信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg


HP
まぼろしの
吾道之宮


e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 







google36ed5a3dddf221d0.html
ブログパーツ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
唐・新羅進駐軍の唐側代表..
by 旅人 at 04:53
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


カテゴリ:歴 史 秘 話( 95 )

縄文時代の製鉄術

.
信濃の縄文時代の製鉄術


岐阜県不破郡 垂井町に、【南宮大社】があります。
古くは『仲山 金山彦神社』と云い、毎年11月には金山大祭例祭(ふいご祭り)があり、鉄(金属)の神様として崇敬をうけています。

ところで、平安時代末期の梁塵秘抄では
   『南宮の本山は 信濃国とぞ承る さぞ申す
と言います。
これは何を意味するかと言うと、鉄の神様は、南宮大社より諏訪大社の方が先だと言っているのです。


諏訪には古くから『さなぎ鈴』と呼ばれる「鉄鐸」があります。( ↓ 写真左)

鉄と銅の伝来は、ほぼ同時期であったというのが、最近の学界の共通見解ですが、信濃では縄文時代から製鉄が行われていたと言う説があります。

e0171497_2017746.jpg


信濃の国にかかる枕詞は「ミスズカル」です。

ミスズは「御鈴」で、鈴は「鈴石・鳴石」と呼ばれる,水辺の 禾本(カホン)植物の根に出来る褐鉄鉱団塊のことで、高師小僧とも言います。 ( ↑ 写真右上)
沼沢から 禾科植物を抜き取り 鈴石を採取することを、ミスズカルということばで 表されているのです。
この、褐鉄鉱団塊から実際に鉄を創る実験が行われ成功しました。 ( ↑ 写真右下)

原料は、葦や芳の根に鈴状に付着したカッ鉄鉱(高師小僧)で、その融解温度は 400度から始まりますが、諏訪地方の縄文土器の焼成温度は 800度を 4時間以上 必要としましたから、製鉄に必要な条件は十分満たしていました。



縄文中期の円筒埴輪や朝顔型埴輪は、キューポラ(鋳物炉)に酷似していて、これで 製鉄が行われていたと、推測できます。
e0171497_20202092.jpg


また、諏訪大社に伝わる、薙鎌は(火を起こす)風の神で、製鉄には欠かせません。

列島の原住民である縄文人は、未開(文化がない)人とされていますが、事実に反します。

万葉集の、
みすずかる 信濃の真弓 わが引かば 貴人(ウマヒト) さびて いなと 言はむかも
は、弓-とりわけ鉄鏃(矢じり)を連想させ、後段の さびては、鉄音に懸るのかも知れません。

しかし カッ鉄鉱からの縄文鉄は不純物が多く、強度に難があり、その後の青銅器の弥生文化に破れたと思われます。



            面白かったら、↓ クリックをよろしく m(__)m

                     にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ

[PR]
by hansaki460 | 2012-03-16 20:28 | 歴 史 秘 話 | Comments(2)

伊那の七谷(田切)と、東京の「田切」地名/考

.
伊那の七谷(田切)と、東京の「田切」地名/考


佐伯孝夫の昭和18年作の歌に「勘太郎月夜唄」がある。

   ♪ 影か柳か 勘太郎さんか 伊那は七谷 糸ひく煙り
       棄てて別れた 故郷の月に 偲ぶ今宵の ほととぎす ♪



伊那谷は、赤石山脈と木曽山脈に夾まれていて、天竜川が諏訪湖から太平洋に流れる。
そして、二つの山脈から流れ出て、天竜川に流れ込む多くの谷川(支流)がある。

e0171497_1273077.jpg

「伊那は七谷」と歌われる七谷を、こう定義付ける人もいる。

天竜川に合流する支流で、北の方から
  ① 三峰川 ・・・・・ 伊那市で 天竜川に合流  
  ② 太田切川 ・・・ 駒ヶ根市で 天竜川に合流
  ③ 与田切川 ・・・ 飯島町で 天竜川に合流 
  ④ 松川(伊那) ・ 松川町で 天竜川に合流
  ⑤ 小渋川 ・・・・・ 松川町・中川村境で 天竜川に合流
  ⑥ 松川(飯田) ・ 飯田市で 天竜川に合流 
  ⑦ 遠山川 ・・・・・ 天竜村で 天竜川に合流 

