信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg



e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 





ブログパーツ
以前の記事
2017年 01月
2016年 10月
2016年 08月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
同じ意見の方がいらっしゃ..
by のりあ at 20:58
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


<   2013年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

市長が教育委員会に「介入」した瞬間

.
市長が教育委員会に「介入」した瞬間
大阪の教育行政現場で起きていること


大阪の 桜宮高校 問題は、橋下市長の 教育委員会に「介入」したことで、新しい局面に入った。

私は、『橋下市長の「介入」は好ましい』と言う立場です。


さて、本来 知事や市町村長と教育委員会との関係は、大変 分かりにくい仕組みになっている。

そもそも知事や市町村長は 選挙で選ばれ任期がある。
当然 首長は、その思想や政策・思想・主張に基づいて行政を行う。
これは、民主主義の基本である。

そのなかで 教育委員会は、教育の内容や人事が首長の思想や政策に振り回されないよう、また、首長の任期期間による影響も ないように、教育基本法などの 諸法令に基づいて、首長から「独立」して教育行政を行う立場だ。

しかし、今回事態は 変わってきた。
『橋下市長の教育委員会に「介入」したことで、新しい局面に入った』のだ。


橋下市長は、出席した教育委員会議で 会議冒頭に、着席し 意見を述べたという。
これは 前代未聞の出来事であり、プレッシャーを露骨にかけたのだった。

結果、教育委員会議で「体育科」としての募集を止め、「普通科」として募集するものの、受験科目と定員は そのままで、カリキュラムは 体育を優先したものとする、ということになった。

橋下市長が「教育内容」と「人事」に介入した瞬間だ。
知事や市町村長、いわゆる首長と教育委員会との関係性が 崩れた瞬間だ。


何故 それが出来たか?

橋下市長が教育委員会に「介入」するために使ったのは、予算の執行権。

今回 橋下市長は「入試に関係する支出」、すなわち、入学試験の問題や 解答用紙の印刷費や 当日試験監督する人の報償費などの執行を 止めていたと推定される。

これは禁じ手だが、予算の 編成権も 執行権も首長にあるから 違法ではない。
いわば、緊急避難にあたるかもしれない。

橋下市長は、法律家として すべてを承知の上で行動したのだ。


教育行政に身を置く人達にとっては、とうてい容認できないことだと思うが、納税者の立場から言えば(もちろん私は)、橋下市長の行動は支持できる。

教育は 憲法に定められた国民の義務であり、日本全国どこにいても等しく教育を受けられるという 大義名分の上にある。

しかし 納税者の権利の枠から離れ、教育が「日教組」という特定イデオロギーの教師達に蹂躙されてきた時期に その教師達から教育を受けた 実体験から言えば、拍手ものである。


・・・・今後の推移に、目が離せない。
[PR]
by hansaki460 | 2013-01-31 10:10 | 一般 | Comments(4)

高見盛、NHKで解説者デビュー! 子供の個性との付き合いかた

.
高見盛、NHKで解説者デビュー!
子供の個性との付き合いかた。


「孫に、テストはどうだった?と聞いたら、『うん、良かったよ!』・・・って言ったんだ。」
「そう、嬉しいね」

「だがね、嫁がそれを聞いてて 子供を叱ったんだ。『あんた、何いってんの! 55点の何処がいいのよ!』・・・ってね。」


昨日、近くのガストでモーニングを取りながら聞いた、常連さんの愚痴話だ。
私は、「その子、大物だね!」と、相づちを打った。


よほどの秀才は別だが、大人になっての仕事は ほとんどの場合『性格』がする。
会社をクビになる理由の3分の1は能力不足だが、3分の2は人間関係だという。

だが、いわゆるマニュアル通りの人生を、無難に過ごして貰いたいと親が望む場合は、(そんな世の中は無いのだが・・)子供に激しくなる傾向がある。
だから、人と違うと叱るし、世間は中傷する。

しかしである、奇人変人でも実績を上げれば皆黙る。^^
それが世の中というものだ。

だから親は、子供が「人と違うと中傷される」ときに、じっと耐えられる『勇気』を 身につけさせる責任がある!

