信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg


HP
まぼろしの
吾道之宮


e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 





ブログパーツ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 01月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
唐・新羅進駐軍の唐側代表..
by 旅人 at 04:53
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


<   2010年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

正確な 一万年前の『ピリ・レイスの地図』

正確な 一万年前の
 『ピリ・レイスの地図』



日本に古代文字は無かった、というのが学者たちの常識です。
でも 科学の常識は間違えます。なぜなら 99.9%は仮説だから。
(私は古代文字の存在を証明したくて調べています。^^ )


1513年に描かれたピリ・レイスの地図は、オスマン帝国の海軍軍人ピリ・レイスが作成した現存する2つの世界地図だ。
e0171497_7515089.jpg

回教暦919年(西暦1513年)ヌハーレムの月の日付けと、また回教暦934年(西暦1528年)の日付けがあり、ピリ・イブン・ハジ・メメッドの署名がある。


南極大陸が発見されたのは、約190年前の1818年。
だが、500年前の大航海時代、すでに南極大陸が載っているこの地図を手に、トルコの海賊たちは活躍していた。

コンスタンチノープルで作成されたこの地図には、アフリカの西海岸、南アメリカの東海岸、南極大陸の北海岸が描かれていたのだ。

しかも、彼は地図に「これはコピー」と書き残している。
それは、この地図の制作にあたって、約2,000年前の「マッパ・ムンディス」と呼ばれるアレキサンダー大王の時代の「人間が住むあらゆる世界が示された地図」を参考にしたとも書き残しているのだ。

この地図は、アフリカ・カモシカの皮に記された断片二枚で、もっと大きな地図の一部かもしれない。

 
この、ピリ・レイスの地図には二つの大きな謎がある。

一つは、南極の海岸線を描いている。
南極は、厚さ数千メートルという厚い氷に覆われており、現在では海岸線は見えない。

ちなみに地質学から見ると、南極大陸に氷が無い時代は、紀元前1万3000年から紀元前4000年の間(現在からは1万5000年前~6000年前の間)となる。
だからこの地図を描いた時代は、一万年も昔であった、・・かも。


二つめ謎は、宇宙から地球を見たのと同じ「見え方」の地図なのだ。

この地図が発見されたのは1929年のことだが、しばらくトルコ国立博物館の奥で眠り続けた。

三十年近く後にようやく、アメリカの古地図研究家アーリントン・マラリーが、米海軍水路部の協力を得て綿密に調べると、第二時大戦中に、アメリカ空軍が作成した正距方位図法という、新しい作図法による軍用地図の特徴によく似ていることがわかったのだった。

すなわち、メルカトール図法ではなくて、地球儀を離れて見るのと同じなのだ。

東海大学情報技術研究所によると高度約26,000km上空から撮影された衛星写真と一致する事が分かった。
e0171497_7521813.jpg
北極を中心とした正距方位図法で見た地図 赤く囲まれた場所が地図に書かれている場所。

ちなみにスペースシャトルは高度300kmを飛行する。
その8倍以上の高度から眺めた地球の姿をどうやって???、謎である
さらに地図には、現在の地図でも見れない南アメリカ最南端から東に突き出た長い直線状の陸地が、衛星写真が捉えた浅瀬の海底地形と正確に一致している事もわかった。

という事は、ピリ・レイスの地図の原図が現在よりも海面が低い時代に描かれたということだ。


一万数千年前の時代は、定説では人類は原始的な生活をしており、最古の文明といわれているシュメールよりさらに一万年も前だ。

文明の無い、超古代に、スペースシャトルの8倍以上の高さから見た地形を、どうやって描いたのだろうか?