伊那谷には、「田切」と名付く川があるが他に、与田切川・太田切川・犬田切川・中田切川・小田切川・古田切川など、多くの田切川がある。


伊那谷の他にも、田切地形 と呼ばれる場所が、浅間山山麓の 軽井沢町から小諸市にかけて ある。

また、東京都 目黒区の祐天寺には、田切公園があり、となりの世田谷も、台地と坂と谷(渓谷)と川に富んでいる地形だ。
e0171497_1384619.jpg

「田切」地名の由来には、

① 扇状地・台地が、支流の 沢の流域で「たぎられた」ところから、「田切 」と言う地名が生まれたとする説と、

② 古語で「たぎる」という、傾斜地やがけなどで、水が早く走り流れ落ちるさまをいう、

との説がある。


信濃の國・伊那郡・赤須の里、大御食神社の 古代文字文字で書かれた社伝記には、律令以前(1~2世紀)の伊那谷の地名として、「たきれ」という地名が記されている。

ここから見ると、① の 扇状地・台地が、支流の沢の流域で「たぎられた」ところから、「田切」と言う地名が生まれたとする説が、その由来であると思われる。


            面白かったら、↓ クリックをよろしく m(__)m

                     にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


3月15日(木)
e0171497_14523333.jpg
e0171497_14524098.jpg
e0171497_14524838.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3月16日(金)
e0171497_11515638.jpg
e0171497_11501538.jpg
   以下、スイス未更新です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3月14日(水)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


.

[PR]
by hansaki460 | 2012-03-15 12:09 | 歴 史 秘 話 | Comments(1)

伊那谷の 壇ノ浦村と、源平秘話

.
伊那谷の壇ノ浦村と、源平秘話


伊那市 長谷(旧 長谷村)の「 浦 」という集落に、平清盛の嫡男、平重盛(たいら の しげもり)の墓がある。

六波羅 小松第に居を構えていたことから、小松殿ないし 小松内大臣ともいわれた。
だから、「浦」の部落や近くの部落には小松姓が多い。

平重盛公の墓所は 部落のほぼ真ん中に位置しており、春の彼岸には、小松氏と側近であった西村氏と共に、先祖祭を行っている。

十数年前、パワースポットの分杭峠から浦の部落に入った時、墓の廻りに平家の赤旗が立ち並んでいる光景を見た。
e0171497_8311958.jpg

これが平家の落人の部落と言われる所かと、同行者としばし佇んで、昔を偲んだことを覚えている。

この墓所は、市の史跡に指定されているが それによると、

『 小松氏の先祖が、平重盛であるか、平維盛(たいら の これもり)であるか、重清であるかは定かでないとしているが、平家の流れであることには間違いない。 
     ー 略 ー
また、この地区は古来 浦村といわれ、古老は「壇ノ浦村」と自称したりした。
小松氏一統の者は平家と同じように 宇佐八幡宮を祭っている。』

・・・・・と記されている。


     ◇


ところで、平氏一族は マレーシア方面から紀伊半島に、鉄器を持って漂着した部族であったという『説』がある。

そして彼らより以前に、やはり南方から来た平氏もいた。
それが北条氏らだ。

だから あの源平の戦いは、比較的新しく南方から来た彼ら平家を、それ以前に土着していた 北条氏らの古い平家一族が、源氏(頼朝や義経)という馬を扱う部族を使って放逐したのが あの源平の戦いであると言うのだ。

だから源平の戦いとは、本質的に “新来の平家” と “旧来土着の平家” との内ゲバであった。

平氏は赤旗を持ち、船を得意とした。
源氏は白旗を持ち、馬を得意とした。

これが紅白合戦の由来であり、やがて大陸からの外敵を打つために、源氏と平氏の侍達が 力を合わせたて戦った時に、源氏の白旗に平家の赤で丸を書いて作った旗が、日の丸だ。
(以前の日記に書いた)
【美しい 日の丸の話】 http://utukusinom.exblog.jp/13467711/



