信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg


HP
まぼろしの
吾道之宮


e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 





ブログパーツ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 01月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
唐・新羅進駐軍の唐側代表..
by 旅人 at 04:53
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


<   2010年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

仮説・青銅器で伝わった古代文字

仮説・青銅器で伝わった古代文字

中国の正史の 第一に 数えられる、漢代(BC 91年頃)の歴史書『 史記 』 のなかで、
「 BC 284年、中国北東部にある 燕 の将軍・楽毅 が 斉を攻め、都から 宝物を奪った 」
との記述が あります。
e0171497_1847523.jpg

日本の 弥生時代前期末から 中期始めのもの とされる 日本の 青銅器は、
中国最古の王朝 と される 商 ( 殷・BC 17~11 世紀 )に 多く見られる 青銅器と、
鉛同位体比(含まれる同位体の比率割合)が 一致する という。

この種の青銅は、その後(BC 8世紀以後)中国では 使われていない。
e0171497_18485151.jpg

さてそこで、中国の 秦 の時代(BC3世紀頃)の 徐福が、これらの 青銅器と、
そこに書かれた文字 を 伝えたという仮説 は、かなり 信憑性が 出てきます。^^

この時代の話は、宮城谷昌光氏が、数多く書かれています。
私は、大のファンです。^^

古代文字便覧
http://homepage3.nifty.com/utukusinomori/binnrann/binran1-aiueo.html
[PR]
by hansaki460 | 2010-06-30 18:54 | 古代文字便覧 | Comments(0)

大和朝廷に 征伐された クモ(土蜘蛛)と エビ(蝦夷) ①

大和朝廷に 征伐された
    クモ(土蜘蛛)と エビ(蝦夷) ①


西暦280年頃に 編纂された 中国の正史 『 三国志 』 中の 「 魏書 」 に

  女王国(邪馬台国) の 海を渡った東に、倭種の国・『 侏儒(しゅじゅ)国 』 があり、
  その人たちの身長は 3~4尺だ。

とあります。

現存する 日本最古の書物 「 古事記 」 には、長脛彦(ナガスネヒコ) が、大和で 神武天皇と戦った話が 出てきます。
そして、神武天皇が、大和盆地に入る直前の 忍坂(奈良県桜井市忍阪)で 尾が生えた土雲(土蜘蛛:つちぐも)を 討った と 書かれています。

日本書紀 では、神武天皇 即位 前紀に、

  高尾張 邑(たかをはりの むら) に、土蜘蛛(つちぐも) 有り。
  其の 為人(ひととなり)、身短くして 手足長し。
  侏儒 と 相類へり。
  皇軍(みいくさ)、葛(かづら)の 網を結ひて 掩襲(おそ)ひ 殺す。
  因りて 号(な)を改め 其の邑を 葛城(かづらき)と 曰ふ。

すなわち、高尾張村に 土蜘蛛がいて、皇軍が 滅ぼした。
と 書いてあります。

ただし、これが書かれたのは 千年後のことですが ・・・・ 。

紀元前 7世紀、統一国家を目指し始めた頃、列島には 多様な部族が居て 多様な文化があったに違いない。
その頃から、いや それ以前から 列島には、大陸の 北や南、また遠く 南方から 多様な人たちが 渡ってきていた。
国家の形成の過程で、帰順しない部族を、クモ や エビといった 虫 にたとえて、国を 統一していきました。

私はその過程で、一部の地方に 古代文字が残っていったのだと 思います。


古代文字便覧
http://homepage3.nifty.com/utukusinomori/newpage1.html

e0171497_19373937.jpg
写真は、14世紀頃に書かれた 『 土蜘蛛草紙 』 の 一部
[PR]
by hansaki460 | 2010-06-26 19:24 | Comments(0)

