は、「八重垣(汚穢垣)の剣」である。
八重垣とは汚穢・仇を近寄らせないための、また民に罪を犯させないための幾重もの防御という意味であり、攻撃の為の剣ではなく防御・抑止の為の剣なのである。


すなわち三種の神器とは、天照大神の統治原理『調の押手=「調和と秩序をもたらす法」』を顕現するための神器なのである。


やがてこの三種の神器は、天照神から瓊瓊杵尊に三種宝が渡されたとき以来、儀礼的に八呎鏡は鏡臣に、八重垣の剣は剣臣に分けて渡されるようになった。

これは三権の分立 (現在のものとは異なる) を象徴し、独善を排して三権者の志を一つにさせるために、わざわざ分授するのである。
(三者の一致協力なしには何事も成就できないようにするため。)



またホツマツタヱにはこうもある。

天照神がこの世を去る時に、猿田彦に守るように命じた神宝は、
1,天地つ日月のサカホコキ。 
2,美しき鈴。
3,地生太刀。
(サルタはこの三神宝を八万年間 内宮で守り続け、ようやくやって来たヤマト姫に授けたと言う)


やがてこの三種の神器は、【神武】(橿原宮で即位の時)から、

1.しるしの御箱
  日の臣 (ミチヲミ) →神武→ 橿原の内宮(橿原宮) 

2.ヤタ鏡
  月の臣 (アタネ) →天種子命(神武の鏡臣)→蹈鞴五十鈴媛 →橿原の内宮

3.八重垣剣
  星の臣 (アメトミ) → 櫛御方命(神武の剣臣)→阿比良姫→橿原の内宮

  と、伝わった。



「本来、日本の国は神国である」という意味が、少しは垣間見えると思いますが、いかがでしょうか?






[PR]
by hansaki460 | 2014-04-05 11:17 | 歴 史 秘 話 | Comments(4)