信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg


HP
まぼろしの
吾道之宮


e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 





ブログパーツ
以前の記事
2017年 01月
2016年 10月
2016年 08月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
唐・新羅進駐軍の唐側代表..
by 旅人 at 04:53
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


カテゴリ:未分類( 267 )

天地創造

★旧約聖書の 天地創造の話と、『ホツマツタエ』の天地開闢の話が、ほとんど同じだと云う話です。★

竹内文献には、現代の素粒子理論などに類似した天地開闢の話は、先日書きました。
では、旧約聖書とホツマツタエを見てみましょう。


[ 旧約聖書 ]

 初めに、神は天地を創造された。
 地は混沌であって闇が深淵の面にあり、
 神の霊が水の面を動いていた。
 神は言われた。「光あれ。」こうして、光があった。
 神は光を見て、良しとされた。神は光と闇を分け、
 光を昼と呼び、闇を夜と呼ば れた。夕べがあり、朝があった。
 第一の日である。
 ・・・以下略

【 要約 】
 1日目 暗闇がある中、神は光を作り、昼と夜が出来た。
 2日目 神は空(天)をつくった。
 3日目 神は大地を作り、海が生まれ、地に植物をはえさせた。
 4日目 神は太陽と月と星をつくった。
 5日目 神は魚と鳥をつくった。
 6日目 神は獣と家畜をつくり、神に似せた人をつくった。
 7日目 神は休んだ。


[ ホツマツタエ ]

【 要約 】
 0 アメノミヲヤ(大宇宙の根源の意識)の
  「生の一意気(意志・念い)」は 天元神を生む。

 ① 天元神のエネルギーは陽(昼)と陰(夜)に分離し、
  【 陰陽 】
 ② さらに陽は空・風・火、陰は水・埴に分れる。
  【 五行 】
 ③ 水・埴は地球をつくる。
 ④ 陽の核は日となり、陰の核は月となる。
 ⑤ 天元神は歳徳タマメを生み、タマメをして
  「キ・ツ・ヲ・サ・ネ」の五座の神を生む。
 ⑥ 空・風・火・水・埴の5つが交わって、
   地球に初めて人 (ミナカヌシ) が生まれる。
   ホツマの天元神は、七日目にも休まなかった。(^^
e0171497_6442069.jpg
 

いかがでしょうか? ソックリではありませんか?
 
そのあとホツマツタエはこう続く・・・・・
⑦ ミナカヌシは地球の八方に万子を生むが、天元神もミナカヌシの子として地上に肉体を持ち、『ト・ホ・カ・ミ・ヱ・ヒ・タ・メ』の八国 を創る。
⑧ 『ヱの尊』と『トの尊』は日本に生まれ、はじめ『ヱの尊』がヲウミの中央政府を治め、『トの尊』はトシタ国 (ホツマ) を治める。 
以後『ヱの尊』と『トの尊』の尊は交代で世を継ぐ。
⑨ 天に帰って、ミナカヌシと天元神は星とされる。 【 九星 】
⑩ 天元神は人の魂の緒を下し、それで魂と魄と結び合せて、世における人の寿命を得さしめる (天つ政)。

ホツマツタヱでは、アマテルの功績により日本は長く平和になります。
そして、アマテルの孫のニニキネ(日本書紀の瓊瓊杵尊に相当)は、最初は関東にいたのですが、新田を開発するため九州に移住したという筋書きになっています。
[PR]
by hansaki460 | 2015-10-17 06:46 | Comments(0)

道を求めた中国人と、初めから道があった日本

Wikipediaから引用すれば、【 道(Tao)】とは、人や物が通るべきところであり、宇宙自然の普遍的法則や根元的実在、道徳的な規範、美や真実の根元などを広く意味する言葉である、と云う。

老子は、老子道徳経でタオ(道)を説いた
道とは、名付けることのできない(仮に名付けている)ものであり、天地一切を包含する宇宙自然、万物の終始に関わる道を「天道」といい、人間世界に関わる道を「人道」というと、説明した。