源頼朝は壇ノ浦の戦い(1185)で平氏を滅ぼしたあと翌年には 鎌倉で、「 遊女は、源氏の者に限る 」旨を発令した。

また幕府を開いたあとの、建久4年(1193)には、遊女屋 および遊女を取り締まるために、里見義成と 里見義成という 高名な武者に「 遊女別当 」を命じ、関東 関西に分けて受け持たせた。

この取締は 源氏系の遊女だけをエスコートして、権利のない女性(平氏系)にモグリ営業をさせない為なのである。^^

大正 昭和までの公認の遊廓や、今でも そこここに「 源氏名 」を持つ女性がいるのは、ここに由来する。

平氏も源氏も、日本の庶民であり、弥次さんは赤ふんどし、喜多さんは白ふんどし、そして「 赤勝て 白勝て 」と、高いところから 庶民を操って来た公家(今の官僚)らがいる。

・・・・が、歴代の皇太子が、遠泳をする時につける ふんどしの色は、赤である。
(天皇家=天孫は、元来海洋系原住民系統であり、公家貴族は渡来系であったという意味・・・。 異論反論歓迎します。^^)

 
[PR]
by hansaki460 | 2012-03-14 08:35 | 歴 史 秘 話 | Comments(3)

実在した「日本武尊」の足取り

.
実在した「日本武尊」の足取り



4世紀頃、日本武尊という偉人がいた。同時代に大国主命と呼ばれる方もいた。
e0171497_10283946.jpg

日本武尊を、正しくは『ヤマトタケ』と読む。
記紀以前の伝承の、大御食神社の社伝記 ”美社神字録”で『ヤマトタケ』と記されているからだ。

『ヤマトタケル』と読みはじめたのは、江戸時代後期の国学者、伴信友からのようだ。

              ◇

伊那谷・赤須の里の 大御食神社社伝記に、日本武尊は、赤須彦の娘『押姫』と三日過ごされたと書かれており、別れ際には、

「 二夜三夜、二人寝しかも、飽かずかも。 美し乙女 愛(あ)しけやし。 居立ち 廻(もとほ)り、愛(は)しけやし乙女。」

押姫 答(いらえ)歌 奉りて、

「 愛しけやし、我が大君の御手に捲く、珠 持つ日根子 忘られず、珠 持つ日根子 忘れられず、吾夫(あせ)を 占(し)め 延(は)む、吾夫を 占め延む。」

と、あります。

この、赤須彦・押姫の家系は 今でも続いていて、采女屋敷と呼ばれており、また湯を使った 近くの沢には、湯奉の沢という地名が残っている。

日本武尊が、実在か架空かと言う議論がある、間違いなく実在の人物だ。


日本武尊を祀っている神社。

 岩手県   2社  配志和神社・吾勝神社
 山形県   2社  天満神社・総宮神社
 宮城県  11社  多賀神社・熱日高彦神社、他
 福島県   4社  都都古別神社・桙衝神社、他
 茨城県   7社  鹿島香取神社・加波山三枝祇神社、他
 栃木県   4社  大原神社・赤城神社・建武山神社、他
 群馬県   4社  子持神社・熊野神社、他 
 埼玉県  10社  ・・・以下略
 千葉県  18社
 東京都   8社
 神奈川県  9社
 富山県   1社
 石川県   2社
 福井県   1社
 山梨県  12社
 長野県   5社  大御食神社、他
 岐阜県   8社
 静岡県   9社
 愛知県  16社
 三重県   3社
 滋賀県   1社

137社のうち、44社は 日本武尊の 創祀(勧請)した神社。
これは、日本武尊が、歩いた証しだ。
これらの地元には、多くの伝説が 残っており、それらの話は 実に人間味溢れているが、記紀では あまりにも 神がかり的な英雄物語になっているために、架空の存在だと云う議論が出てしまう。


