信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg


HP
まぼろしの
吾道之宮


e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 







google36ed5a3dddf221d0.html
ブログパーツ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
唐・新羅進駐軍の唐側代表..
by 旅人 at 04:53
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


<   2013年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

中国人が「支那」と呼ばれるのをいやがる理由

中国人が「支那」と呼ばれるのをいやがる理由


中華人民共和国の通称は、チャイナ(China)で、シナ(支那)と同じなのに、なぜ日本語の「支那」だけをいやがるのか?

この謎を解くには、竹内文献を紐解くとよく分かる。
なぜなら「支那」という意味は「枝の国」という意味なのだ。

         ◇

中国の史書から、いくつか拾ってみよう。

Ⅰ)『十八史略』巻一  太古
天皇氏、以木德王。歳起摂提。無為而化。兄弟十二人、各一万八千歳。
すなわち「天皇氏は太古の昔から 王である」と記されている。

Ⅱ)前漢代、袁康の『越絶書』には、「夫れ、越王勾践は、東僻と雖もなお、天皇の位に繋がる」すなわち、「東方僻地の(日本に近い)王は、天皇たり得る」とある。

Ⅲ)唐代の補筆された『史記』の冒頭に、「最初に天地のうちに現れた君主が、天皇である」と記されている。

Ⅳ)四世紀の道士 葛洪は 著書『枕中書』のうちで、扶桑大帝東王公は天皇なりとし、「扶桑大帝は東王公であり、元陽父と号し、碧中に住す。…上に太真宮有り、天皇と為り…云々」と、説いた。
すなわち「天皇は、大陸東方海上の島に住み、そこを治める日神なる君主神」ということである。 
(斎藤忠著「盗まれた日本建国の謎」を参考にしました。)


この『枕中書』の「…上に「太真宮」有り、天皇と為り…云々」とある「太真宮」については、日本の『竹内文献』では、[スメラミコトの称号は、日球の国のホドの神(天神)と、地球のミドの神(人祖)から生まれた 国萬造主(くによろずつくりぬし)が、上の位の神より「天神人祖初 神宮」で授かった]、とある。

すなわち、大陸では【太真宮】、竹内文献では【天神人祖初 神宮】と、双方に共通する「お宮があった」という認識が存在したのだ。


          ◇


そのうえで、「竹内文献」には、天地開闢以来存在した「スメラミコト」は、地球上の枝国(えだくに)を巡幸し、子らを各国に赴かせた、とある。

それによると、日本は祖国(おやくに)で、枝国が 十六国あったという。
その中の大陸へは、スメラミコトの子「盤支那弟清民王」が赴き、その地を 祖国「天津(あまつ)国」にちなんで、「天津」と称した。そこが現在の天津市だという。

そして子孫には、
A)「華唐古氏」~ 伏義氏・神農氏の系統と(これらは中国の神話の世界とされている)、
B)「支那華氏」~ 北京氏・南京氏・福建女氏・四川平氏ら系統がいる、とも記されている。

          ◇

つまるところ現代中国人には、東方には太古の昔から王である天皇氏が存在したという記憶があり、支那国はその「スメラミコト」のいる祖国(おやくに)の「枝国」だったという記憶も、また存在するのだ。

それゆえ、後の時代(古代)に大陸は、世界四大文明の国だった、というプライドを傷つけるものとして、「支那=枝の国」という名称を忌み嫌うのである。

しかしこれらの記憶は、厳然として永遠に残る。

上記の話を、大陸の教養人に話せば、皆 押し黙ってしまうだろう。

.
[PR]
by hansaki460 | 2013-02-23 07:16 | 歴 史 秘 話 | Comments(0)

「隕石をUFOが破壊した」説が浮上


「隕石をUFOが破壊した」説が浮上している(ロシア)


ロシア・チェリャビンスク州で15日の朝に隕石が落下し、1500人のけが人を出した事件で、上空での爆発の直前に、謎の光が斜め後方から隕石を貫通する動画がネット上に出ている。
e0171497_17402369.jpg
e0171497_17403525.jpg

この動画がフェイクでなければ、「謎の光」は未確認飛行物体かもしれない。
実際に、この考えを裏付ける情報がいくつかある。

ロシア連邦気象観測環境監督庁は隕石落下の前日夜に、チェリャビンスク地方の空で、「光るループ」が観測されたと発表している。

これに加えて、同庁は「爆発には強い化学的なにおいが伴った」と指摘し、「チェリャビンスクに落下したのはUFOである」との見解を示している。

          ◇

The Voice of Russia(ロシアの声)
チェリャビンスク近郊の隕石 UFOによって撃墜か【動画あり】


ロシアのブロガーたちは、ウラル上空における隕石落下の新たな映像を掲載している。

それによれば、何らかの物体が隕石を追跡しており、それを貫通した後に急速に離れていった様子が指摘されている。

これは視覚効果によるものでもなければ、モンタージュでもなく、隕石とUFOの衝突が隕石の空中爆発の原因となった可能性がある。

もしも隕石が地表に達していた場合、その被害はかなり甚大だったことが予想される。

専門家らは、隕石を「貫通した」のが何物であるのか調べている。

対空防衛システムおよび対ミサイル防衛システムのミサイルではなさそうだ。

UFOだろうか。
この問題を解く鍵となる新たな映像が見つかる可能性もある。


[PR]
by hansaki460 | 2013-02-20 17:42 | 一般 | Comments(0)

