信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg



e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 





ブログパーツ
以前の記事
2017年 01月
2016年 10月
2016年 08月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
庵住期 (70歳からの自活)
歴 史 秘 話
幻の吾道之宮
宇宙の摂理
神代文字
古代文字便覧 
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
竹内文献
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
同じ意見の方がいらっしゃ..
by のりあ at 20:58
人気ジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


カテゴリ:未分類( 280 )

【放射性物質拡散予想図】

.
放射性物質拡散予想図


原発、爪痕なお深く 福島第1を公開 (日経:10月13日)
e0171497_47643.jpg
(がれき除去作業が進む4号機の原子炉建屋)

東京電力は12日、福島第1原子力発電所を報道陣に公開した。
事故から約1年7カ月たち、4号機付近を中心にがれきはかなり撤去され整然と作業が進んでいる。
多量の放射性物質を出したとされる2号機や鉄骨がむき出しの3号機の建屋は、ほぼ事故時のまま。
放射線のため屋外に長時間はとどまれず、廃炉へ向けた作業の道のりは遠いことを改めて印象づけた。

今回のルートで、放射線量が最も高かったのは4号機タービン建屋の海側。
毎時約1000マイクロシーベルトで、過去と比べあまり下がっていない。
この付近は津波で運ばれてきたとみられる車がひっくり返っているなど、がれきや残骸が放置されていた。
e0171497_493920.jpg
(4号機の南側にある集中廃棄物処理施設)
e0171497_410322.jpg
(4号機のタービン建屋の海側では、押しつぶされたタンクがそのまま。この付近では毎時約1000マイクロシーベルトを計測した)

初めて公開した1、2号機の山側は壊れかけた建物など障害物が多い。
昨年8月には1、2号機主排気筒の地面近くにある配管の表面で毎時10シーベルトを計測。
1時間浴びると命の危険がある高さだ。
バスは十数メートルまで近づいたが、線量はそれほど上がらなかった。
「場所が少しずれるだけで線量は大きく変化する」(東電担当者)という。



   
        応援クリック にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ ありがとうございます!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

10月 14日(日)
e0171497_11141973.jpg
e0171497_11143078.jpg
e0171497_2235208.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

10月15日(月)
e0171497_22353827.jpg
e0171497_22355174.jpg
e0171497_2236560.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

10月16日(火)
e0171497_10312786.jpg
e0171497_10313920.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


   
        応援クリック にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ ありがとうございます!
.


by hansaki460 | 2012-10-13 17:46 | Comments(0)

【放射性物質拡散予想図】

.
放射性物質拡散予想図


原発、爪痕なお深く 福島第1を公開 (日経:10月13日)
e0171497_47643.jpg
(がれき除去作業が進む4号機の原子炉建屋)

東京電力は12日、福島第1原子力発電所を報道陣に公開した。
事故から約1年7カ月たち、4号機付近を中心にがれきはかなり撤去され整然と作業が進んでいる。
多量の放射性物質を出したとされる2号機や鉄骨がむき出しの3号機の建屋は、ほぼ事故時のまま。
放射線のため屋外に長時間はとどまれず、廃炉へ向けた作業の道のりは遠いことを改めて印象づけた。

今回のルートで、放射線量が最も高かったのは4号機タービン建屋の海側。
毎時約1000マイクロシーベルトで、過去と比べあまり下がっていない。
この付近は津波で運ばれてきたとみられる車がひっくり返っているなど、がれきや残骸が放置されていた。
e0171497_493920.jpg
(4号機の南側にある集中廃棄物処理施設)
e0171497_410322.jpg
(4号機のタービン建屋の海側では、押しつぶされたタンクがそのまま。この付近では毎時約1000マイクロシーベルトを計測した)

初めて公開した1、2号機の山側は壊れかけた建物など障害物が多い。
昨年8月には1、2号機主排気筒の地面近くにある配管の表面で毎時10シーベルトを計測。
1時間浴びると命の危険がある高さだ。
バスは十数メートルまで近づいたが、線量はそれほど上がらなかった。
「場所が少しずれるだけで線量は大きく変化する」(東電担当者)という。



   
        応援クリック にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ ありがとうございます!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

10月12日(金)
e0171497_1243530.jpg
e0171497_12431666.jpg
e0171497_14524578.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
by hansaki460 | 2012-10-12 11:15 | Comments(1)

【放射性物質拡散予想図】 

放射性物質拡散予想図


   
        応援クリック にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ ありがとうございます!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