日本武尊が、日本人の多くの人々に好かれている理由は、母親が播磨稲日大郎姫ではなくて、八坂入媛命なのかも知れない。

八坂入姫命は、名が示す通り、日本の原住民系で、母方の祖父は尾張氏で、伯母の倭姫命も 尾張にいた。

父の景行は騎馬系の 崇神系統ではあるが、日本原住民の系統が入ったために、人気があるのでは? と思われる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


3月13日(火)
e0171497_12214439.jpg
e0171497_12215323.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3月14日(水)
e0171497_1222307.jpg
e0171497_11525151.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3月15日(木)
e0171497_11525834.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

.
[PR]
by hansaki460 | 2012-03-13 10:23 | 歴 史 秘 話 | Comments(3)

NHK の 義清(西行)の評価に異議あり!(^^)

.
NHKの義清(西行)の評価に異議あり!(^^)



先週のNHKドラマ「平清盛」は、大変面白くなってきたと思ったが、昨日はガッカリだった。^^;

義清(西行)には、出家の際に 衣の裾に取りついて泣く子(4歳)を縁から蹴落として家を捨てたという逸話が残る。
これは、仏教説話としてオーバーに表現されている面があると Wikipediaなどに記されている。

その場面を、NHKは思いっきり非情に描いた。^^;


偉大な業績を残し、2500年後の今なお大きな影響力を示している釈迦は、修行の過程で妻子を捨てた。

修行の仲間が 釈尊へ、「友よ」と語りかけたところ、釈尊は「友よと呼ぶのは やめなさい 」といったという。
彼らは、語られる 釈尊の悟りの内容に打たれ、釈尊へ帰依し、結果 家族も帰依した。


大相撲でも、貴乃花の親子関係も、弟子入りした以上は親子ではなく 子弟の関係としたと、報道されている。


脱線するが・・・・、
イエスは、ヨルダン川において 洗礼者バプテスマのヨハネから洗礼を受けた。
そのとき ヨハネは、イエスが偉大な方だと分かり、イエスに対する洗礼を躊躇した。
しかしイエスは、「 今は許せ・・・ 」 と言い、そのまま ヨハネから洗礼を受けたという。


NHKの場面は、我が子を縁から蹴落とした面を かなり非情に強調してあったが、その逸話の背景には、仏教説話として 出家の姿を示す一面があることをも語らないと、それは人権侵害だ!
(^^;)

西行の逸話には、事欠かない。
それほど、歌人としても、人間 西行 としても、愛された人だ。

     ◇

ところで、江戸時代 後期の 菅江眞澄(すがえますみ、1754-1829) の随筆に 『 西行法師が、大御食神社(おおみけじんじゃ)の神主さんの所に立ち寄って、書いたものを 残している 』 という話しが紹介されてる。


     伊那谷・赤須の里の大御食神社に伝わる、西行法師の書

e0171497_1745583.jpg



    神祇道ハ
       我国ノ大租ナレバ
    糸竹ノ直ナランコトム
           ネニタエナカラン
  

    駒ガ嶽
       スソ野ノ森ニ来テ見レバ
     小町ガ家ニ
          ハヤス七草










「 美しの森物語 」 に 詳しく書いた。^^
http://homepage3.nifty.com/utukusinomori/newpage2-2.html


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3月12日(月)
e0171497_13122730.jpg
e0171497_13575066.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3月13日(火)
e0171497_12214439.jpg
e0171497_12215323.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3月14日(水)
e0171497_1222307.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



[PR]
by hansaki460 | 2012-03-12 12:22 | 歴 史 秘 話 | Comments(2)

日本のコメ先物の市場は 280年の歴史、72年ぶりに復活か?


日本のコメ先物市場は 280年前から・・・

                       72年ぶりに復活か?