素直に事実だけを考えると、やはり宇宙人が・・・・・。^^
[PR]
by hansaki460 | 2010-11-30 07:52 | 歴 史 秘 話 | Comments(1)

海を渡った縄文人 三つの事実

海を渡った縄文人 三つの事実


 日本に、古代文字は 無かった、というのが 学者たちの常識です。
 でも、科学の常識は 間違えます。
 なぜなら、99.9%は、仮説だからです。
 ( 私は、古代文字の存在を 証明したくて、調べています。^^ )


(1)

1961年に地元のアマチュア研究家 日高祥氏により発見され、県の史跡に指定されている『跡江貝塚遺跡』は、1万2000年前から7000年前(約6300年前の喜界島大噴火まで続いた土器文明)の物とされている。

この遺跡からは、なんと24種類もの文様の土器が発見されている。

ここには、愛媛県上黒岩遺跡から発見された物と同様の通称女神石と呼ばれる線刻石も発見されており、この女神石もバルディビア遺跡で発見され、縄文とのつながりを示す物とされている。

エクアドルのバルディビア土器とは、米国スミソニアン協会のエバンス博士夫妻により縄文土器とそっくりの文様を持つ土器様式として、1965年に発表されたものである。

博士らはバルディビア土器文明が唐突に始まっている事から、日本の縄文人が土器文化を携えて太平洋を渡り移住してきたのだと主張している。

さらに、太平洋の孤島バヌアツや南米エクアドルからは次々と縄文土器と思われるものが発見されている。

中でもバヌアツで発見された土器は青森で製作された正真正銘の縄文土器である事が確認されている。



(2)

中国の歴史書「随書倭国伝」の中の倭人の風俗に、「文字は無く、ただ木を刻み縄を結ぶだけ」と記録されている。

一般的に縄文字(結縄文字)と言うと南米のインカ帝国で用いられていた、キープと呼ばれる紐に結び目を付けて情報を伝達する手段の事をさす。

インカ帝国には、普通の文字は無くこのキープが文字代わりに使用されてきた。 キープは、主に物品の種類やその数を記録するのに用いられ、納税などの際には必要不可欠のものであった。

ところが、このキープと同じ物が日本の沖縄でも戦前まで実際に使用されていた。

沖縄の縄文字は、藁算と呼ばれワラザン、バラサン、ワラザイなど多くの読み方があるが、ワラで編んだ縄、又はワラその物に結び目を付けて情報を記録した物である。



(3)

愛知県ガンセンターの多島氏によると、アンデスで発見された、1500年ほど前の物と思われるミイラ2体のDNAサンプルを検査した結果、これらのミイラが成人T細胞白血病に関連する稀少なウイルスに感染している事がわかったという。

このウイルスは、現在おもに、南西日本とチリの一部の地域でのみ見つかるウイルスだという。

この研究が発表された「Nature Medicine」によると、ウイルスに感染した古モンゴロイドが、1万年以上前に南米に進出したのではないかとされている。

e0171497_1155996.jpg

沖縄の漁師は、戦前まで海流に乗って、ハワイの先まで漁に行っていたと聞いたことがある。

日本人は昔から海と共に暮らしていたのだ。
[PR]
by hansaki460 | 2010-11-29 11:07 | 歴 史 秘 話 | Comments(1)

宗教画に描かれた UFO の絵画

宗教画に描かれた UFO の絵画



中世の宗教画には、多くのUFOが描かれている。

その数はおびただしい。

その中の二点を紹介します。


『 磔刑 』
e0171497_10275193.jpg

セルビアから独立したコソボにある、1327~1335年に建設された、セルビア正教会 Visoki Decani(南側聖歌隊)修道院の、祭壇の上にある、14 世紀に描かれた『はりつけ』です。

1350年に描かれたこの絵ばかりでなく宇宙船は、多くの宗教画に描かれている。
それらはまるで、他の UFO から追跡しているかのように見えるし、また何故か、UFO を見ている 小さな男までも 探して描いている。

http://www.youtube.com/watch?v=IwKyB6lNuyQ


・・・・・・・・・・・・・・・

「聖母と聖ジョバンニーノ」
e0171497_10282912.jpg

イタリア フィレンツエ ヴェッキオ宮殿  フィリッポ・リッヒ(1406-69)作


フィレンツェのシニョリーア広場にヴェッキオ宮殿が威風堂々と建っている。

その美術館にある、「聖母と聖ジョバンニーノ」

マリア様を中央に、赤い布をまとって十字架を肩にしょっているのは幼い洗礼者ジョバンニ(ヨハネ)、ジョバンニに抱えられているのが幼いキリスト。

マリア様の右側の背景になにやら楕円形の光る物体(UFO?)が浮いています!
その物体を羊飼いが手を額にかざして見上げています。

この絵は1400年代にフィリッポ・リッピ派の画家によって描かれたものとされています。(ちなみにフィリッポ・リッピは「春」や「ヴィーナスの誕生」を描いたボッティチェッリの師匠です)