9月24日(月)
e0171497_16432227.jpg
e0171497_1258269.jpg
e0171497_16433441.jpg
e0171497_1255827.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

9月25日(火)
e0171497_1254477.jpg
e0171497_12581211.jpg
e0171497_12545897.jpg
e0171497_18273622.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

9月26日(水)
e0171497_18271489.jpg
e0171497_18272665.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



   
        応援クリック にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ ありがとうございます!
.

by hansaki460 | 2012-09-21 11:41 | Comments(2)

【放射性物質拡散予想図】

.
放射性物質拡散予想図


.・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

9月15日(土)
e0171497_12392837.jpg
e0171497_13115265.jpg
e0171497_1312567.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

9月16日(日)
e0171497_13111799.jpg
e0171497_13113419.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

9月17日(月)
e0171497_1754695.jpg
e0171497_176098.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

e0171497_1763962.jpg



   
        応援クリック にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ ありがとうございます!
.

by hansaki460 | 2012-09-15 17:09 | Comments(1)

【放射性物質拡散予想図】


   
        応援クリック にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ ありがとうございます!

.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

8月30日(木)
e0171497_11372863.jpg
e0171497_11374136.jpg
e0171497_11561128.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

8月 31日(金)
e0171497_11554969.jpg
e0171497_1156185.jpg
e0171497_1621446.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

9月 1日(土)
e0171497_1615160.jpg
e0171497_162254.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


   
        応援クリック にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ ありがとうございます!
.

by hansaki460 | 2012-08-30 16:05 | Comments(0)

【放射性物質拡散予想図】

.
放射性物質拡散予想図


スイスサイトで、ようやく更新されました。(^^)


     
        応援クリック にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ ありがとうございます!

.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

8月20日(月)
e0171497_1235592.jpg
e0171497_1243349.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

8月21日(火)
e0171497_1251086.jpg
e0171497_1253112.jpg
e0171497_1274121.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

8月22日(水)
e0171497_126849.jpg
e0171497_1262177.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     
        応援クリック にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ ありがとうございます!
.

by hansaki460 | 2012-08-20 12:08 | Comments(0)

メダルをかじる&【放射性物質拡散予想図】

.
メダルをかじる



金貨を囓るのは、本物かどうかを見極める目的があります。

遠くは古代のスキタイ、ヒッタイトにもそういう慣習があったとか。

日本でも、小判をかじって、本物か偽物かを判断する場面が、時代劇の場面に時々出てきます。

e0171497_613277.jpg

ですから、オリンピックのメダルをかじる行為は、イギリスが発行するメダルが、本物かどうか? と、見定めているのです。


あまりお薦めできない行為だと思います。^^


     
        応援クリック にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ ありがとうございます!

.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

8月12日(日)
e0171497_1547244.jpg
e0171497_15473573.jpg
e0171497_12241187.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

8月13日(月)
e0171497_12242054.jpg
e0171497_12243059.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

8月14日(火)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     
        応援クリック にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ ありがとうございます!
.

by hansaki460 | 2012-08-12 06:14 | Comments(0)

聖母マリア像から血の涙が

聖母マリア像から血の涙が・・・ ニュース紹介


(1)デイリーメール
   7月17日 ルイジアナ州のフロントガーデン

米国ルイジアナ州の信仰者たちは、現在、聖母マリア像の前で祈りを続けている。
そのマリア像は、バトン・ルージュ地区にある一般家庭にあるもので、その聖母マリアが「こめかみから出血」をはじめたのだ。

e0171497_654352.jpg

最初に気づいたのは家の持ち主のハイ・グエンさんだった。それを見たグエンさんの娘は、「神様が聖母マリア像を通じて、私たちに何かメッセージを伝えてくださっているのだわ」と思ったとABCニュースに語った。

ニュースが流れた後、このマリア像を見るために多くの信仰者たちが訪れ、現在も、マリア像の前での祈りが続いている。
グエンさんは、お祈りをする人たちのために像が見えるよう庭を開放している。

http://www.dailymail.co.uk/news/article-2175064/Faithful-flock-witness-bleeding-Mother-Mary-statue.html

     ◇

(2)聖母マリアの像の目から血の滲み
   7月14日 ニューデリー カトリック司教協議会

インドのウッタル・プラデーシュ州にある聖母マリア像の目から血の涙が流れ出すという現象が起きており、地元では多くの信仰者たちがマリア像のもとに集っている。

この聖なるイベントが起きたのは、カルメル修道会(ローマカトリック教の一派)のチャペルに置かれる聖母マリア像で、最初にこのことに気づいたのは7月11日のことだった。

