信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg


HP
まぼろしの
吾道之宮


e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 





ブログパーツ
以前の記事
2017年 01月
2016年 10月
2016年 08月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
唐・新羅進駐軍の唐側代表..
by 旅人 at 04:53
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


カテゴリ:古代文字便覧 ( 5 )

甲骨文字より古い"長楽骨の碑文"(骨刻文字)

甲骨文字より古い"長楽骨の碑文"(骨刻文字)



あるサイトに、私が主張している説が、

『 最近、「 神代文字の阿比留草文字は、甲骨文字の草書体 」という説がある。 』

と記されていて、にんまり しているところです。^^

わたしの HP: 【 古代文字便覧 】 へのアクセスも、毎日20件ほどあり、感謝しています。
http://homepage3.nifty.com/utukusinomori/newpage1...



『 甲骨文字より古い?中国・山東省で 記号を刻んだ 獣骨発見 』 という記事を最近読み

直しています。

  中国山東省 昌楽県で、計約 600もの記号が彫られた 獣骨片約 100点が見つかり、

  考古学専門家が考証した結果、中国最古の体系的な文字 とされている 殷墟(いんきょ)の

  甲骨文字よりも古い約4500年前の文字だった可能性があることがわかった。

  この獣骨片は、愛好家が 2004年に 同県の遺跡で発見し、専門家が研究を続けてきた。

  内容はまだ解読されていないが、古代文字の変遷を研究する上で貴重な証拠になるという。

  ・ http://www.godpp.gov.cn/wmzh/2008-10/28/content_14758657.htm

というものです。 (Google の 自動翻訳で読んでます。^^;)

e0171497_9552082.jpg

山東大学 美術考古学研究所は、この記号を刻んだ獣骨を 正式に"長楽骨の碑文" (骨刻文字)

と命名しました。


もう少し研究が進むと、楔形文字と甲骨文字の関連も出てくる可能性が有るかな・・・? 

とも思う この頃です。^^



甲骨文字系の書体は、次のように 変遷しています。

  楔形文字
   ↓ (??)
  長楽骨の碑文 (骨刻文字)
   ↓ (?)
  古文 ( 甲骨文・金文 )
   ↓              (かともんじ)
  籀文 ( 石鼓文・大篆・古体篆字・蝌蚪文字 ) →  ハングル
   ↓                  ↓       ↑
  小篆 → 篆書         『 阿比留草文字 』  ( 神代文字 )
   ↓                        
  古隷 → 隷書
   ↓
  草書・行書・楷書 → 明朝体・ゴチック体 
[PR]
by hansaki460 | 2011-02-13 10:00 | 古代文字便覧  | Comments(0)

仮説・青銅器で伝わった古代文字

仮説・青銅器で伝わった古代文字

中国の正史の 第一に 数えられる、漢代(BC 91年頃)の歴史書『 史記 』 のなかで、
「 BC 284年、中国北東部にある 燕 の将軍・楽毅 が 斉を攻め、都から 宝物を奪った 」
との記述が あります。
e0171497_1847523.jpg

日本の 弥生時代前期末から 中期始めのもの とされる 日本の 青銅器は、
中国最古の王朝 と される 商 ( 殷・BC 17~11 世紀 )に 多く見られる 青銅器と、
鉛同位体比(含まれる同位体の比率割合)が 一致する という。

この種の青銅は、その後(BC 8世紀以後)中国では 使われていない。
e0171497_18485151.jpg

さてそこで、中国の 秦 の時代(BC3世紀頃)の 徐福が、これらの 青銅器と、
そこに書かれた文字 を 伝えたという仮説 は、かなり 信憑性が 出てきます。^^

この時代の話は、宮城谷昌光氏が、数多く書かれています。
私は、大のファンです。^^

古代文字便覧
http://homepage3.nifty.com/utukusinomori/binnrann/binran1-aiueo.html
[PR]
by hansaki460 | 2010-06-30 18:54 | 古代文字便覧 | Comments(0)

古代文字便覧が完成

ようやく
『古代文字便覧』 初版バージョン
                            ・・・を UPすることが 出来ました。
  よろしかったら、ご覧下さい。

「 伊那谷から 古代が見える 」 から 
http://homepage3.nifty.com/utukusinomori/newpage1...
  ↓
「 古代文字 便覧 」 へ
e0171497_17193566.jpg

日本の古代文字には、象形文字系 と、甲骨文字系 とがある、という事が解ってきました。   
・・・これからの課題です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◇古史古伝・日本語サイト