当時の絵は、商人、銀行家、貴族、教会から発注されましたから、画家が好きなように余計なものを描けなかった時代ですから、おそらく、発注者がUFOを見た体験を残したものだろうという説があるようです。
[PR]
by hansaki460 | 2010-11-28 10:30 | 歴 史 秘 話 | Comments(1)

叙情詩『マハーバーラタ』,空から眺めた戦争の様子が・ 古代の姿 ④

  叙情詩 『マハーバーラタ』
     空から眺めた 戦争の様子が



 日本に、古代文字は無かった、というのが 学者たちの常識です。
 でも、科学の常識は間違えます。 なぜなら、99.9%は、仮説だからです。
 ( 私は、古代文字の存在を証明したくて、調べています。^^ )


『マハーバーラタ』 は、古代インドの叙事詩で、全十八巻、十万詩節、二十万行を超える 世界最大の叙事詩である。
e0171497_1859138.jpg
                              『マハーバーラタ』 を描いた 彫刻

超古代文明の痕跡が書かれているこの叙情詩は、前10世紀頃に 北インドのクルクシェートラでおきたバラタ族の親族間の争いを主題として、吟遊詩人によって伝えられるうちに、多くの民間説話が取り込まれて増広され、4世紀頃に現在の形が成立した。

全18編 のうち、第1編の「初編」から始まるこの詩は、第18編「昇天編」まであるが、第5編から第10編 までは 戦争の姿が書かれている。
そこにはまるで、宇宙船に乗って、空から地上の戦争を眺めているシーン、地上で核戦争をしているシーンが 出てきます。

例えば、それらしき部分を引用してみると、

  彼はその言葉に烈火の如く怒り、戦車の上で丁寧に口をすぎ、煙のない 炎のような輝きに
  満ちたアグネーヤ(火矢) を マントラとともに発射した。

  無数の矢は空を覆い炎に包まれ アルジュナの頭上に落下した。 
  ラークシャサ、ピシャーチャたちは 大声で騒ぎ立ち、不吉な風が巻き起こり、太陽は光を
  失った。

  カラスの群れはいたるところで啼き騒ぎ、雲は雷鳴を轟かせ血の雨を降らせた。

  鳥も獣も聖者たちも心安まらず、天地は波立ち太陽は逆の方位に向かった。

  アグネーヤの力に恐れおののいた象やその他の生物は 突然駆け出し、必至にその下から
  逃げ出そうとする。

  外界の水は熱せられ、水棲動物は熱に灼かれ暴れ回る。
  一面の空から落下するアグネーヤ(火矢)に灼き焦がされた 将兵は、炎に包まれた樹木
  さながらに燃え上がり 次々に倒れていった。
  象も馬も戦車も山火事に遭った樹々のように燃え、悲鳴を上げてのた打つ。
  それはまさに ユガ(世界の時間) の終わりに一切を焼き尽くすサンヴァルタカの火のようで
  あった。

e0171497_18553079.jpg
                                  『チャタル・ヒュユク』 の 上空写真。 ・・・google earth

これは、原爆が広島に投下された直後の様子に酷似している。
こうした、『古代の核戦争』 と呼ばれた超古代戦争はいくつも起こっていると考えられている。

現地人が近付かないといわれるアナトリア高原の一角にある 古代遺跡 『チャタル・ヒュユク』 は、B.C.7200 に存在した現状最古の都市。
そこは非常な高熱によって ガラス化されたつぼの破片やレンガの破片があった。
この熱は火山活動ではない事は証明されている。

このように、まるで宇宙船に乗って、核戦争をしているのを見ていた人達の記述が、叙情詩になっているようだ。
[PR]
by hansaki460 | 2010-11-27 19:02 | 歴 史 秘 話 | Comments(0)