そうすれば、個性豊かな、自立した子が育つ。


引退を表明した十両の高見盛も やはり変人の部類だった。^^
だから、相撲協会は彼にいつも批判的だった。
しかしファンは味方した。

NHKも・・・・
引退いきなり!元高見盛、NHKで解説者デビュー 異例の対応
http://sankei.jp.msn.com/sports/
e0171497_10515378.jpg

奇人変人でも実績を上げれば 皆 尊敬するのである。


私の子共がまだ幼稚園児の頃、あるコンサートに連れて行った。
彼は、コンサートの幕間にステージに上っていって、ピアノを叩き始めた。
一応私も人並みに叱ったが、内心はほくそ笑んでた。^^


筑波の万博のとき、彼は一人迷った。
さんざん探し回ったら、初めての知らない会場で、一人で、悪びれる様子もなく、ゲームをして遊んでいた。
紛れもなく、奇人変人の部類だった。

でも今は、・・・・。^^;
[PR]
by hansaki460 | 2013-01-30 10:50 | 一般 | Comments(0)

「福島原発事故による人体への影響はない!」と国連科学委員会が結論

.
「福島原発事故による人体への影響はない!」と国連科学委員会が結論


昨年12月に国連科学委員会で
「100ミリシーベルト以下の放射線の被曝は大した問題ではない」
「福島第一原発の事故による健康被害はない」

という報告書が発表された。

このことについて取り上げた、11日付Forbes.comの記事を紹介したい。

記事の概要は以下の通り。

国連科学委員会(UNSCEAR)は、福島の原発事故による識別可能な人体への影響はなかったと結論づけている。
現在、表土や落ち葉の除去に費やされている膨大な無駄な資金は、深刻な汚染状況にある福島原発付近の除染に集中投資すべきだ。
日本政府は真剣に原発再稼働の準備を始めるべき。
100ミリシーベルト以下の被曝にも健康影響があると誤って仮定したことによる経済的・心理的負担は、ただでさえストレスが溜まっていた日本国民には著しく害が大きかった。今後もその仮定を続けるならば、それは犯罪行為になる。

また、この記事に続き、Forbes.comは20日にも、
「Fear Of Radiation-It's All In The Noise(放射線の恐怖―要するにそれはノイズ)」
の記事で、以下の事実を紹介した。

日本の原爆被爆者のうち生存者について、被曝線量と発がん者数の関係をグラフにしたものがある。
e0171497_7472132.jpg
これによると、100ミリシーベルト以上の被曝の場合は被曝線量に比例して発がん者数が多くなるが、100ミリシーベルト以下では関係性がみられない。
放射線の影響は、環境要因や遺伝子など、死をもたらしうる他の要因に埋もれて消えてしまう。

ヒラリー・クリントン氏は国務長官時代の4年間を通し、飛行機に乗っていたことで通常よりも17.4ミリシーベルト多い放射線を浴びた。
これは大したことのないことであり、誰も気にしていなかった。
放射線よりも、長距離移動による肉体的なストレスの方が彼女の健康に悪影響だっただろう。

福島県の人体への被害がこれだけ小さいということは、日本ではほとんど報道されていない。逆に放射能被害を過大に報道し、日本全体に「原発アレルギー」をまき散らしたマスコミ報道はいかがなものか。

日本のマスコミは今からでも大々的に「人体に被害はない」という国連科学委員会の報告書を日本全国民に報道すべきだとおもう。
[PR]
by hansaki460 | 2013-01-28 07:48 | Comments(4)

[竹内文書を読む-06]スメラミコトが「天皇」と表現された経緯

[竹内文書を読む-06]
スメラミコトが「天皇」と表現された経緯


「竹内文書」によると、スメラミコト(天皇)の称号は、日球の国のホドの神(天神)と、地球のミドの神(人祖:くにつかみ)から生まれた 国萬造主(くによろずつくりぬし)が、上の位の神より授かった、とある。

