信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg


HP
まぼろしの
吾道之宮


e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 







google36ed5a3dddf221d0.html
ブログパーツ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
唐・新羅進駐軍の唐側代表..
by 旅人 at 04:53
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


<   2012年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「アヒル草文字のフォント」


余話
私が 一年前に制作した、日本の古代文字「アヒル草文字のフォント」が先日、ひとつ売れた。
もう忘れていたので、びっくりした。
なぜびっくりしたか?というと、私のHPからコピーしても、あまり 解像度は 変わらないからである。
しかし、本当に売れたのだ。

そこで、さっそくそのページに、二匹目のどじょうを狙って、宣伝文句を掲載した。^^
・新フォント 【 阿比留草文字史郎体A 】
http://homepage3.nifty.com/ut..

どなたが購入してくれたのかは、わからない。
そこで、売れた理由を 推理してみた。
e0171497_06413882.png

その昔 ソロモン王は ユダヤの神 ヤハウェから、世界の王のしるしとなる 宝の品々を授かった、という伝説がユダヤに伝わる。
そのソロモン王の宝は、三千年前、エルサレムの神殿から持ち去られ、行方不明となっている。

そして、「インド、ネパール、パキスタンなどでの 調査の結果、ソロモンの宝(=太古日本の カラ族の秘宝)が どこにあるのか探しあてた」・・・という話が、ネットに出ていた。^^


ユダヤの ヘブライ語と 日本語が 似ていることは 有名な話だ。
それをふまえて、こんな話がある。

「ロスチャイルド家が 探しているのは、ソロモンの宝であり、その 秘密が 日本の古代文字の アヒル草文字で 解読できるのではないか というらしい。」

そして こんなことまで書いてある。

「ロスチャイルド家の當主 エドモンドが、なぜ 日本の神代文字に興味を示すのか 解せなかった。
然し、ロスチャイルド家の人間が 神代文字の資料を集めている事は、別のルートの情報からも 明らかだつた。
聞くところによれば、私が彼女と会う何年か前、東京・原宿にあるコンピュータ・ソフトのメーカーがアヒルクサ文字のソフトを凡そ二千本つくったと云う。
私白身は 其のソフトの實物を見た事はない。が、其れらは 歐米に輸出されて、一つ殘らず 賣れてしまつた と云うのだ。
日本では、ぼとんど 誰も買ふはずのない 其のようなソフトを メーカーが製作した事自体 とても信じられない事だが、其れをまた 歐米の研究者が ただちに贖入したと云うのも 奇妙な話である。」

・ロスチャイルドが 異常に関心を寄せた「アヒルクサ文字」
http://ameblo.jp/stageup-gate/entry-11191168367.ht..

そのうえで、アヒル草文字のソフトを 買い占めた理由を、こう述べている。

「アメリカを中心に卷き起こってゐる 猛烈な 古代文字 解讀ブームの最中に、此のブームを演出している 國際ユダヤのプロデューサーが 日本の古代文字 ― 神代文字に注目して 發注したものに違ひない、」

しかし、これでは ロマンがない。^^;

そこで私は、こんな仮説をたて、ひとり悦に入っている次第です。(爆笑)

「ソロモンの秘宝の在りかを記した 何かは、おそらく 日本の古代文字・アヒル草文字で解読できる と踏んで、ソフトを買い占め、私のフォントも 購入したのではないか?」・・・と。

この方が、謎めいて とてもロマンがあるからである。^^

[PR]
by hansaki460 | 2012-10-18 12:11 | 神代文字 | Comments(1)

【放射性物質拡散予想図】

.
放射性物質拡散予想図



震災復興支援放射能対策研究所が、ひらた中央病院の内部被曝検査結果を公表しました。非常に良くまとまっているので、是非一度ご覧ください。

朝日新聞の医療サイト「アピタル」より
http://www.asahi.com/health/hamadori/TKY201210120205.html

7月以来の報告になります。
2012年4月1日から、7月31日までに内部被曝検査を受診した8,200人(うち15歳以下が4,979人)が対象です。

全体として検出限界未満の方は、8,127名(99.11%)、有限値を検出したのは73名(0.89%)でした。
セシウム137を検出した71名のうち、男性が88%、40歳以上が約80%でした。
男性が多く、高齢の方が多い状況は変わりません。
e0171497_17274782.jpg

注目すべきポイントは以下の2点だと思います。

1つ目は、検出値が二極化してきているということです。
ほとんどの人が検出しなくなってきています。
以前、10~30Bq/kgあたりで検出されていた方が、排泄によって検出限界以下になってきている印象です。
これは、今現在の日常生活での慢性被曝が極端に抑えられているからこそ、このような値が実現しています。