先物新報は、15日の《速報》で、こう報じた。

『コメ先物、再申請は3月2日か・コメWG設置、月内に上場準備を』
東京穀物商品取引所は15日、取締役会後の記者会見で コメ先物商品設計ワーキンググループの設置を 発表した。

来月2日にも開かれる予定の臨時取締役会に諮るものとみられる。

東穀取の渡辺好明社長は 「TPP騒動に巻き込まれたくない」 との考えを述べており、さらに今年の作付けまでに上場を間に合わせたいとしていることから、準備が整い次第すぐにもコメ先物の再申請を行うとの見方が 有力だ。

・先物新報
http://sakimonoshimpo.blog49.fc2.com/blog-date-20110215.html

これは 昨年7月に東京穀物商品取引所が、コメ先物上場に向けた研究会を立ち上げ、先物の上場を農林水産省に申請する準備を始めた経過の報道です。


日本のコメ先物の歴史は江戸時代まで 遡ります。
米の取引所である 『堂島米会所』 は、享保15年(1730)大坂堂島に開設されました。

当時大坂は全国の年貢米が集まるところで、米会所では米の所有権を示す米切手が売買され、帳合米取引が行われていました。

これは敷銀という証拠金を積み、差金決済による世界初の 整備された先物取引でした。

これ以前開設された取引所には、ロンドン(1568)やベルギーのアントウェルペン(1531)にありましたが、あくまで現物取引の先渡取引でした。

その後、明治期以降も東京米穀商品取引所など各地の取引所でコメ先物の売買は行われてきましたが、昭和に入り 戦時色が強まってくると経済統制が厳しくなり、昭和14年(1939)の米穀配給統制法の施行に伴ってコメ先物取引は廃止されました。

戦後は 政府によるコメの生産管理が行われてきましたが、1995年の食糧法施行、2004年の改正食糧法施行によりコメの流通はほぼ自由化されました。

これに伴って、東京穀物商品取引所は 2005年12月にコメ先物の上場を申請しましたが、その際は不認可となりました。

今回 東京穀物商品取引所は、コメの需給や価格が今後、民主党政権の農業政策転換で変動しやすくなるとみており、価格変動リスクを抑えたい生産者や流通業者を市場に呼び込み、低迷する売買の底上げを狙うものです。

認可されれば 72年ぶりの上場となります。


上場されると、今後コメは市場原理によって価格調整がなされ、農水省主導の価格調整の必要性が薄れ、マーケットで価格が調整される方向になるだろうと思われます。

農家は、半年後に収穫予定の コメの価格を「今」決定できれば、豊作などによる値下がりを心配する必要はなく、また販売業者は、将来 コメを仕入れるにあたって、その価格を「今」決定できれば、不作などによる 値上がりを心配する必要は ありません。

しかし、投機などを目的とする「非当業者」の割合が増えると、価格が乱高下しやすくなり、生産の場に 混乱をきたす可能性が考えられます。

なにはともあれ、日本で280年前から実績のある コメ先物取引の再開は、農業を強くするのではないか? と思われます。
[PR]
by hansaki460 | 2011-02-18 08:29 | 歴 史 秘 話 | Comments(0)

三遊亭圓朝:中国の近代化に貢献した落語家

三遊亭圓朝:中国の近代化に貢献した落語家



「日清戦争」の敗北以降、中国の有識者たちは「変法」(改革)のモデルを日本に求めた。

そして「日本を学ぼう」というスローガンを掲げ、西太后が企んだ宮廷クーデターによって日本への亡命を余儀なくされた知識人らは、日本文を学んだ。

しかし当時の日本語には、漢文体、和漢混交文、明治普通文、言文一致体といったさまざまな文体があった。

はじめ彼らは、日本「語」と日本「文」を分けて学び、『和文漢読法』すなわち、漢文としての日本語を学んだ。

しかしやがて、日本語は漢字が多いから、中国の漢語の一種の延長だと思っていたが、実は西洋語に近いアルファベット言語だということを発見し、明治普通文・言文一致体を学ぶようになった。

その時彼らは、カルチャーショックがあったに違いない。^^

なぜなら、当時中国人は、表意文字の中国語は未開段階で、西洋のアルファベッドは、はるかに進化した言語だという言語進化論を認識しており、常識になっていたからだ。

だから日本語は、中国語より「進化」した言語だという結論にたどり着き、かつての「東夷小国」の日本が、日清戦争でなぜ中華帝国を倒したかという事実にも納得がいったのだった。