今日、2月11日は「建国記念の日」

.
今日、2月11日は「建国記念の日」

日本の国は建国以来 2,673年目を迎える。

西暦は、キリスト生誕を持って基準としているが、日本で言えば 神武天皇が国を開いたことを基準として、「皇紀2673年」となる。

          ◇

「中国4000年の歴史」と言うが、実際 中華人民共和国の歴史は 60年。

大陸では、漢民族・満州民族・モンゴル民族が、それぞれに興亡を繰り返し、だから実は『文化の連続性』は無い。
あったのは、前国家の影響だけなのだ。

栄華を極めた古代ローマ帝国ですら、永遠に続くものではなかったが、いまでは多くの国がその正統性を、ギリシャ~ロ-マに求める。

現在の大国アメリカでさえ200年余りの歴史。


過去200年の間、全世界に210カ国あった国家のうち60カ国(28%)以上が消滅しているという。

アジアでは、清、中華民国、満州国、内モンゴル、東トルキスタンなど。

ヨーロッパ系ではオーストリア=ハンガリー帝国、ロシア帝国、オスマン帝国、ソ連、東ドイツなど。

そのうち何と51カ国が近隣の国からの侵略によって消滅している。
これが世界の現実なのだ。


18世紀末にナポレオンに降伏したベネチアという国があった。

17世紀イタリアの北東部にあったベネチア共和国は、ヨーロッパでも最強と言われ、地中海の海上都市として栄えたが、国家の成熟と共に子供の数も減り、かつ軍事的にも衰退し、ついにベネチア共和国は 滅んでしまった。

国家が消滅した理由は、自国の歴史に誇りを失ったことと、夢を失ったからであると、識者は後世に指摘してる。

          ◇

日本の国は、神武天皇以来、現在の今上天皇まで、万世一系で貫かれ、一貫してその文化伝統が確実に伝承されて来た、世界に類のない国家である。

鎌倉時代の元寇や、幕末の西欧列強の植民地支配、日露戦争があり、先の大戦では、敗戦という歴史を経て、しかし経済大国にまで復興を遂げた。

私は素直に、国の弥栄(いやさか)を三唱する者である。

e0171497_9511867.jpg

  弥栄(いや~さか)!

       弥栄(いや~さか)!

            弥栄(いや~さか)!


 
[PR]
by hansaki460 | 2013-02-10 07:43 | 一般 | Comments(4)

尖閣問題 情報分析

尖閣問題 情報分析

中華人民共和国の共産党政府外務省が 「関連の報道で知った。(外務省としては)具体的な状況は把握していない」と、発表したのには事情があるようだ。
レーダー照射、軍の単独行動示唆 中国・外務省「状況把握せず」
http://www.47news.jp/CN/201302/

★尖閣問題について北京政府は、公明党代表山口氏が1月25日 習近平総書記と会談した時に、 「ずっと棚上げ」 の意向を示したようだ。

★だから今回、その棚上げの約束を破ったのは「人民解放軍」であり、しかし北京は 軍の行動を制御できていないと華春瑩副報道局長は一生懸命言い訳をしたのだった。

★そんな(棚上げの約束を破った)事情を背景に日本政府は事前に米・中に通報の上発表した。
(・・久々に強気に、少し頼もしくも見えた。^^)

★だから、華春瑩報道官は7日の定例会見で、東シナ海の公海上で中国海軍の艦船が海上自衛隊の護衛艦にレーダー照射したとする日本側の指摘について調査していると述べた。

・・・どうも そんなところのようです。


ここから解るのは「一触即発」の危険性がよりでてきたことだ。
廬講橋事件の謀略を 彷彿とさせる。

方や、北京が自制を求めても暴走を続ける北朝鮮は、ロケット発射実験、核実験の準備に怠りない。

これで 鳩山訪中、山口公明党代表の訪中と習近平への首相親書手渡しなどの、日本側の 屈辱的な涙ぐましい努力(^^;)も、海の藻屑と消え、日中関係は新しい危険段階となったようだ。


   
        応援クリック にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ ありがとうございます!
.


[PR]
by hansaki460 | 2013-02-07 08:27 | 一般 | Comments(3)