孔子は天道を継承し、詩経、書経で人道についても語り、天地人の道を追究した

その他四書の『中庸』では、「天之道」「人之道」が「誠」であると云う。

また【菜根譚】では、「道を守って生きれば孤立する。だが、めざめた人は、現世の栄達に迷わされず、はるかな理想に生きるのだ」とし、道を守る事が肝心と説いた。


しかし、大陸で道を説く偉人が多くいたことに関して、国学者の本居宣長は『古事記』を解釈する過程で次のように指摘する。

中国の史実を述べた上で、「道」にそむいた事を口実に国を滅ぼし、新たに国を創り、今度はその国に忠誠を誓わせる為にまた「道」を利用し、周囲を巻き込み、多大な犠牲を生みながら、これを繰り返していると儒学批判を展開している。

一方で、日本の道は万世一系に基づいているとする。
e0171497_7211943.jpg

本居宣長は言う。

中国には古来、国を奪った者が帝王であり、奪われた者が賊である。国を奪い取って、国を良く治めた人を「聖人」といい、その聖人が定めたところを「道」といっている。
だから儒学で「道」とは、「人の国を奪う為のもの」「人に国を奪われないようにする用意」の2つを指す、とする。

それに対し、日本の「道」は違う。
中国では、仁義礼譲孝悌忠信などと作り、人々に 計(たばかり)を厳しく教えようとするが、日本にはそのような教えは無いにもかかわらず、良く治まってきた。
それが日本なのだ(古事記伝)。…という、

加えて、中国では「道」にそむいた事を口実に国を滅ぼし、新たに国を創り、今度はその国に忠誠を誓わせる為にまた「道」を利用し、周囲を巻き込み、多大な犠牲を生みながら、これを繰り返していると、儒学を批判する。

ところが日本の道は、万世一系に基づいているとする。

    ◇

これらのことは、日本の開闢史が、竹内文献、ホツマツタヱ等に書かれているように、天地創造から始まるのに対して、中国の始まりは、「初めに盤古が生まれた」という『盤古神話』であり、それは呉の時代(3世紀)に成立した神話集『三五歴記』による。

中国の歴史は、まるで新しく、だから、道を求めていたのだ。
日本のスメラミコトは、天地創造主の後裔であり、初めから道を示していたと、日本の古伝は伝えているのだ。
[PR]
by hansaki460 | 2015-09-26 07:21 | Comments(0)

伊那谷の小町谷家は、現存する日本最古の家系。

通説では、日本最古の家系は出雲国造の千家氏(せんげし)とその別れである北島氏とされる。

出雲国造は、国譲りに応じた大国主命を祀る為、天日隅宮(あめのひすみのみや=出雲大社)の祭祀を担った天穂日命を始祖、その子神・建比良鳥命を2代とする。(Wikipedia)

初代天穂日命は、アマテルの第一子とされる。

片や伊那谷の、大御食神社社家「小町谷氏」は、アマテルの妹の夫である「思兼尊(阿智彦)」を始祖とする。

すなわち、「小町谷氏」の始祖「思兼尊」の方が千家氏の始祖「天穂日命」より、一代早いのである。(^^
e0171497_605557.jpg
   
高皇産霊尊裔 阿智氏族 小町谷氏系図が「古代氏族系譜集成」にある。

この小町谷家の現在の当主はある大学の教授をしておられ、そのご子息は現在関東におられる。


日本で一番古く現続する家系が、伊那谷の大御食神社の社家であると云うことが知られない事情は、戦後の唯物史観に囚われた学者や知識人が、これらの史実から目を背けてきたからであるが、それらのことをして私の古代史への興味をかき立てたのでもある。(^^;

言いたいことは数多いけれど、何はともあれ日本で最古の家系が人知れず続いていることを知って欲しいと思います。

参考【大御食神社Wikipedia】http://c23.biz/AV4N






[PR]
by hansaki460 | 2013-10-07 06:03 | Comments(6)