旧約聖書の原典(?) 『ギルガメシュ叙事詩』

旧約聖書の原典(?) 『ギルガメシュ叙事詩』


  日本に、古代文字は 無かった、というのが 学者たちの常識です。
  でも、科学の常識は 間違えます。なぜなら、99.9%は、仮説だからです。
  ( 私は、古代文字の存在を 証明したくて、調べています。^^ )


紀元前8000年頃、チグリス・ユーフラテスに囲まれた”肥沃な三日月地帯”で人々は、牧畜と農耕を主体とした生活をするようになった。

そして、紀元前5500年頃には、小規模の農業をもつ組織化された最古の文化『ウバイド文化』が起こった。

次にウルク期(BC3500 - 3100)が起き、都市文明が始まった。
この都市文明の担い手が、シュメル人だった。

やがてウルク文化期の後期には、支配階級や専門職人や商人が現れ、紀元前3200年頃に世界最古の文字ウルク古拙文字が生まれ、やがて紀元前2500年頃、楔形文字に完全な文字体系になった。

その頃書かれた粘土板が、19世紀になってアッシリア遺跡から発見された。
その粘土板をジョージ・スミスが解読し、1872年には『聖書』と対比される大洪水の部分を見つけ、大変有名になった。

始めは神話と見なされていたが、研究を進める中で「ギルガメシュ」と読めることを発見し、それがアッシリアのギルガメシュであることが分かった。


それが、楔形文字で書かれた、『ギルガメシュ叙事詩』なのだ。
e0171497_8394754.jpg
内容は、
ウルクの王『ギルガメシュ』は、ウルク王ルガルバンダと女神リマト・ニンスンの間に生まれ、3分の2が神で3分の1が人間だった。

そして、ギルガメシュは暴君であったために、神はギルガメシュに試練を与えさまざまな冒険を繰り広げる。

冒険の最後に、神が起こした大洪水から箱舟を作って逃げることで永遠の命を手に入れた『ウトナピシュティム』に会う。

そこには、大洪水に関する長い説話が書かれてある。

  六日七夜、大洪水と暴風が大地を拭った。
  七日目、暴風と大洪水は戦いを終わらせた。大洋は静まり、
  悪風(イムフラ)は治まり、洪水は退いた。
  光が地上に射した。
  ・・略・・
  方舟はニムシュ(あるいはニツィル、ニシル)の山に漂着し、止まった。
  七日目になって、私は鳩を放した。鳩は飛んでいったが、戻ってきた。
  休み場所が見当たらなかったのだ。
  私は燕を放した。燕は飛んでいったが、戻ってきた。休み場所が見当たらなかったのだ。
  私は烏を放した。烏は飛んでゆき、水が退いたのを見てついばみ、身繕いし、
  引き返してこなかった。
  そこですべての鳥を四方に放ち、山の頂を前にして供儀をささげた。
  その芳香を嗅ぎ、神々が集まった。

これは、旧約聖書と全く同じである。


また最近では、

  『3分の2 が神で 3分の1 が 人間だった。』

と言うところは、宇宙人が、遺伝子操作で地球に会う人類を移植したという説もある。
[PR]
by hansaki460 | 2010-11-26 08:41 | 歴 史 秘 話 | Comments(0)

解読不能の書 ヴォイニッチ手稿

解読不能の書 ヴォイニッチ手稿


日本に、古代文字は 無かった、というのが 学者たちの常識です。
でも、科学の常識は 間違えます。 なぜなら、99.9%は、仮説だからです。
( 私は、古代文字の存在を 証明したくて、調べています。^^ )



『ヴォイニッチ手稿』とは、14世紀から16世紀頃に作成されたと考えられている「世界で最も不可解な書」と言われ、暗号とおぼしき未知の文字(ヴォイニッチ文字)で記され、未知の植物や妖精、天文学図形などの彩色挿し絵が付いた230ページほどの古文書だ。
e0171497_17332589.jpg

