信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg



e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 





ブログパーツ
以前の記事
2017年 01月
2016年 10月
2016年 08月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
同じ意見の方がいらっしゃ..
by のりあ at 20:58
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


<   2013年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

人は なぜブログを書くのか? 花は なぜ美しく咲くのか? ブログの有用性。

放射性物質拡散予報図はこちらです
http://taikiosen.blogspot.jp/

 
Wikipediaによると・・・
花が美しいのは、他の目を引くことを目的としているからである。とある。

それは生物の繁栄に書かせない生殖に、昆虫や鳥などの小動物を誘うために美しく魅力的なのだ。

花と呼ばれる生殖器官を持つ種子植物のうち、一部の果実被子植物は果実を実らせる。

果実は結果的に、他の生物を生かす。
すなわちそこには、共存する社会がある。
それは、調和のひとつの姿である。


しかし世の中は多様であり、違った価値観の生物らは相克する。

それぞれの個性を競い合い、種どうしの生存競争が熾烈だ。
だから、その現実には争いも生じ、結果悲しみもある。
しかしこれは、進歩のひとつの姿でもある。


進歩と調和は、人類の永遠のテーマだ・・・・。

     ◇

ハーヴァード大学の科学者たちが、MRIを用いて脳を調べた実験により、「なぜわたしたちは自分のことを話すのが好きなのか?」という研究結果を発表したという。
http://wired.jp/2013/08/23/talk-about-myself/

人は自分自身について語るときには、生理学的に快感を得られる。
その理由は、その行為が脳の快楽や満足に関係する脳の神経領域を活性化させるからだ。
しかもこれは、話しているのを聞く相手がいなくても機能するメカニズムなのだ。


・・・とても興味深い。

前記の「花が美しく咲く理由」は、生理学的に快感を得られるからかもしれない。(^^
e0171497_16402979.jpg
 
孤独は 山になく、街にある。
http://utukusinom.exblog.jp/17859409/
・・・という日記を書いたことがある。

孤独は山になく、街にある。
一人の人間にあるのでなく、大勢の人間の「間」にあるのである。

しかし・・・。

我々が 孤独を超えることができるのは その呼び掛けに応へる自己の表現活動においてのほかない。

古代哲学者・アウグスティヌスは、『植物(花)は人間から見られることを求めており、見られることがそれにとって救済である』といつたが、表現することは物を救ふことであり、物を救ふことによつて 自己を救ふことである。

かようにして、孤独は 最も深い愛に 根差している。
そこに 孤独の実在性がある。

・・・と云う内容だった。


アウグスティヌスの言葉を借りれば・・・

他の人が読んでくれることを期待しつつ、しかし日記を書き続けると云うことは、『日記は他人から見られることが、孤独にとって救済である』といえる。


しかしまた、ハーヴァードの科学者たちの研究結果をかりれば・・・

人は自分自身について語るとき、生理学的に快感を得られる。
だから、『ブログを書くことは、読んでくれる相手がいなくても、自分の脳の 快楽や満足に関係する神経領域を 活性化させる。』

ブログの有用性を 再認識した次第です。(^^
 

[PR]
by hansaki460 | 2013-08-28 16:42 | 一般 | Comments(4)

8月21日まで ソ連軍から北海道を守り抜いた 占守島の第91師団


ポツダム宣言受諾により太平洋戦争が停戦した後の 8月18日未明、日ソ中立条約を一方的に破棄したソ連軍が 占守島に上陸、日本軍守備隊と戦闘となった。

これを迎えうけ1945年8月18日~21日、千島列島東端の占守島で行われたソ連労農赤軍と大日本帝国陸軍との間の戦闘を【占守島(しゅむしゅとう)の戦い】という。


ソ連はヤルタ会談の秘密協定で米英から、千島列島をソ連に引き渡すという言質は得ていた。

しかし終戦3日前の8月12日、占守島に漁船で移動中の日本軍の独立臼砲部隊が、米艦隊に全滅させられ、88名の戦死者を出している。この地域に米軍が進出していたのだ。

つまり、日本固有領土の千島列島を、米英が簡単にソ連に引き渡すか疑問を持っていたソ連は、ヤルタ会談の秘密協定ではなく、自ら千島を占領しようとしたのだ。

ソ連はその後米国に対して北海道の分割統治の要求を行っている。
つまり 千島侵攻が成功していれば北海道まで侵攻しようとする意図があった。

8月15日
04:30 ソ連軍は作戦行動開始した。
12:00 日本玉音放送。ソ連軍乗船開始

8月16日
17:00 ソ連軍乗船完了

8月17日
02:00 ソ連軍出航

国端崎の監視所からは「海上にエンジン音聞ゆ」と急電がはいった。
(このとき日本軍守備隊第91師団は、すでに武装解除準備をすすめていた)

22:45頃 ソ連軍ロパトカ砲台から 占守島の日本軍守備隊に向けて 海峡越え砲撃が開始された。

8月18日
00:30頃 日本軍 射撃開始命令
01:10 ソ連軍先遣隊 竹田浜に殺到

第91師団は 国端崎の砲兵、竹田岬と小泊崎の速射砲・大隊砲が協力して反撃を開始。
そして 陸海軍航空機による決死の反撃を行うとともに、重砲によって 敵部隊への砲撃を行い、ソ連軍の指揮系統を 大混乱に陥らせた。