発見したのはチャペルを清掃にきた女性だった。
e0171497_1135830.jpg

「布でマリア様の像を拭いていた時に、私はマリア様の目から血が流れているのを見たのです。それを見て私は声を上げて泣きました。私は自分が見ている光景が信じられませんでした。しかし、見ていると、マリア様の目からは次から次へと血が流れ出てくるのです」

と彼女は言った。

その後にチャペルに入ったのは、修道士のジョイ・キザカイルさんだった。
ジョイさんは、マリア像の前で体を震わせて泣いている彼女の姿を見た。

このニュースはまたたく間に地域に広がり、周辺に住む65世帯のカトリックの家族たちが訪れた。
夕方までにはマリア像を見に 3,000人が集まった。

翌日の日曜日にもマリア像は目から血を流した。
ジョイさんによると、日曜の血の流れ方は前日よりも激しかったという。

「聖母マリア様から流れた血は、像の置かれている台の下にまでつたって落ちるほどの量だったのです」。

修道士はその血を採取し、地元のセント・ジョセフ病院に検査を依頼した。
その結果、血液は B+ve 型であることが判明した。

今も続く訪問者たちと信仰者たちは、マリア像の前で祈りを続けている。

http://cbci.in/FullNews.aspx?Id=691

     
        応援クリック にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ ありがとうございます!

.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

7月31日(火)
e0171497_1981083.jpg
e0171497_1982553.jpg
e0171497_11311260.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

8月 1日(水)
e0171497_11313295.jpg
e0171497_11314420.jpg
e0171497_11315570.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

8月 2日(木)
e0171497_11321593.jpg
e0171497_11324246.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     
        応援クリック にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ ありがとうございます!
.

by hansaki460 | 2012-07-31 11:35 | Comments(0)

【放射性物質拡散予想図】

【放射性物質拡散予想図】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

7月23日(月)
e0171497_15211764.jpg
e0171497_15212745.jpg
e0171497_17275095.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

7月24日(火)
e0171497_17272487.jpg
e0171497_17273817.jpg
e0171497_12361844.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

7月25日(月)
e0171497_12355450.jpg
e0171497_1236742.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     
        応援クリック にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ ありがとうございます!
.

by hansaki460 | 2012-07-18 19:06 | Comments(5)

福島4号機冷却できず 100℃を超える日

.
武田教授の緊急情報4 

福島4号機冷却できず 100℃を超える日

福島4号機の工事が杜撰で、冷却配管を損傷したと考えられます。

このため、6月30日の午前6時から冷却ができなくなり、温度が少しずつ上昇しています。
そのうち正式な報道がされると思いますが、私が計算したところ、このまま冷却配管が損傷した場合、4号機のプールが100℃を超えるのは7月5日夕刻と考えられます。

私はその後も急激な放射性物質の飛散はないと思いますが、専門家によっては飛散があるとしている人もいますので、一応、温度の状態だけ計算しました。
おそらく、このままいって使用済み核燃料プールの温度が100℃を超えて、水が沸騰し始めるのは7月5日の夕刻と考えられます。

その後も余裕があると思いますので、福島の人はすぐ逃げる必要はないでしょう。
風向きには一応、注意をしておいてください。

武田教授の緊急情報4           武田邦彦 (平成24年7月1日)


緊急情報5 福島4号機冷却再開

福島4号機の冷却が2012年7月1日(昨日)再開しました。確実な情報源で間違いはありません。ご安心ください。温度は1時間に0.3℃ほど上昇し、46℃程度まで行ったようです。

福島4号機は今後も工事が続き、使用済み燃料を取り出す仮の建屋が建設されますが、先日のように放射性物質をもうもうと立ち上らせての工事を止めること、冷却を安定させることを政府も東電も守る必要があります。

4号機の危険性について、再度、機会を持て取り上げます。(平成24年7月2日)
 
     
        応援クリック にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ ありがとうございます!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

7月 2日(月)
e0171497_18455186.png
e0171497_1583796.jpg
e0171497_1585134.jpg
e0171497_191722100.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

7月 3日(火)
e0171497_19165940.jpg
e0171497_19171257.jpg
e0171497_11482617.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

7月 4日(水)
e0171497_11483874.jpg
e0171497_11484828.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     
        応援クリック にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ ありがとうございます!
.

by hansaki460 | 2012-07-02 07:50 | Comments(1)