挿絵を見る限りこの書物は、おそらく自然科学(とりわけイラストは空想と未知の植物についてが多い)について書かれた本であると推測でき、更に細かく以下のセクションに分かれているという。

1 . 天文学(占星術のシンボル挿絵入り)
2 . 生物学(幾つかの疑似解剖図と人体図のドローイング入り)
3 . 宇宙学(難解な幾何学図形入り)
4 . 薬学 (瓶と植物の部分挿絵入り)
5 . レシピ(ほとんど簡単な文章のみ)

しかし、未だに解読できていない。(宇宙人の書か?^^)

e0171497_17323865.jpg


このヴォイニッチ手稿は1912年、ローマに近い寺院で、アメリカの古書収集家ウィルフリード・ヴォイニッチ氏によって見つけられた。

ヴォイニッチ氏は直感的にその手稿の持つ潜在的価値に魅せられ、すぐにそれを買い取り、本国へと持ち帰った。

その後の研究で、中世の錬金術師か、植物学者が書き上げたものと推測したが、その文字群は一切の解読を拒否た。

またしかし、いくつかの手がかりも見つかった。
例えば挿絵に描かれた人物の様子は、おそらくは西暦1470年から1500年の間に作られたものであること、また共に発見された書簡から、かつてローマ帝国の皇帝、ルドルフ二世(1576〜1612)が所有していたことが明らかになったという。
[PR]
by hansaki460 | 2010-11-25 17:33 | 歴 史 秘 話 | Comments(0)

11月25日は、「憂国忌」 三島由紀夫 没後40周年

  11月25日は、「憂国忌」
        三島由紀夫 没後40周年



30年ほど前に、私の部下にS君がいた。
彼は、東部方面総監部の市ヶ谷駐屯地に、真っ先に駆けつけた機動隊員だった。
だから、何回か生々しい話を聞いた。

その後田舎へ帰った彼は、しばらく私の下で働いた後、教師に転じた。
三島事件は、彼にとっても転機であった らしい。


三島由紀夫は 昭和45年(1970)11月25日、バルコニーから檄文を撒き、憲法改正のため、自衛隊の決起(クーデター)を呼びかけた後に、割腹自殺をした。 45歳だった。

三島は、自衛隊を 違憲だとし、政府の「解釈改憲」を批判した。
その理由を、憲法 第9条は「敗戦国日本の 戦勝国への詫証文」であると断じたのだった。

改憲には、「第九条 第一項の規定は、世界各国の憲法に必要条項として挿入されるべき」なのに、日本国憲法だけがそれを謳うのは「不公平不調和」であり、「敗戦憲法の特質を永久に免かれぬことにならう」と批判し、一項の削除だけでなく、第9条すべての削除を主張した。

また第9条のみならず、第1章「天皇」の問題と、第20条に関する神道の問題と関連させて考えなければ、日本は独立国としての体面を回復できず、アメリカの思う壺にはまるだけであると警告したのだった。

今となれば、早すぎた青年だった。
e0171497_1624318.jpg

あの時自衛隊は、なぜ三島に対して自ら収集できなかったのか?

もし、同駐屯地に配属されていた第三二連隊の柔剣士らを直ぐ突入させていれば、三島を 死なすことはなかった。
その用意に要する時間はたった10分だったという。

しかし、事態の収拾に警察機動隊を導入した幕僚副長たちの判断の結果で、後に自衛隊は 警察から軽蔑されるようになったという。

投降し連行されて外に出てきた楯の会隊員に、自衛官たちは殴り掛かかり、機動隊員が庇ったというから、当時の自衛隊員の士気とモラルは、機動隊員のそれをはるかに下回っていた。

もし、自衛隊が自らの力で三島たちをねじ伏せていたら、隊員の士気は高まっただろうし、三島は自らもそれを狙っていたのに違いない。

しかしあの日、自衛隊は警察に鎮圧を委ねたことで軍隊となることを永久に放棄してしまった。
つまりあの日、自衛隊は自ら命脈を絶ったのです。

私は、憂国の士、三島由紀夫の早すぎた死を悼む。
[PR]
by hansaki460 | 2010-11-23 16:24 | Comments(0)

日本の米作は 明るいのだ!