大陸汚染&放射性物質 拡散予想図 終了しました



大陸汚染&放射性物質 拡散予想図 終了しました




.
[PR]
by hansaki460 | 2013-03-11 10:44 | Comments(27)

「福島原発事故による人体への影響はない!」と国連科学委員会が結論

.
「福島原発事故による人体への影響はない!」と国連科学委員会が結論


昨年12月に国連科学委員会で
「100ミリシーベルト以下の放射線の被曝は大した問題ではない」
「福島第一原発の事故による健康被害はない」

という報告書が発表された。

このことについて取り上げた、11日付Forbes.comの記事を紹介したい。

記事の概要は以下の通り。

国連科学委員会(UNSCEAR)は、福島の原発事故による識別可能な人体への影響はなかったと結論づけている。
現在、表土や落ち葉の除去に費やされている膨大な無駄な資金は、深刻な汚染状況にある福島原発付近の除染に集中投資すべきだ。
日本政府は真剣に原発再稼働の準備を始めるべき。
100ミリシーベルト以下の被曝にも健康影響があると誤って仮定したことによる経済的・心理的負担は、ただでさえストレスが溜まっていた日本国民には著しく害が大きかった。今後もその仮定を続けるならば、それは犯罪行為になる。

また、この記事に続き、Forbes.comは20日にも、
「Fear Of Radiation-It's All In The Noise(放射線の恐怖―要するにそれはノイズ)」
の記事で、以下の事実を紹介した。

日本の原爆被爆者のうち生存者について、被曝線量と発がん者数の関係をグラフにしたものがある。
e0171497_7472132.jpg
これによると、100ミリシーベルト以上の被曝の場合は被曝線量に比例して発がん者数が多くなるが、100ミリシーベルト以下では関係性がみられない。
放射線の影響は、環境要因や遺伝子など、死をもたらしうる他の要因に埋もれて消えてしまう。

ヒラリー・クリントン氏は国務長官時代の4年間を通し、飛行機に乗っていたことで通常よりも17.4ミリシーベルト多い放射線を浴びた。
これは大したことのないことであり、誰も気にしていなかった。
放射線よりも、長距離移動による肉体的なストレスの方が彼女の健康に悪影響だっただろう。

福島県の人体への被害がこれだけ小さいということは、日本ではほとんど報道されていない。逆に放射能被害を過大に報道し、日本全体に「原発アレルギー」をまき散らしたマスコミ報道はいかがなものか。

日本のマスコミは今からでも大々的に「人体に被害はない」という国連科学委員会の報告書を日本全国民に報道すべきだとおもう。
[PR]
by hansaki460 | 2013-01-28 07:48 | Comments(4)

【放射性物質拡散予想図】

.
放射性物質拡散予想図



震災復興支援放射能対策研究所が、ひらた中央病院の内部被曝検査結果を公表しました。非常に良くまとまっているので、是非一度ご覧ください。

朝日新聞の医療サイト「アピタル」より
http://www.asahi.com/health/hamadori/TKY201210120205.html

7月以来の報告になります。
2012年4月1日から、7月31日までに内部被曝検査を受診した8,200人(うち15歳以下が4,979人)が対象です。

全体として検出限界未満の方は、8,127名(99.11%)、有限値を検出したのは73名(0.89%)でした。
セシウム137を検出した71名のうち、男性が88%、40歳以上が約80%でした。
男性が多く、高齢の方が多い状況は変わりません。
e0171497_17274782.jpg

注目すべきポイントは以下の2点だと思います。

1つ目は、検出値が二極化してきているということです。
ほとんどの人が検出しなくなってきています。
以前、10~30Bq/kgあたりで検出されていた方が、排泄によって検出限界以下になってきている印象です。
これは、今現在の日常生活での慢性被曝が極端に抑えられているからこそ、このような値が実現しています。

それに対して、一部でかなり高めの値の方が散見されるようになってきています。
20Bq/kg以上の方は4名(男性3名、女性1名。4名とも60才以上)で、一組の夫婦と2名の男性でした。
そのうち3名が50Bq/kg以上でした。

