信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg



e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 





ブログパーツ
以前の記事
2017年 01月
2016年 10月
2016年 08月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
同じ意見の方がいらっしゃ..
by のりあ at 20:58
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


日の丸誕生秘話

日の丸は、源氏のと平氏ので できています。

今からちょうど、千年前のことです。

寛仁3年(1019年)3月27日に、中国・遼 配下の 満州の女真族(刀伊)の海賊船団が 壱岐・対馬、更に 筑前にまで 攻めてきました。 
いわゆる『 刀伊(とい)の 乱 』です。

その時 刀伊は 賊船約 50隻・約三千人の 船団を組んで、対馬や各地で 殺人や放火を繰り返し 暴れまわったのでした。

入寇の目的は 農耕民族住民の確保が あったと言われていますが、記録された被害は 殺された者 365名、拉致された者 1,289名、牛馬 380匹、家屋 45棟以上で、壱岐島では 残った住民が 35名に 過ぎなかったといいます。

・刀伊の入寇・経緯(Wikipedia)↓ 詳細はこちらをご覧下さい。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%80%E4%BC%8A%E3..

また、藤原定家の日記 『 明月記 』 には、
『 鎮西の 凶党等 数十艘の 兵船を構へ、彼の国の 別島に行きて合戦し、民家を滅亡し 資材を掠め取る。 行き向ふ所、半分ばかり 殺害さる。 其の残り、銀器などを盗み取り 帰り来たると。 朝廷のため 太(はなは)だ 奇怪なる事か。』
とあります。
いわゆる 「 和冦 」 のはしりでいた。


この時、朝廷は、北の 『 こま人 』 を送り込んで、防人に持たせた武器が 片刃の 刀で、やがて日本刀となった と 言う説があります。
両刃では、生産が 間に合わなかったので、片刃(=かた・な) で、実戦用の刀剣には、十分でした。
以後 衛府の武官に用いられたことから、衛府太刀(えふたち)・野剣(のだち) と呼ばれ、日本刀となったともいいます。


さて、本題の、『日の丸』ですが、ご存じのように、源氏と 平氏は 権勢を張り合っていました。
しかし、海外からの来寇が増すと、必然的に 味方同士として、日本列島の守りに入りました。

もともと、源氏は 『 白 』、平氏は 『 赤 』 で、敵・味方でしたから、源平合戦以降 なかなか 同じ軍団には なれませんでしたが、外敵の前にはそうはいきません。 力を合わせました。

結局 平氏軍団の船に、源氏軍団が乗ることとなり、外敵に対抗したのでした。 
そしてこの時、両者は 源氏の 白地の旗と 平氏の 赤の旗を ひとつの旗にして、日の丸を創りました。

外敵には、皆が 一致団結をしたのでした。 
・・・・ という説。 この説には 大変説得力が あります。


現存、最古の日章旗としては、山梨県甲州市の 裂石山雲峰寺所蔵のものが知られていますが、これは 後冷泉天皇より 源義光(新羅三郎)へ下賜されたという伝承があり、時期的には、ちょうど 『 刀伊の乱 』 の後です。
e0171497_9331853.jpg


     ↓ 応援よろしくお願いします
  にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 人気ブログランキングへ
     → 史郎のHPもどうぞ!←
[PR]
by hansaki460 | 2009-04-02 09:59 | 歴 史 秘 話 | Comments(0)
<< 縄文中期から、信濃では製鉄が行... 森繁久彌氏 の こと >>