その称号を授かった場所を、『天神人祖 初 神宮(あまつかみ くにつかみおや はじめ たましい たまや)』といい、中国の四世紀の史書【枕中書】では、『扶桑大帝は 東王公であり、碧中に住す。・・上に 『太真宮』有り、天皇と為り・・云々』、すなわち『太真宮』と説いた。

だから『太真宮』が【竹内文書】に書かれている『天神人祖 初 神宮』ではないか? と推定される。

扶桑大帝の「扶桑」とは、最古の地理書『山海経(せんがいきょう)』にあり、古代中国人の伝説的地理認識を示すものだ。(山海経は今から3000年以上前に成立したとされる)

しかしこれもまた、竹内文書とともに「奇書」扱いされてきたが、列島でも大陸でも「扶桑国の大帝」の認識は、古来 同じであったのである。


本題からそれたが、スメラミコトとは、

スメル【統める・総める・治める】ミコト【(上言)・御言・命】

であり、【命・尊】は、神々の御子に付けられたから、皇族や高臣にその名が残る。

「みかと(帝・御門)」や、尊び祝う言葉=かみのと(神祝詞)「み(御・上・敬・斎)」+「こと(言)」も同じだ。

だから、「スメラミコトとは、『尊』らを統率する君主」という意味が有ったのではないかと推察するのである。

古代文字で書かれていた「やまとことば」は やがて、漢字(万葉仮名)に書き換えられ、

→音読→訓読→音読~好字化~文語体~口語体~+外来語→、

これらを経て、現代語となってきた。(このことから、古代を探る場合、読み方には十分に注意する必要がある。)


ただ、日本の古代文字について語らなければ、これらの説明は十分条件を満たさない。
ぜひ、古代文字便覧なども参考にして頂きたい。

古代文字便覧

大御食神社(Wikipedia)
 

【今日の結論】

大陸の知識人の中には、古来から『天皇』という漢字が存在し、それが列島(扶桑国)のスメラミトのことであるとの認識があった。

列島では、神々の御子には「ミコト:尊・命」が付けられた。

スメラミコトとは『尊』ら世界を統率する君主、という認識のもと、七世紀後半、天武天皇の頃、「天皇」号が使われるようになった。


(つづく)
[PR]
by hansaki460 | 2013-01-23 20:15 | 竹内文献 | Comments(0)

[竹内文書を読む-05]「スメラミコト(天皇)家」の出自について

[竹内文書を読む-05]
「スメラミコト(天皇)家」の出自について


日本国憲法 第1条は、天皇の地位に関して、国民の総意に基づく と記されているが、では 天皇の根拠は 那辺にあるのか?

戦後の 憲法学会における議論をリードした憲法学者、芦部信嬉氏は、こう言っている。(氏の生家は同じ町内^^)

・・・明治憲法においては、天皇の地位は 天照大神の意志、つまり 神勅に基づくとされた。
だから 結局、日本国憲法では、天皇の地位は「日本国民の総意に基づく」ものであり、しかし「天皇制の根拠は、神々の子孫であるということ以外にない。」のである。

国会に於いても、
「・・旧憲法下における天皇は、いわゆる神勅にさかのぼるわけでございます。・・」
・・・・などと議論された。

天皇が存在する根拠は、先史以来、記紀の記述に基づく、歴史的事実以外に ないのである。


     ◇


さてその上で、では 天皇家の出自を 記紀以前の史書では どう扱ってきたか?

始めに大陸における見解を見てみよう。

斎藤忠氏の「盗まれた日本建国の謎」から一部 要約し、引用させて頂く。

(要約引用はじめ)

前漢代、袁康の「越絶書」には、『夫れ、越王勾践は、東僻と雖もなお、天皇の位に繋がる』
すなわち、「東方僻地の王は、天皇たり得る」という認識が存在する。

このことは、唐代の補筆された『史記』の冒頭には、「一説には、三皇は、天皇、地皇、神皇・・・。天地初めて立つ、天皇氏あり・・・。」とあり、これは「最初に天地のうちに現れた君主が、天皇である」と記されている認識と同じである。

また、四世紀の道士 葛洪は 著書『枕中書』のうちで、扶桑大帝東王公は天皇なり とし、『扶桑大帝は 東王公であり、元陽父と号し、碧中に住す。・・上に 太真宮有り、天皇と為り・・云々』と、説いた。