つまり「仮名」という易しい文字が日本国民の素質を向上させ、強大な近代国民国家を作ることができたと中国人は考えているのだ。


だから、「日清戦争」直後、中国の有識者は早速日本の仮名を模倣して中国語の易しい文字の創出を試みたのである。

その中でももっとも広まったのが日本の仮名を真似した王照の「簡字」であった。

近代中国では、日清戦争以降、中華民国が成立する1911年 まで、文字、ピンイン、表音符号など数多く試みられたが、その中で最も多かったのは日本の仮名から発想された符合系統であった。

そこからも日本の仮名が近代中国にあたえたインパクの大きさが窺えるだろう。



しかし、今日の話はそれだけでは無いのです・・・。^^

初代三遊亭 圓朝[天保10年(1839)- 明治33年(1900)]は、幕末から明治時代に活躍した落語家で、実は彼圓朝こそが、近代日本語の祖なのです。

当時、漢文体、和漢混交文、明治普通文、言文一致体といったさまざまな文体があったなか、近代日本語の特徴の一つである言文一致体を一代で完成させた人物なのです。

速記法が日本に導入された時、圓朝は 自作の落語演目を速記にて記録し 公開することを許した。

記録された文章は 新聞で連載され人気を博した。

これが作家二葉亭四迷に影響を与え、1887年「浮雲」を口語体(言文一致体)で書き、明治以降の日本語の文体を決定づけたのである。

のみならず現代中国語の文体も決定づけたのです。

魯迅は日本留学中に言文一致体に触れ、自らの小説も(中国語の)言文一致体で綴った。

すなわち白話運動であり、ここで中国語は漢文と切り離されて口語で記されるという大改革がなされたのでした。

落語家・三遊亭 圓朝は、偉大な人物なのです。^^

     ◇

白話運動

近代に至るまで、白話は、民衆語として低俗なものとされていたが、1917年頃から、難解な文語文を廃して口語文にもとづく白話文学を提唱した。

この運動は文学革命とも呼ばれ、理論面で胡適が、実践面は魯迅などによって推進され現代中国語の形成に大きく貢献した。

しかし、現在でも文章語では文言に近い文体が使われることが多い。
[PR]
by hansaki460 | 2011-02-16 18:46 | 歴 史 秘 話 | Comments(0)

日本武尊(九州朝)は、当時大国主命(出雲)と共に東国の開拓を積極的に行った。

 日本武尊(九州朝)は、
 大国主命(出雲)と共に
  東国の開拓を積極的に行った。




諏訪大社は、諏訪湖の南側に上社、本宮・前宮、北側に下社、春宮・秋宮の、計四つの宮から成る。

祭神は、

上社 建御名方命 八坂刀売命

下社 建御名方命 八坂刀売命
   八重事代主神(やえことしろぬしのかみ)

本来の祭神は出雲系の建御名方ではなくミシャグチ神、蛇神ソソウ神、狩猟の神チカト神、石木の神モレヤ神などの諏訪地方の土着の神々であるとされる。

平安時代 - 江戸時代を通じて上社では諏訪氏が、下社では金刺氏が大祝を務め、末社は2万5000社に及ぶ。

e0171497_20574411.jpg
                                          (諏訪大社 下社 春宮)
 
◎ 下社の神主家は金刺舎人を祖とし、阿蘇大宮司の阿蘇氏と祖を同じくし、科野国造家から分かれたものと伝えられる。

上社の神主家は本姓が明かではなく、一般に神家といっている。
出自については、建御名方命の後裔という説によれば、出雲神族の分かれと考えられ、大和の大神神社の社家大三輪家と同系。


◎ 下社の御舟祭は、神体を舟(柴舟)に乗せて春宮から秋宮へ遷座する祭。
南北朝時代に書かれた『諏訪大明神絵詞』には「鉾山」と書いてある。
舟には翁、媼とみられる人形が乗せられる。