日本の米作は 明るいのだ!


政府は、11月9日に包括的経済連携に関する基本方針を閣議決定した。
それに先だって国家戦略室が、包括的経済連携に関する資料を発表した。

その中で、農林水産省はTPP「環太平洋パートナーシップ協定」に参加すると、食料自給率は40%から14%に低下するという試算を公表した。

しかし、この試算は意図的に影響額を多くした作為的なものだ。

生産額の減少のうちの半分の2兆円が米についての影響としている
すなわち、安い海外の米が輸入されコメ作は壊滅するとしているのだ。

しかし、下図の通り、中国から輸入した米の価格は10年前の60キログラム当たり3000円から直近の2009年では1万5百円へと3.5倍にも上昇している。
一方で国産の米価格は1万4千円くらい、最近では1万3千円に低下しており、日中間の米価は接近している。内外価格差は1.4倍以下なのである。
e0171497_1641442.jpg
また、カロリーベースの自給率は、穀物や油脂の比重が非常に高い。
総カロリー 2,436kcalのうち、米が23% 小麦が13%を占める。

カロリーベースの自給率が40%から14%に低下するという農水省の主張は、国産米が1割しか残らないとの数字を作り、それを基に組み立てられており、妥当な数字ではない。

自給率は、比較的 低カロリーであ る野菜や くだものなどの生産等が 反映されておらず、カロリーベースの自給率を 重視すべきでは ない。

自給率は、比較的低カロリーである野菜やくだものなどの生産等が反映されていないカロリーベースの自給率を重視すべきではない。

そのうえ、農水省の試算が大いに問題なのは、この数字が一人歩きして、一般農家に将来を悲観させて、やる気を失わせてしまっていることなのだ。

また政府自ら多くの一般国民に、日本の米作りが極めて競争力の低い産業であると認識させてしまっているのだ。

価格差が4倍ならば、大変なことだと感じてしまうが、しかし実際は3~4割の差と分かれば、生産の効率化と流通努力、直販への取り組みや、品質の高さなど、努力次第では、コメ作の将来は明るいと分かる。

小売業や 軽工業、その他 米作りを除くすべての産業は、すでに世界の荒波を被っている。 
しかしその中でも、多くの商工産業は 生き延びている。
まやかしの数字の中へ逃げ隠れることは、根本的解決にはならない。

我々は、政府民主党のみならず、官僚と、農協・全農の古い体質にも注意が必要だ!
[PR]
by hansaki460 | 2010-11-22 13:41 | Comments(0)

いま、バナナが安い。


いま、バナナが安い
 

5本で 100円 を切っている。

バナナは、便秘を 解消し、大腸がんなどの病気を予防します。

安い理由は、イランの核開発に対して各国が経済制裁をしたので、対抗措置としてバナナが禁輸された。 ( 主に、フィリピン産 )

その 中東向けだった商品が 日本へ流入して 在庫が増え、価格が下がってきた。

前にも書きましたが、私は 朝 必ずバナナを食べていますが、ここのところ 安いので、1日 3本くらい 食べるように なりました。 ^^

バナナの カロリーは、バナナ 100g 当たり 51 カロリー(kcal) です。
1本 150~200g 程度のばらつきがありますが、1本 80kcal を目安にしています。
e0171497_9111814.jpg

『摂取カロリー・消費カロリー大辞典』によりますと、

バナナの中の糖質は、ブドウ糖・果糖・ショ糖・でんぷんなど多様なのでエネルギーが長時間持続できます。

バナナには、ビタミンB1や B2、ナイアシンなどの ビタミンB群が豊富に含まれている。

またバナナに含まれる カリウムの含有量は 果物の中でもトップクラスで、血中のナトリウム(塩分)を排泄する働きがあり、カリウムを十分に摂ると血圧を下げる効果が期待できます。

さらにバナナには、マグネシウムや 食物繊維も 他のフルーツに比べ豊富に含まれており、食物繊維は 便秘を解消し、大腸がんなどの病気を予防します。

低カロリーで ビタミン、ミネラル、食物繊維 たっぷり、抗がん作用もある優れたエネルギー源であるバナナを、毎日の食生活に取り入れましょう!^^
[PR]
by hansaki460 | 2010-11-19 09:12 | Comments(0)

5 × 3 =15 は 間違い。 答 15 こ は 正解???