今回の検査で50Bq/kg以上は3名ですが、その全員が自宅で現在の食品基準値を大幅に超える汚染食品を継続的に摂取していることが分かっています。
シイタケで14万Bq/kgだったり、イノシシで約900Bq/kgだったり、詳細については、このブログの第22回、第25回、第31回でも紹介させていただいています。

上記の様に値が完全に二極化してきています。

ー 以下略 ー

[PR]
by hansaki460 | 2012-10-15 11:00 | Comments(0)

【放射性物質拡散予想図】

.
放射性物質拡散予想図


原発、爪痕なお深く 福島第1を公開 (日経:10月13日)
e0171497_47643.jpg
(がれき除去作業が進む4号機の原子炉建屋)

東京電力は12日、福島第1原子力発電所を報道陣に公開した。
事故から約1年7カ月たち、4号機付近を中心にがれきはかなり撤去され整然と作業が進んでいる。
多量の放射性物質を出したとされる2号機や鉄骨がむき出しの3号機の建屋は、ほぼ事故時のまま。
放射線のため屋外に長時間はとどまれず、廃炉へ向けた作業の道のりは遠いことを改めて印象づけた。

今回のルートで、放射線量が最も高かったのは4号機タービン建屋の海側。
毎時約1000マイクロシーベルトで、過去と比べあまり下がっていない。
この付近は津波で運ばれてきたとみられる車がひっくり返っているなど、がれきや残骸が放置されていた。
e0171497_493920.jpg
(4号機の南側にある集中廃棄物処理施設)
e0171497_410322.jpg
(4号機のタービン建屋の海側では、押しつぶされたタンクがそのまま。この付近では毎時約1000マイクロシーベルトを計測した)

初めて公開した1、2号機の山側は壊れかけた建物など障害物が多い。
昨年8月には1、2号機主排気筒の地面近くにある配管の表面で毎時10シーベルトを計測。
1時間浴びると命の危険がある高さだ。
バスは十数メートルまで近づいたが、線量はそれほど上がらなかった。
「場所が少しずれるだけで線量は大きく変化する」(東電担当者)という。



   
        応援クリック にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ ありがとうございます!


[PR]
by hansaki460 | 2012-10-13 17:46 | Comments(0)

【放射性物質拡散予想図】

.
放射性物質拡散予想図


原発、爪痕なお深く 福島第1を公開 (日経:10月13日)
e0171497_47643.jpg
(がれき除去作業が進む4号機の原子炉建屋)

東京電力は12日、福島第1原子力発電所を報道陣に公開した。
事故から約1年7カ月たち、4号機付近を中心にがれきはかなり撤去され整然と作業が進んでいる。
多量の放射性物質を出したとされる2号機や鉄骨がむき出しの3号機の建屋は、ほぼ事故時のまま。
放射線のため屋外に長時間はとどまれず、廃炉へ向けた作業の道のりは遠いことを改めて印象づけた。

今回のルートで、放射線量が最も高かったのは4号機タービン建屋の海側。
毎時約1000マイクロシーベルトで、過去と比べあまり下がっていない。
この付近は津波で運ばれてきたとみられる車がひっくり返っているなど、がれきや残骸が放置されていた。
e0171497_493920.jpg
(4号機の南側にある集中廃棄物処理施設)
e0171497_410322.jpg
(4号機のタービン建屋の海側では、押しつぶされたタンクがそのまま。この付近では毎時約1000マイクロシーベルトを計測した)

初めて公開した1、2号機の山側は壊れかけた建物など障害物が多い。
昨年8月には1、2号機主排気筒の地面近くにある配管の表面で毎時10シーベルトを計測。
1時間浴びると命の危険がある高さだ。
バスは十数メートルまで近づいたが、線量はそれほど上がらなかった。
「場所が少しずれるだけで線量は大きく変化する」(東電担当者)という。



   
        応援クリック にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ ありがとうございます!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

10月12日(金)
e0171497_1243530.jpg
e0171497_12431666.jpg
e0171497_14524578.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
[PR]
by hansaki460 | 2012-10-12 11:15 | Comments(1)