すなわち、「天皇は、大陸東方海上の島に住み、そこを治める日神なる 君主神」ということである。

(要約引用ここまで)

上記は 斎藤忠氏の記す、大陸古代の認識であった。


では、列島では どのような記述があったかというと、「竹内文書」にこうある。

・・・日球の国より ホドの神天降り、地球より ミドの神 降り、相和する神・・自ら祭主となりて、此のときより 初めてスメラミコト(天皇)と、上の代の神より、詔(みことのり)して定む。
と記されている。

すなわち、天神 と 人祖(くにつかみ)から生まれた 国 萬(よろず)造り主は、『天神人祖 初 神宮(あまつかみ くにつかみおや はじめ たましい たまや)(太真宮?)』を勧請し、自ら祭主となり、スメラミコト(天皇)の称号を授かり、「国萬(よろず)造り主スメラミコト(天皇)」となった』とある。


【今日の結論】

列島に 日球から天降った神より生まれた「国 萬(よろず)造り主」は、スメラミコト(天皇)の称号を賜った という記述がある。

一方 大陸では、「天皇は、大陸 東方海上の島に住み、そこを治める 日神なる 君主神」という認識があった。

だから 東方の 僻地に住む 越王 勾践(在位紀元前496年 - 紀元前494年)は、天皇の位に繋がる人である、との認識があった。

★ すなわち、古代の列島や 大陸の人たちには、日本には 天皇がいたということを、古代から既に 認識していた。
[PR]
by hansaki460 | 2013-01-23 09:45 | 竹内文献 | Comments(0)

[竹内文書を読む-04]天地創造・天界の秘密について、日本の旧約聖書「竹内文書」

.
[竹内文書を読む-04]
天地創造・天界の秘密について、日本の旧約聖書[竹内文書]



カバラ】と云うユダヤ教の思想がある。

それはアブラハムが、いと高き神の祭司「メルキゼデク」から伝授された天界の秘密だという。

『カバラ』では、この世界が創られた過程を、創造神の「エイン・ソフ(無限光)」から 10段階に渡って「セフィラ(神の徳性)」が流出し、そのときどきに それぞれの神の属性が反映されて出来あがったとする。

これを、「生命の樹」として著している。

10の神の属性とは、以下の通りである。

e0171497_18315418.jpg


e0171497_12101313.jpg

さて、旧約聖書には天地創造の話が書かれているが、日本の【竹内文献】にも天地創造の話が書かれている。

これは、竹内文献の冒頭の部分である。

天地開びゃく前の「おおね(大根)元、そうみからだ(総身体)、大たましい(魂)の たま神(霊神)」、「地球くにつ(人)神人」の「おや(祖)の神」は、始めて ひだま(日球)の国より、『ホドの神』天降り、・・云々・・

・・・ とある。


注目すべきは、「『ホドの神』が天降り」 である。

日本の神々の中に、『ホドの神』という名を聞かない。

だが、前述の「生命の樹」にあるセフィラを、創造神から分かれた神々が地球に降りられた過程と考えると、その中の、(8)「ホドの神」がそれにあたる。


すなわち、天界の創造神「エイン・ソフ(無限光)」から分かれた神々の 一人であるところの「ホドの神」が、この日本に天降り、「スメラミコト」と 定められたと、書かれているのである。


『ホドの神』のことを指摘した人は未だ いないようですが、少し神学や古代史を囓った方なら、糸が解れてくるかもしれない。

なお「竹内文献」が、古代文字から漢字に書き改めたおりに、「ホドの神」を男神、「ミドの神」を女神としているが、「オミ(男女)二神あい合わすところ云々」ともあることから、より上位神であるところの ホドの神・ミドの神の名称には、特別な意味があると考える。


竹内文献の中には、世界中の話が一見荒唐無稽に書かれているが、実は根本的にユダヤのそれと同一のものだと云うことが推測されるのである。
[PR]
by hansaki460 | 2013-01-20 12:15 | 竹内文献 | Comments(1)