5×3=5は間違い。 答15こは正解???


 ↓ こんなやり取りがありました。

・・・・・

138 名無しさん必死だな :2010/11/10(水) 12:43:58
クソッ…(´;ω;`)
  
   さらが 5まい あります。
   一さらに りんごが 3こずつ のって います。
   りんごは ぜんぶで 何こあるでしょう。

   しき  5×3=15 ← ×(間違い)
   こたえ  15こ   ← O (正解)
 
e0171497_7594246.jpg

147 どいひーだな

149 まあそうだよね

151 式の×は正しいと思うんだが

162 理解はしてるんだからいいジャンと思うのだが

172 おしいなw

173 そういえば掛け算にはそんなルールがあったな

183 せめて△にしてあげるべきだよな

191 これじゃいかんのかぇ?

196 倒置法だというのに!

   ◇

・・・・ある方のブログより・・・・

なぜ 3×5 で正答で、5×3 が 小2のテストでは 誤答なのか?

「 皿が 5皿ある。1つのお皿に3つずつりんごが載っている。全部でいくつか。」
という問いに対して、5×3と式を立てるのは誤りか?
正しい。誤りとするのが、誤り。
-略-

3x5=5x3問題、乗算の可換性は実は無関係であることは、分数を見ればわかる。2/3は「さんぶんのに」と日本語、英語ではtwo thirds (or two over three)。非可換な除算すらこう。
すなわちどちらを先に書くかというのは人間の都合であって数学の都合ではない。

ましてや日本語は「教師が生徒に教える」とも「生徒に教師が教える」とも言える言語である。「教える」という言葉は非可換だが、にも関わらずこうして文法的に全く破綻なく語順を入れ替えられるのである。

次に、実例。

高校の物理では、PV = nRTという公式を習うはずだ。
これは見事に「(かけられる数)×(かける数)」という「原則」を破っている。
「単位x個数」というのであれば、なぜnが最初にくるのだろう?。これ、実は「定数を先に書く」という数学の「定石」からも外れているが、外れているのは E = mc2 も同様だ。なぜnRTになったのか、私には知る由もないが、とにかく私はRTnではなくRnTでもなくnRTと四半世紀後の今も覚えている。あまり使う機会がないのが残念だが。

しかし私が言っておきたいのは、そんな自転車置き場の議論じゃない。

「3x5≠5x3」のダメなところ、それは何より、それが教える側の都合の一方的な押しつけになっていることだ。
あたかも「教える」の非可換性は絶対であるかの主張である。

こういう教え方を繰り返すとどうなるか?

ほとんどの子は、自ら正解を探すのではなく、教師に答えを求めるようになる。
それは教師に答え合わせしてもらわないと安心できないところまで続く。

ごく稀にそれには満足できず「ぐれる」子が出るが、学年に一人いるかいないかといったところだろう。私自身がそうだったのでよくわかる。今もこの比率はさほど崩れてはいないはずだ。いや、むしろ減っているかも。「教えたがる親」も増えている実感は確かにあるので。我が家も片方はそうだったが、今では両方ともそうだという確率は上がっているやも知れぬ。

これこそが、失業率が上がったのに人材不足も上がるというパラドックスの真因ではないか?

雇用者、いや顧客が求めているのは、まだ誰も答えを知らない問題を解く人材なのだから。

一社会人として、「そんなの教わってません」という答えを聞く程情けないことはない。まだ「バカなのでわかりませんごめんなさい」と言われた方が優しい気持ちになれる。

弾言しとこう。

「そんなの教わってません」で済むんなら大人はいらんのだよ、若いの。



私には、大変本質的な問題があるように 思えます。
ですから、ブログの方の意見を、支持します。^^


[PR]
by hansaki460 | 2010-11-17 08:01 | 歴 史 秘 話 | Comments(1)