「ハーバード白熱教室」 が面白い。 日本の行ってきたことは、究極のリベラリズムだ。^^

日曜 午後6時からの、
  NHK教育「ハーバード 白熱教室」が面白い。

http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/tv/tnews/20..
刺激を受けて、以前、『 国家に 美徳は いらない ? 』 という 日記を書いた。
何を言いたいか というと、
国家は、多様な文化を 尊重するべきか? せざるべきか?
という事です。

本来、多様な文化を 尊重するべき とするのが、リベラル(自由主義)の原点にあるのですが、今の リベラルを掲げている、日教組や ジェンダーフリーを主張する勢力に 見られるように、多様な文化を否定し、一定の思想に統一したい という主張に見える。

しかし、日本は 中世の時代から、藩政を敷いてきた。
すなわち、多様な文化が 栄えてきたのだ。
明治以降は、特に戦後は その伝統は 企業文化として 花が咲き、日本の発展の力となった。

台湾の 少数民族の文化を守ったのは 日本の統治の結果だし、朝鮮のハングル文字を、国家的に普及させたのも 日本の統治の結果だ。
これは、日本の 中世以来の、多様な文化を良し とする国柄が、そうさせたのであり、これこそがリベラル、すなわち 自由主義の原点 なのだ!

この、文化の多様性を 悪 として、リベラルを任じているのが、今の革新勢力だと 私には思えてならない。

日本人が寄付する時の 寄付先は NPO法人ではなく、圧倒的多数が 「地方自治体」 に向けられていることに、外人や文化人などは 批判をしている。

でもそれには、日本の中での 多様な文化を育んできた、数百年以上の 民衆の知恵が 息づいていて、NPO法人の活動以前から そうした考え方が あるからでは ないだろうか?
そう思えてならない。

すなわち、日本の過去に行ってきたことは、究極のリベラリズムなのだ。

堅い話になってしまいました。^^;
e0171497_7144480.jpg

[PR]
by hansaki460 | 2010-06-19 07:19 | Comments(0)

アルプスの青いケシ 標高1500m へ行ってきました。


アルプスの青いケシ
     標高1500m へ行ってきました。


南アルプスの 中腹、標高1500mの 大鹿村の高原で、青いケシの花を 見ることができます。
梅雨の合間に 行ってきました。
e0171497_19334983.jpg

◎ Meconopsis grandis Prain   メコノプシス・グランディス
 本属中もっとも大きな径10cmあまりの花を咲かせ、ベトニキフォリア同様多年生で栽培が容易なため本種も園芸用によく栽培される。
 主産地はヒマラヤで、中国には産しないのでヒマラヤの青いケシの名は M. betonicifolia よりもむしろ本種にふさわしい。
 地域や個体による変異が大きく、それらの要素により花色も薄い紫から深い青までと、様々に変化する。                                 ・・・・・ ウィキペディア より
透き通るような 青で、
『 ヒマラヤだけかと 思っていましたが、日本でも 咲いているのですね。』
と皆さん仰います。^^

( 因みに、ここから 秋葉街道を 北へ抜けると、パワースポットの 分杭峠 です。)

・古代文字便覧
http://homepage3.nifty.com/utukusinomori/binnrann/binran1-aiueo.html

[PR]
by hansaki460 | 2010-06-17 19:36 | Comments(0)

古代文字便覧が完成

ようやく
『古代文字便覧』 初版バージョン
                            ・・・を UPすることが 出来ました。
  よろしかったら、ご覧下さい。

「 伊那谷から 古代が見える 」 から 
http://homepage3.nifty.com/utukusinomori/newpage1...
  ↓
「 古代文字 便覧 」 へ
e0171497_17193566.jpg

日本の古代文字には、象形文字系 と、甲骨文字系 とがある、という事が解ってきました。   
・・・これからの課題です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◇古史古伝・日本語サイト