それに対して、一部でかなり高めの値の方が散見されるようになってきています。
20Bq/kg以上の方は4名(男性3名、女性1名。4名とも60才以上)で、一組の夫婦と2名の男性でした。
そのうち3名が50Bq/kg以上でした。

今回の検査で50Bq/kg以上は3名ですが、その全員が自宅で現在の食品基準値を大幅に超える汚染食品を継続的に摂取していることが分かっています。
シイタケで14万Bq/kgだったり、イノシシで約900Bq/kgだったり、詳細については、このブログの第22回、第25回、第31回でも紹介させていただいています。

上記の様に値が完全に二極化してきています。

ー 以下略 ー

[PR]
by hansaki460 | 2012-10-15 11:00 | Comments(0)

【放射性物質拡散予想図】

.
放射性物質拡散予想図


原発、爪痕なお深く 福島第1を公開 (日経:10月13日)
e0171497_47643.jpg
(がれき除去作業が進む4号機の原子炉建屋)

東京電力は12日、福島第1原子力発電所を報道陣に公開した。
事故から約1年7カ月たち、4号機付近を中心にがれきはかなり撤去され整然と作業が進んでいる。
多量の放射性物質を出したとされる2号機や鉄骨がむき出しの3号機の建屋は、ほぼ事故時のまま。
放射線のため屋外に長時間はとどまれず、廃炉へ向けた作業の道のりは遠いことを改めて印象づけた。

今回のルートで、放射線量が最も高かったのは4号機タービン建屋の海側。
毎時約1000マイクロシーベルトで、過去と比べあまり下がっていない。
この付近は津波で運ばれてきたとみられる車がひっくり返っているなど、がれきや残骸が放置されていた。
e0171497_493920.jpg
(4号機の南側にある集中廃棄物処理施設)
e0171497_410322.jpg
(4号機のタービン建屋の海側では、押しつぶされたタンクがそのまま。この付近では毎時約1000マイクロシーベルトを計測した)

初めて公開した1、2号機の山側は壊れかけた建物など障害物が多い。
昨年8月には1、2号機主排気筒の地面近くにある配管の表面で毎時10シーベルトを計測。
1時間浴びると命の危険がある高さだ。
バスは十数メートルまで近づいたが、線量はそれほど上がらなかった。
「場所が少しずれるだけで線量は大きく変化する」(東電担当者)という。



   
        応援クリック にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ ありがとうございます!


[PR]
by hansaki460 | 2012-10-13 17:46 | Comments(0)

【放射性物質拡散予想図】

.
放射性物質拡散予想図


原発、爪痕なお深く 福島第1を公開 (日経:10月13日)
e0171497_47643.jpg
(がれき除去作業が進む4号機の原子炉建屋)

東京電力は12日、福島第1原子力発電所を報道陣に公開した。
事故から約1年7カ月たち、4号機付近を中心にがれきはかなり撤去され整然と作業が進んでいる。
多量の放射性物質を出したとされる2号機や鉄骨がむき出しの3号機の建屋は、ほぼ事故時のまま。
放射線のため屋外に長時間はとどまれず、廃炉へ向けた作業の道のりは遠いことを改めて印象づけた。

今回のルートで、放射線量が最も高かったのは4号機タービン建屋の海側。
毎時約1000マイクロシーベルトで、過去と比べあまり下がっていない。
この付近は津波で運ばれてきたとみられる車がひっくり返っているなど、がれきや残骸が放置されていた。
e0171497_493920.jpg
(4号機の南側にある集中廃棄物処理施設)
e0171497_410322.jpg
(4号機のタービン建屋の海側では、押しつぶされたタンクがそのまま。この付近では毎時約1000マイクロシーベルトを計測した)

初めて公開した1、2号機の山側は壊れかけた建物など障害物が多い。
昨年8月には1、2号機主排気筒の地面近くにある配管の表面で毎時10シーベルトを計測。
1時間浴びると命の危険がある高さだ。
バスは十数メートルまで近づいたが、線量はそれほど上がらなかった。
「場所が少しずれるだけで線量は大きく変化する」(東電担当者)という。



   
        応援クリック にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ ありがとうございます!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

10月12日(金)
e0171497_1243530.jpg
e0171497_12431666.jpg
e0171497_14524578.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
[PR]
by hansaki460 | 2012-10-12 11:15 | Comments(1)