10:00ごろ ソ連軍の上陸軍主力が アルチューシェン大佐の独断により 対戦車隊攻撃。

15:00ごろ 男体山中腹周囲に ソ連兵が浸透。


激戦の中、第91師団の参謀長と世話役の大尉は、日魯漁業の 女子工員のことを気遣った。
島には 缶詰工場があり、従業員の中には 約 400人の 若い女子工員も混じっていたのだ。

「このままでは 女子行員たちは 必ずソ連軍に陵辱され被害者がでる。なんとしてもあの娘たちを北海道へ送り返さなければならない。 いまがチャンスだ」

二人はそう申し合わせると、すぐに部隊に命じた。

15:00 日魯漁業の女子従業員に 非常召集。
    柳岡参謀長から 内地への引き揚げ命令。

16:00 日魯漁業の女子従業員が 出航。

島にあった20数隻の漁船に 女子工員 約400名を分乗させ、ソ連航空機による爆撃が続く中、霧に覆われた港から北海道に向けて出港させた。

戦いは4日間続き、戦闘は激烈を極めた。
e0171497_1574955.jpg
占守島は、千島列島北東端の島。サンフランシスコ条約締結以来、領有権の帰属は未確定であるが、ロシアの実効支配下にある。 元禄御国絵図にある地名「しいもし」や鳥居龍蔵の記録にある「シュモチ」はこの島に当たるとされる。


日本軍は武装解除後 分散されたため、死傷者の正確な数をつかめなかったが、日本軍の死傷者約 600名、ソ連軍の死傷者約 3,000名という。
(ただし、ソ連側の数値によれば日本軍の死傷者1000名、ソ連軍の死傷者1567名)

第91師団は、敵ソ連軍を圧迫し 海岸付近に釘付けし、一歩も内陸に前進させず、あと一歩で ソ連上陸部隊を殲滅するところまで追い詰めた。


停戦交渉
第91師団司令部は 18日15時、軍使を派遣したが、ソ連軍に拘束され 両軍の連絡は確立されなかった。

翌19日朝、新たな軍使を派遣し 接触を確認した。
しかし 最高指揮官の出頭を要求し 交渉に応じず、師団参謀長や旅団長らが 3度目の軍使として送られた。

会談でソ連側は、停戦のみでなく 武装解除などを要求し、日本側軍使は最終的にこれに同意した。


占守島と幌筵島の日本軍を 武装解除したソ連軍は、27日までに 捨子古丹島までの日本軍を武装解除した。 日本軍の抵抗はなかった。

しかし、占守島にいた日本人約 25,000人は、武装解除後、上陸してきたソ連兵によって 民間人を含めて全員逮捕され、10月中旬に 目的地も告げられぬままソ連船に乗船させられ シベリアへ抑留された。

シベリアに到着した時、人数が 5000人に減っていたという話もあり、また途中で多くの日本人が殺され、シベリアに抑留された人々も、寒さと飢えと栄養失調のために、約1割が亡くなっている。

故 森繁久弥氏は 随筆集の中で、氏が同行見聞した 満州やソ連からの引き揚げ者の悲惨さを書いているが、胸がえぐられる思いがする。

私の両親や祖母姉らは、父が兵役で負傷した後に勤務した 軍属任務のために半島へ一家で赴任し、終戦で引き上げたが、よくその苦労を聞かされた・・・・。

[PR]
by hansaki460 | 2013-08-22 15:08 | 一般 | Comments(2)

夜はもう虫の声が・・・自然は正直だ。

放射性物質拡散予報図はこちらです
http://taikiosen.blogspot.jp/


伊那谷の朝の気温が、いつ頃からか 20℃前後になっている。

いつも盆が開けると決まって虫の声が聞こえてくるから、今年も間違いなく16日には虫の声が聞かれるはずだと思っていたら、はたして聞こえてきた。

夜八時頃まで26℃のドライに設定したままのクーラーの室内で、音楽を聴きながらnetをしていた。

風呂に入ろうと窓を開けたら、外気の方が涼しい・・・。(^^;

そして虫の声が・・・・。
しばし外へ出てその声を堪能した。

自然は正直だと、ほっとした。(^^


          ◇


中川村大草の「風の三郎神社」のことを、先日日記に書いた。

・やはり、伊那谷は「風の谷」だった!
http://utukusinom.exblog.jp/20762533/

送り盆をしたあと思い立って、中川村と、足を伸ばして大鹿村にある「元諏訪大明神」の「葦原神社」へ行ってきた。

「風の三郎神社」から少し下った村はずれに、外からはそれとすぐには気づかない喫茶店があった。

中に入ると、気のいい30歳前後の若い夫婦がコーヒーを入れてくれた。

早速に神社の話を始めたが、どうしても私の独演になってしまった。(^^;

それでも大きな収穫があり、満足して大鹿村へ向かった。


「葦原神社」の帰りに道の駅に寄って、大鹿村でとれる幻の大豆「中尾早生」で作る、一丁 500円の大鹿豆腐を買って帰ってきた。

豆腐工房塩の里
http://iimachi.net/ms/42/

それを肴に一杯やりながら虫の声を・・・。
いや、まだクーラーの効いてる部屋の中だった。
(^^;


・・・・・もう秋の気配がする伊那谷だ。
.

[PR]
by hansaki460 | 2013-08-17 09:48 | 一般 | Comments(2)