・言霊学講座 コトタマノマナビ
http://www.futomani.jp/

・古事記「禊祓」について・その四
http://www.futomani.jp/futomani/09_0530.html

・「古事記と言霊」講座
http://www.voiceblog.jp/kototama-hour/

・大祓祝詞解義
http://www.futomani.jp/lecture/ooharai_kaigi.pdf

・ふとまに
http://gejirin.com/futomani.html

・やまとことばのみちのく 語源探求のこころみ
http://gejirin.com/mitinoku.html

・古文単語辞書
http://kobun.qurlab.com/

・・・・・・・・・・・・

・「秀真伝」が語る太古ヒタカミの神々 原田 実
http://www.mars.dti.ne.jp/~techno/column/text4.htm

・原田 実のサイト
http://www.mars.dti.ne.jp/~techno/

・ほつまつたゑ 解読ガイド
http://gejirin.com/index.html

・ホツマツタエ 日本翻訳センター
http://www.hotsuma.gr.jp/index.html


・・・・・・・・・・・・・

・古史古伝・・・古事記以前の書
http://f35.aaa.livedoor.jp/~shinri/koshikoden.html

・神理研究会
http://f35.aaa.livedoor.jp/~shinri/index.htm
[PR]
by hansaki460 | 2010-06-11 17:17 | 古代文字便覧 | Comments(0)

国家に 美徳は いらない ?

国家に 美徳は いらない ?

① 鳩山前首相は、「 日本列島は、日本人のためだけの物ではない。」
  と言った。
② 森前首相は、「 日本は、神の国。」 と 表現した。

ここに、① リベラル と、② 保守 の本質の違いが よく現れています。

国家は 美徳 ( その国特有の 伝統・文化・価値観 ) を、

  ① 必用としない (リベラル) か、 それとも 
  ② 必用とする (保守) か?

① リベラルは、国家は 固有の美徳 (国 特有の伝統・文化)を排除し
  多様な文化を 受け入れ共有し、
② 保守は、国家は、国民が共有する美徳 (国 特有の伝統・文化)
  があって、初めて成立する、

とする 考え方です。
2400年前の、古代ギリシャの哲人から 近代西洋の哲学者、現代の政治学者が 論じている事です。
この せめぎ合いが、政治の根底に あります。
e0171497_16204323.jpg

ちなみに、「 柔道 」 は、国の枠をはなれ、日本の伝統に縛られずに ルールが変えられていきます。 これは、リベラルの ひとつの形です。

一方 「 相撲 」 は、昔からの日本の伝統を守り、外人といえども その伝統の規範の中で 競技をします。 これは、保守の ひとつの形です。

古代から続いている 日本の歴史を、日本国家の美徳 だと思うのは、
私だけだろうか?

リベラルを標榜する人達は、明確な国家機能像を、高邁なビジョン で示し、明確な論点 を掲げたらいいのに・・・と 思います。

私は、国家機能のイノベーションは 必用だと思ってます。
しかし 今は、日教組のように リベラル を名乗りながら、姑息な 思想闘争になっていますが、私は、政治の最高責任者(元首)は、直接に国民から選ばれた者がなる時期に来ているのでは? と思い始めている 今日この頃です・・・。^^。

この辺の議論を、マスコミを始め 世間は どうしても、避けています。

( ☆ ここでの 「 美徳 」 とは、専門用語です。)
[PR]
by hansaki460 | 2010-06-10 16:21 | Comments(0)

神代文字は 甲骨文字を 徐福が伝え、甲骨文字 → 古体篆字 → 阿比留草文字 へ変遷した。



江戸幕府の修史事業として 林羅山らが編纂した歴史書 ・ 本朝通鑑 に、

 徐福之来日本、在焚書抗儒之前 六七年矣、相蝌蚪篆?書添竹牒、時人知者鮮矣。
 其后世世兵燹、紛失乱墜、未聞其伝、嗚呼惜哉。

 始皇帝の焚書坑儒の6,7年前にやってきた 徐福一行 は、旧文字の
 オタマジャクシのような 古体篆字 で書かれた竹簡などを持ってきたが、
 当時の者で知るものは 少なかった。
 その後 わが国でも 兵火で紛失し、今に伝わっていることを 聞かない。
 惜しいものだ。