メダルをかじる

.
メダルをかじる



金貨を囓るのは、本物かどうかを見極める目的があります。

遠くは古代のスキタイ、ヒッタイトにもそういう慣習があったとか。

日本でも、小判をかじって、本物か偽物かを判断する場面が、時代劇の場面に時々出てきます。

e0171497_613277.jpg

ですから、オリンピックのメダルをかじる行為は、イギリスが発行するメダルが、本物かどうか? と、見定めているのです。


あまりお薦めできない行為だと思います。^^


     
        応援クリック にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ ありがとうございます!


.

[PR]
by hansaki460 | 2012-08-12 06:14 | Comments(0)

聖母マリア像から血の涙が

聖母マリア像から血の涙が・・・ ニュース紹介


(1)デイリーメール
   7月17日 ルイジアナ州のフロントガーデン

米国ルイジアナ州の信仰者たちは、現在、聖母マリア像の前で祈りを続けている。
そのマリア像は、バトン・ルージュ地区にある一般家庭にあるもので、その聖母マリアが「こめかみから出血」をはじめたのだ。

e0171497_654352.jpg

最初に気づいたのは家の持ち主のハイ・グエンさんだった。それを見たグエンさんの娘は、「神様が聖母マリア像を通じて、私たちに何かメッセージを伝えてくださっているのだわ」と思ったとABCニュースに語った。

ニュースが流れた後、このマリア像を見るために多くの信仰者たちが訪れ、現在も、マリア像の前での祈りが続いている。
グエンさんは、お祈りをする人たちのために像が見えるよう庭を開放している。

http://www.dailymail.co.uk/news/article-2175064/Faithful-flock-witness-bleeding-Mother-Mary-statue.html

     ◇

(2)聖母マリアの像の目から血の滲み
   7月14日 ニューデリー カトリック司教協議会

インドのウッタル・プラデーシュ州にある聖母マリア像の目から血の涙が流れ出すという現象が起きており、地元では多くの信仰者たちがマリア像のもとに集っている。

この聖なるイベントが起きたのは、カルメル修道会(ローマカトリック教の一派)のチャペルに置かれる聖母マリア像で、最初にこのことに気づいたのは7月11日のことだった。

発見したのはチャペルを清掃にきた女性だった。
e0171497_1135830.jpg

「布でマリア様の像を拭いていた時に、私はマリア様の目から血が流れているのを見たのです。それを見て私は声を上げて泣きました。私は自分が見ている光景が信じられませんでした。しかし、見ていると、マリア様の目からは次から次へと血が流れ出てくるのです」

と彼女は言った。

その後にチャペルに入ったのは、修道士のジョイ・キザカイルさんだった。
ジョイさんは、マリア像の前で体を震わせて泣いている彼女の姿を見た。

このニュースはまたたく間に地域に広がり、周辺に住む65世帯のカトリックの家族たちが訪れた。
夕方までにはマリア像を見に 3,000人が集まった。

翌日の日曜日にもマリア像は目から血を流した。
ジョイさんによると、日曜の血の流れ方は前日よりも激しかったという。

「聖母マリア様から流れた血は、像の置かれている台の下にまでつたって落ちるほどの量だったのです」。

修道士はその血を採取し、地元のセント・ジョセフ病院に検査を依頼した。
その結果、血液は B+ve 型であることが判明した。

今も続く訪問者たちと信仰者たちは、マリア像の前で祈りを続けている。

http://cbci.in/FullNews.aspx?Id=691

     
        応援クリック にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ ありがとうございます!

.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

7月31日(火)
e0171497_1981083.jpg
e0171497_1982553.jpg
e0171497_11311260.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

8月 1日(水)
e0171497_11313295.jpg
e0171497_11314420.jpg
e0171497_11315570.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

8月 2日(木)
e0171497_11321593.jpg
e0171497_11324246.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     
        応援クリック にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ ありがとうございます!
.

[PR]
by hansaki460 | 2012-07-31 11:35 | Comments(0)