◎ 福島県東白川郡棚倉町の都都古別(つつこわけ) 神社がある。
奥州一宮で、祭神は、味耜高彦根命(大国主命の子)と、配祀には日本武尊。

ここの日本武尊が東征の折、都々古山(建鉾山)に鉾を建てたのが創始で、古代祭祀場の磐境である事が立証されている。



◎ 以前に私は、日本武尊の東征の足跡を追った折に、日本武尊と一緒に祀られている方々が、関東に入る頃から出雲神が多くなった事に気がついた。
調べようと思ってそのままになっているが、興味深い事象だ。



言葉が足りないことを承知で、上記を勘案して仮説を立てますが・・・・・

日本武尊(九州朝)は、当時 大国主命(出雲)と共に 東国の開拓を積極的に行った と見ると、日本武尊の東征で創建された神社に 出雲神が共に祀られている事が 納得できるが、いかがだろうか?

日本武尊は、当時まだ九州朝だった頃の人物、と言う前提ですが・・・。^^
[PR]
by hansaki460 | 2011-01-05 21:00 | 歴 史 秘 話 | Comments(0)

龍神の起源 ②

エンリル の継承と、龍 の出現


次の時代の BC18世紀頃から、エンリル神は、シュメール・アッカド神話の 主神になった。

シュメール・アッカド神話では、エンリル神は天神アン(ヌ)の息子神とされ、アン神は、神界の神々の長老の位置にあったが、支配しているのは エンリル神 とされた。


古代 メソポタミア神話の研究では、初期には、『エンリル神は バビロニア神話の神』 と紹介されたこともあるが、後に エンリルの主神の地位は、バビロンの マルドゥック神 に奪われた。


古代 バビロニアで信仰された神・マルドゥック神 の起源は定かではない。

シュメール初期、既に マルドゥク神信仰 が行われていたといわれるが、メソポタミアで神となるのは古バビロニア時代(紀元前18世紀頃)以降のこと。

バビロン の祭司たちは、マルドゥクを ティアマト(女神・全ての神々を生んだ母神)の殺害者で、世界と人間の創造者であるとした と考えられている。

だから バビロンの王は、戴冠式の代わりに マルドゥクの 像の手をつかむことで 王となった。


ちなみに、古代バビロニア神話の女神で、全ての神々を生み出した 母なる神・ティアマト が生み出した魔物には

 ムシュマッヘ (七岐の大蛇)
 ムシュフシュ (蠍尾竜)   ・・・・・龍神(?)
 ラハム (海魔)
 ウガルルム (獅子)
 ウリディシム (猛犬)
 ギルタブリル (蠍人間) 

等 がある。
e0171497_14222581.jpg
                 マルドゥクと竜(ムシュフシュ)


さて、龍 ですが、

古代バビロニア で信仰された神・マルドゥック神 は 龍 を従えた。

創世叙事詩 『エヌマ・エリシュ』 には、マルドゥク と戦うために ティアマト神 に生み出された蠍尾竜・ムシュフシュ(怒る蛇・龍神) がいる。

ティアマト へ宣戦布告した最強の武神・マルドゥク は、ティアマト が権威の象徴たる 「天の石版」 を キングー神 に授け、マルドゥク を迎え撃ったが、キングー はあっさり敗れ、キングー は マルドゥク の軍門に下り、後にバビロンで イシュタル門を守る守護竜とされた。

図像学的には、最初期は非常に首の長い動物として描かれていたようである。
この姿の ムシュフシュ は古代エジプト美術に影響を与え、「ナルメルのパレット」 にも彫り込まれた。

やがて、ドラゴン神話(世界中に多数存在)の源流となったのではないか?
何故なら、この 龍神 は、爬虫類型宇宙人のレプタリアンで、世界中に存在すると思うからです。^^;
[PR]
by hansaki460 | 2011-01-04 14:24 | 歴 史 秘 話 | Comments(0)

龍の起源はシュメルにある(1)


龍の起源はシュメルにある(1)