とあります。

また、韓国の南海島には、徐福の事跡と云われる 『 岩に刻まれた徐福通過遺跡 』
があります。
e0171497_12442115.jpg
    
この文字は、始皇帝の時代、李斯が文字を統一する以前の、周代から伝わるいわゆる 籀文(ちゅうぶん) で書かれている事が解っています。


甲骨文字の書体は、次のように変遷しています。

古文(甲骨文・金文)
  ↓
籀文(石鼓文・大篆・古体篆字・蝌蚪文字)→ ハングル
  ↓              ↓       ↑
小篆 → 篆書      『 阿比留草文字 』  ( 神代文字 )
  ↓                        
古隷 → 隷書
  ↓
草書・行書・楷書

( 上記のことは、大変重要な意味がありますが、国情もあり 無視されるか、激しく 非難されるかも 知れません。 ^^; )
[PR]
by hansaki460 | 2010-06-07 12:51 | 古代文字便覧  | Comments(0)

長野県は、日本一の長寿県

長野県は、日本一の長寿県 &
 一人あたりの医療費が 全国で一番低い


寝たきりでない高齢者が、自立して 楽しく生活するのには、ほんの少しだけ 環境を整えられれば いいのではないかと 思います。

ある講演会で、船井幸雄氏が 『 飛行機から降りる時、機内で下手な誘導をするよりは、乗客たちの判断に任せた方が、よほどスムースに運ぶ。』 と話してました。

なるほどと、思い当たった事が、過去にありました。


伊那谷には、知的障害者 総合援護施設 「長野県西駒郷」 があります。

昭和43年から入居が始まり、開所当時には、皇太子ご夫妻も訪れました。

当初の入居者は 当然若かったのですが、入居者が高齢になるに従って 施設も 『 西駒郷 地域生活支援センター 』 に衣替えをし、グループホームとなりました。

開かれた施設ですから、地元の市民は あたたかな視線で 接しました。

以前、西駒郷の入居者のことが、新聞の投書欄に こんなふうに掲載されました。

『 駒ヶ根市を訪れ、駅前の食堂で食事をしていた時に、食べ終わった障害のある少年が お金を払わずに 走って出て行ったのを見て、慌てて店の人に 話したところ、「 分かっているから いいんだ、OO先生のところの 生徒だから。」 といって、何もなかったかのように 接していて、大変感心した。』
と。

共生のひとつの姿です。^^

長野県の 一人あたりの医療費が 全国で一番低いことが、この一面からも 理解できるかも 知れません。

長寿県 全国都道府県 ランキング表一覧
[PR]
by hansaki460 | 2010-06-06 07:54 | Comments(0)

パワースポット 分杭峠の気場へ行ってきました。

パワースポット分杭峠の気場へ行ってきました。
e0171497_1464759.jpg

昨日友人が来て、分杭峠の気場へ連れて行けと言う。

シャトルバスで 行かなければ ならないが、どうする? と言うと、
どうしても車で連れて行け、とのことで、途中へ駐車して進入した。^^

15:00頃着いたのだが、13:00~14:00ころ、ヒョウが降って
辺り一面 真っ白だった と、ガードマンさんが言ってました。

最近は、一日数百人で、土日は 2~3000人が来るとのこと。
夏休みにはいれば、どんなことになるのだろう。
e0171497_1423218.jpg

写真①は、昨日の15:00頃です。
帰りのシャトルバスに、乗りきれない人が 大勢いました。

1/25,000 地図
Google マップ 分杭峠

・世界有数のパワースポット分杭峠 発見秘話
http://utukusinom.exblog.jp/12680735/
[PR]
by hansaki460 | 2010-06-05 14:07 | Comments(0)