・言霊学講座 コトタマノマナビ
http://www.futomani.jp/

・古事記「禊祓」について・その四
http://www.futomani.jp/futomani/09_0530.html

・「古事記と言霊」講座
http://www.voiceblog.jp/kototama-hour/

・大祓祝詞解義
http://www.futomani.jp/lecture/ooharai_kaigi.pdf

・ふとまに
http://gejirin.com/futomani.html

・やまとことばのみちのく 語源探求のこころみ
http://gejirin.com/mitinoku.html

・古文単語辞書
http://kobun.qurlab.com/

・・・・・・・・・・・・

・「秀真伝」が語る太古ヒタカミの神々 原田 実
http://www.mars.dti.ne.jp/~techno/column/text4.htm

・原田 実のサイト
http://www.mars.dti.ne.jp/~techno/

・ほつまつたゑ 解読ガイド
http://gejirin.com/index.html

・ホツマツタエ 日本翻訳センター
http://www.hotsuma.gr.jp/index.html


・・・・・・・・・・・・・

・古史古伝・・・古事記以前の書
http://f35.aaa.livedoor.jp/~shinri/koshikoden.html

・神理研究会
http://f35.aaa.livedoor.jp/~shinri/index.htm
[PR]
by hansaki460 | 2010-06-11 17:17 | 古代文字便覧 | Comments(0)

神代文字は 甲骨文字を 徐福が伝え、甲骨文字 → 古体篆字 → 阿比留草文字 へ変遷した。



江戸幕府の修史事業として 林羅山らが編纂した歴史書 ・ 本朝通鑑 に、

 徐福之来日本、在焚書抗儒之前 六七年矣、相蝌蚪篆?書添竹牒、時人知者鮮矣。
 其后世世兵燹、紛失乱墜、未聞其伝、嗚呼惜哉。

 始皇帝の焚書坑儒の6,7年前にやってきた 徐福一行 は、旧文字の
 オタマジャクシのような 古体篆字 で書かれた竹簡などを持ってきたが、
 当時の者で知るものは 少なかった。
 その後 わが国でも 兵火で紛失し、今に伝わっていることを 聞かない。
 惜しいものだ。


とあります。

また、韓国の南海島には、徐福の事跡と云われる 『 岩に刻まれた徐福通過遺跡 』
があります。
e0171497_12442115.jpg
    
この文字は、始皇帝の時代、李斯が文字を統一する以前の、周代から伝わるいわゆる 籀文(ちゅうぶん) で書かれている事が解っています。


甲骨文字の書体は、次のように変遷しています。

古文(甲骨文・金文)
  ↓
籀文(石鼓文・大篆・古体篆字・蝌蚪文字)→ ハングル
  ↓              ↓       ↑
小篆 → 篆書      『 阿比留草文字 』  ( 神代文字 )
  ↓                        
古隷 → 隷書
  ↓
草書・行書・楷書

( 上記のことは、大変重要な意味がありますが、国情もあり 無視されるか、激しく 非難されるかも 知れません。 ^^; )
[PR]
by hansaki460 | 2010-06-07 12:51 | 古代文字便覧  | Comments(0)

古代文字 便覧 ひ ふ み

【資料】 阿比留草文字 史郎版書体
e0171497_11145655.jpg




古代文字便覧 ひ ふ み


古代文字便覧を、バージョンアップして作成しました。
e0171497_4312795.jpg
e0171497_4315436.jpg
e0171497_43264.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


【 神代印 】 (かんよいん)

我が国に、漢字が入る以前からあった文字で、全国の神社のご神爾やお札、護符で使われている、神代文字「阿比留草文字」神代吉祥体で彫った印鑑。

e0171497_20293699.jpg

e0171497_127345.jpg





日文字=神代文字(阿比留草文字)事例


① ひ文字表(法隆寺版)
 
e0171497_10191677.jpg


(伝:出雲大社)
e0171497_11261545.jpg


 鶴岡八幡宮、三輪神社、鹿島神宮
http://homepage3.nifty.com/utukusinomori/newpage12-1.html




② 神爾 及び 神宝 事例

  生玉神社、他

e0171497_10193214.jpg

e0171497_1019439.jpg

e0171497_1020048.jpg

e0171497_1020996.jpg

e0171497_10201933.jpg


③ 印鑑作品 (書体:神代吉祥体)

  はんさきしろうのいん(判崎史郎の印)

e0171497_78204.jpg

e0171497_2033589.jpg

【参考】 住吉神社
e0171497_12134584.jpg
      
[PR]
by hansaki460 | 2010-05-08 22:57 | 古代文字便覧  | Comments(3)