信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg


HP
まぼろしの
吾道之宮


e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 







google36ed5a3dddf221d0.html
ブログパーツ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
唐・新羅進駐軍の唐側代表..
by 旅人 at 04:53
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


森繁久彌氏 の こと

森繁久彌氏 の こと  人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


YouTubeで、森繁の 船頭小唄 を見てて 思い出した。e0171497_9333518.jpg

”屋根の上のヴァイオリン弾き” を、何回 見に行ったことだろう。 
見るたびに 涙した。
また、彼のエッセイ 「ふと目の前に」 を読んだ時には、泣が止まらなかった。

それは ある公演でのこと。

公演中に 前列で 下を向いたままの 少女が いた。

役者たちは、代わる代わる 「起きろ!」 と ばかりに、近くに行っては 大きな音を立てて 床を 踏みならしたそうな。

舞台が終わって 拍手をしながら やわら顔を上げた 少女は、盲目だった という。

出演者 全員が、もうしわけなさに 泣いたという。 

森繁は 舞台から 少女に わびた、と書いてあった。

思い出すたびに 涙する。    ・・・・・・今も。


森繁久彌氏は、お元気だろうか?


     ↓ 応援よろしくお願いします
  にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 人気ブログランキングへ
     → 史郎のHPもどうぞ!←
[PR]
by hansaki460 | 2009-04-02 09:42 | Comments(0)
<< 日の丸誕生秘話 『 白山神社 』 と 『 駒ヶ岳 』 >>