[竹内文書を読む-03]風の名称 語源

[竹内文書を読む-03]
風の名称 語源


東風吹かば にほひおこせよ梅の花 あるじなしとて 春な忘れそ

 その昔、菅原道真は、東風を「コチ」と呼んだ。


やまとことばで【こち】は、表すもの。放つもの。言葉。
・・・である。

変態:「こと(言)」「かせ(風)」「こっち(此方)」
・・・でもある。



昨日に続き、「竹内文献」の、大和朝より以前にあったとされる『不合朝』三代の項に記されている 風の名称 について。(覚え)


  風名云う。

  コゼ  … 東風を云う、
  イコゼ … 東南の間の風、 
  マゼ  … 南風を云う、
  ヤマゼ … 南西間の風、
  ナゼ  … 西風を、
  アナゼ … 西北間の風を、 
  ヨゼ  … 北風を、
  コヨゼ … 北東間の風を云う。

  とある。


 
[PR]
by hansaki460 | 2013-01-07 18:04 | 竹内文献 | Comments(2)

[竹内文書を読む-02]暦月の名称を考える

[竹内文書を読む-02]
暦月の名称を考える



暦の「月」は、月の満ち欠けで認識できます。

そしてこよみは古来、時の権力者によって定められてきました。


近年の日本では・・・

明治政府は、明治5年11月9日の太政官布告337号によって、明治5年12月2日(1872年12月31日)の翌日から太陽暦(グレゴリオ暦)を採用し、明治6年(1873年)1月1日とした。
よって、明治5年は12月3日から12月30日までの28日間が存在しない。

太陽暦への移行は、国民の生活に深く根付いていることから、なかなか変更はできなかった。
そんなことから、おもしろい逸話が残っている。


新政府の役人の給与は、年棒制から月給制にしたばかりだった。
そして、明治6年は旧暦ではちょうど閏年で、1年が 13ヶ月だった。
だから翌年は1回余分な月給を払わないといけない。

しかし、「改暦」して太陽暦にすれば「閏月」は無くなり、12ヶ月で済む。
苦しい財政の新政府にはいい話だった。


     ◇


今日のテーマは、暦月の名称と古史古伝についてですが・・・


ローマ暦に由来する暦の月名は、下記の通り、

    ロムルス・ヌマ暦     英 語
 1月 Januarius  ヤーヌス   January (Jan.)
 2月 Februarius  フェブルウス  February (Feb.)
 3月 Martius   マルス    March (Mar.)
 4月 Aprilis    アプリリス   April (Apr.)
 5月 Maius    マイア     May
 6月 Junius   ユーノー    June (Jun.)

これらはみんな神々の名前から来ている。


では、日本の暦月の名称はというと・・・、

古史古伝の『竹内文献』によると、下記のようになる。

  月 【竹内文献】  和風月名(現代)

  1月  むつひ月   睦月  むつき
  2月  けさり月   如月  きさらぎ
  3月  いやよ月   弥生  やよい
  4月  うべこ月   卯月  うづき
  5月  さなへ月   皐月  さつき
  6月  みなつ月   水無月 みなづき
  7月  はやれ月   文月  ふみづき
  8月  なよな月   葉月  はづき
  9月  ふくみ月   長月  ながつき
 10月  かなめ月   神無月 かんなづき
 11月  じぶる月   霜月  しもつき
 12月  しはつ月   師走  しわす

この名称は、大和朝より以前にあったとされる「不合(ふあえず)朝」の三代スメラミコトの時の記述に書かれている。

     ◇

伊那谷の地名でも、古代文字で書かれた古記録に因る地名が現代に伝わっているし、西洋では前述の通り、こよみは神々の名が付けられている。


今日もまた、「古史古伝は、決して偽書ではない」ということを言いたいのです。^^

.
[PR]
by hansaki460 | 2013-01-02 10:41 | 歴 史 秘 話 | Comments(0)

[竹内文書を読む-01]二人の天照大神

e0171497_2138979.jpg
 白蛇は幸運をもたらす

たたき上げの大工から、そこそこ大きい建設会社を作り上げた友人は、「蛇が家の中に飛び込んでくる夢を何回も見た」と、よく話していました。(^^)

     ・・・・・良い年でありますように!