世界中にある 龍の起源は シュメルにある、と言う見解を述べます。

◎ 前提

シュメールとはいかなる民族か? 実はわかっていない。
シュメール語も周辺民族のそれと類似性が見られないという。

またシュメール文明の基になる文明の痕跡が見当たらない。
それ以前の遺跡が発見されていないのだ。

それに記録では、シュメールでは何百もの天文用語を使い、月の満ち欠けで年月を計る太陰暦、すなわち世界最古の暦を持っており、60進法の数学を確立し高度な暦をつくり上げた。

今日の 1日が 24時間、1時間が 60分、1分が 60秒という法則は、60進法の シュメールの高度な数学のものだ。
1ダースが 12個、1フィートが 12インチ、星座占いの黄道 12宮、ギリシア神話の 12柱の神々、すべて シュメール文明に行き着く。

シュメールの古文書には、これらは 「神々からの贈り物」 という表現で記されている。
事実、シュメールが姿を消したあと、技術・文化はそれ以上に 発展しなかった。



20世紀初頭、シュメールの町ニップルで発見された『古代シューメル語版』 という楔形文字の記録がある。
書かれた時期は紀元前3000年~紀元前2500年で、『古バビロニア版』より1000年も古い。

1.神々が人間を創造した後、五つの町をつくった。
2.その五番目の町がシュルッバクだった。
3.神々は人間の種を滅ぼすために大洪水をおこそうとした。
4.神エンキはシュルッバクの主ジウスドゥラに大洪水の計画を教えた。
5.ジウスドゥラは船を作り、大洪水から逃れ、人間と動物の種子を守った。
6.ジウスドゥラは氷遠の生命を与えられ、楽園ディルムンに住んだ。
  (ジウスドゥラ、とはシュメル語で『永遠の生命』を意味する)


ここにある 4の、『神エンキ』 は、伝説上の最初の人間アダパ(Adapa)のように魚の皮膚をもった人間として描かれることがある。(・・・ウィキペディア)


また、エンリルという神がいた。
人類を滅ぼそうとしたエンリルは、エンキに大洪水を起こす事を話したので、エンキは箱船を造らせ一部の生物を守った。
その結果、エンリルは地球に残った。(・・・楔形文字の記録に書かれている)


エンリルは風と嵐の神であった。
別のある説話では、人類を滅ぼすために大洪水を引き起こしたとされる。
メソポタミアではしばしば洪水で大きな被害を出した事もあり、エンリルは強力な神として人々に認識され、シュメール時代からイシン・ラルサ時代にかけて最も重要な神として崇められた。
エンリルを都市神としたニップル市は古代メソポタミアでも最も重要な宗教都市となり、エンリル神殿であるエ・クル神殿は長期間にわたって増改築を繰り返した。(・・・ウィキペディア)


シュメールから出土した粘土板・ウェルド・プランデルのプリズム形刻文に、
「大洪水が起こった。大洪水が来たあと、王(エイリアン)が天より降った。王(エイリアン)はキシュ(街)にいた(支配した)。」 ( )内は、想像。^^
e0171497_14523121.jpg


また、アッシリアの古都ニネヴェで発掘された、『アトラム・ハシース物語』には、驚くべき記述がある ・・・。

労働を肩代わりさせるために創造された人間が増えすぎ、神々を悩ました。
立腹したエンリル神は人間を滅ぼすことをもくろむが失敗する。
そこで、大洪水をおこすことにした。
ところが、エア神から洪水を知らされたアトラム・ハシースは船に家族や動物を乗船させ、大洪水から逃れた。
アトラム・ハシスが助かったことでエア神は神々から非難された。
そして、再び人間が増えすぎることのないように戦争と不妊が定められた


まとめ・・・・・・

これらの記録の事実を踏まえて、また残された史料の、鳥や爬虫類の顔をした神々のレリーフがある事を考えると・・・・。



◎ 結論(・・・少し言葉が足りませんが)

宇宙人である シュメルの神々の末裔(思想的な影響も含めて)が、龍の起源である。

                                                つづく
.
[PR]
by hansaki460 | 2011-01-03 14:54 | 歴 史 秘 話 | Comments(0)