          ◇           ◇


[竹内文書を読む-01]
二人の天照大神

新年にちなみ、天照大神について記したいと思います。


天照大神は、日本の主宰神として伊勢に奉られ、宮中には皇祖神として賢所に奉られる。

賢所(宮中三殿)は、明治時代初期に再興され行政機関の筆頭に置かれたところの「神祇官」が、附属の神殿とともに創建し天照大神を奉った。

古代の律令制で設置された「神祇官」は、仏教勢力の台頭により十世紀以降絶えたが、明治政府により復興した。
しかし再び、平安以来の仏教勢力の巻き返しがあり、「神祇官」は神祇省へ降格され、間を置かず廃止された。

これらのことは「日本とは?」と問ううえで、非常に重要な観点である。


さて、前置きはこのくらいにして、二人の天照大神について・・・。

正史とされる記紀のうち、古事記は「天地が初めて分かれた時、高天原に成り出でた神の名は天之御中主神。」、
日本書紀は「天地が生まれる初め・・・天地の中に一つの物が生じた。・・それは神となった。名を国常立尊と言う。」
・・とある。

一方、古史古伝には「竹内文献」「先代旧事本紀」「ホツマツタヱ」などがあるが、竹内文献には天地創造の歴史が書いてある。(このことは別稿で・・。)

その「竹内文献」には、
・天神御系譜(神代七代)
・神皇御系譜(皇統二十五代)
・鵜草葺不合天皇御系譜(不合(あえず)朝七十二代)
・神倭(かむやまと)朝(神武天皇~現在の総称)
が書かれている。

その中の
・神皇御系譜(皇統二十五代)には、
  4 代 天之御中主神身光天皇
 22代 天疎日向津比売身光天津日嗣天日天皇 (アマテラス)
が記されている。

すなわち記紀には記されていない、神代・上代・不合朝の数十代(数百年)の時代があり、だから記紀の記述より数十代(数百年)前に、天照大神はいたという。

この方が、伊勢に奉られている天照大神で、はじめの天照大神様なのだ。

私は「竹内文献」を概ね事実であろうと思っている。


では、二人目の天照大神とは誰なのだろうか?
「ホツマツタヱ」にはアマテル(天照神)と言う男神がいる。

日の神、大御神、アメノミヲヤ、イセの神 (妹背の神) ともいい、幼名をウヒルギ (大日霊貴)、斎名をワカヒトといった。

アマテルに大日霊貴(おおひるめむち)の字を宛てたために女神とされ、だから天照大神男神説はここからでている。

先の 皇統 22代の 天照大神は偉大な女神であり、その記憶は永く語り継がれ、やはり偉人であった後の 大日霊貴(おおひるめむち)と同一視された。


七世紀に起きた『壬申の乱』は、天皇の座を巡り 雌雄を決する戦いだった。
勝者の天武天皇は、天照大神ー神武天皇の後継者として、その正統性を記すために記紀を作成し、伊勢の神宮を重用した。
(壬申の乱は、後の南北朝の争いの元ともなった。)


その時、二人の天照大神は、一人とされた。
それが、七世紀における覇権の正統性を編集するのには都合が良かったのだ。

なぜなら、不合朝の七十二代を認めれば、壬申の乱で天武が仕上げをし、持統が藤原氏と簒奪した神倭朝(大和朝)に、新たな火種を残すことになるからであった。

すなわち、天照大神ー神武天皇の後継者として名乗り出る者は、いくらでも居たであろう。
そうすれば、戦いは いつまでも絶えなかったに ちがいない。

古史古伝や古代文字の焚書は そのための政策であった。
記紀の紀年を調べると、大きな矛盾が生まれてくるのも、覇権の正統性を巡る政策の 結果であった。

(字数が少なく、ちんぷんかんぷんの処があるかもしれませんが、だんだん深く掘り下げていく予定です。)
.
[PR]
by hansaki460 | 2013-01-01 00:00 | 竹内文献 | Comments(6)