信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg


HP
まぼろしの
吾道之宮


e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 





ブログパーツ
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
唐・新羅進駐軍の唐側代表..
by 旅人 at 04:53
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


『 白山神社 』 と 『 駒ヶ岳 』

『 白山神社 』 と 『 駒ヶ岳 』

弾左衞門 と 『白山神社』
中山英一氏は 著書で、長野県の被差別部落の人々と 白山神社の関わりを 詳しく描写しているが、東日本によく見られる 白山神社は、一体何を 祀っているのか。 氏は 「江戸の弾左衞門の 信仰に ならったものでは ないか」 と 推測する。 そして 「権力と財力を ほしいままにした 弾左衞門が、己の職業に与えられた 精神的 いやしさ からの 解放を 必死に願わずには いられなかったであろう」 としているが、なぜ 「賤民史観」 が突如 出現してくるのか? (弾左衛門は 江戸時代の 被差別民であった 穢多・非人身分の 頭領) 
弾左衞門は、本当に 白山神社に 祈り、解放を 求めたのか?
いいや、代々の 弾左衞門 は、己の 職業に 「精神的な いやしさ」 を 感じる どころか
「誇りと 自負心」 を 持っていた はずだ。

安産の神 と 『白山神社』
折口信夫は、加賀白山神社が 「ククリヒメ」 を祀っていることから 「ケガレ淨化 との関わり」 を 指摘した。
同じく民俗学者の 宮田登は 「これは 職能祖神というべきもので、その職能の安全を 保護する神霊」 とし、また 「穢れを 除去する」 神と 説明している。
しかし、白山神社は、古来から、出産の神、安産の神として 祀られてきたという 事実が もう一方にある。
出産の神、安産の神である 『白山神社』 の神が、なぜ穢多の神になっていったのか、歴史学者も 民俗学者も 明確な説明を することができないでる。 被差別部落の人々でさえ、そのことを 説明することが できない。

『駒ヶ岳』 と 『白山神社』
そこで、『駒ヶ岳』 の所在地と、『白山神社』 の所在地を みた時、帰化人の存在と オーバーラップするのだ。

徳川家康 と 『源氏名』
秀吉から 国替えを 命ぜられた 徳川家康は、八月一日(陰暦の八月一日は秋風のたつ九月) に白衣を羽織って 江戸入りした。  
以後、八月一日の 江戸開都祭 の 「八朔の祝い」 では、諸大名や旗本は 皆 白上下を着て、江戸城へ伺候し、江戸城では 将軍から茶坊主に至るまで 白衣を着て、又 その日の 吉原の女郎衆も 白一色になる 行事が あった。
(ちなみに、女郎衆は 源氏系の 限定職で、白拍子も 同じ。 今でも 花柳界や 接客業界で 女性は 職業上の名を 『源氏名』 と称する伝統が ある。)

足利氏 と 源氏
先立つ 室町時代、明国に臣従の形をとっていた 足利氏は、仏教をもっての 人心教化方策として、片っ端から、ナムアミダと やらせていたが、白旗党余類の中でも 『騎馬民族系』 は、それに対抗して 韓(から)神さまを 信仰し、白頭山でも偲ぶのか、加賀の 白山さまを 各地に 勧請したのだ。

◎ すなわち、大陸東北部からの 移住 渡来人の 末裔たち・源氏系氏族が、白山を 信仰したのである。( 白=まわし=北方系=源氏系 )

黒 対 白 の 社会構造
江戸時代になっても、唐・高句麗系の 大和朝廷の貴族や仏教徒は、契丹系の 源氏を差別して 「西方極楽浄土を説く仏教徒」 等は、墨染の衣、つまり黒を身につけて 威張っていたが、江戸の天下では、旗本で 反仏的な 水野十郎左衛門などは 「吾々は 白系だぞ」 とのし歩き 「白衣をもって 対抗していた」 という 歴史的事実 が あるのだ。 北面の武士 以来、武は 貴族から 差別されてきたが、力は 逆転していた。

赤 の 倭
ちなみに、それより古い 八はた系は、土俗八幡の祠 を 作り、その辺りに、男性のものに 似た 陽石を並べ、これを 「道祖神」 として奉っていた。
(北の 『白』 に対して、こちらは 赤=赤ふんどし=海人系=平家系でもある )

覇権者 の 姿
事程左様に、大陸・半島・列島の 人的移動の 歴史の考察 が 不可避だ。 
そして、差別・被差別の 構造も、新しくて 古い問題であり、古代に 遡る、部族間の 問題なのだ。 
学者も、評論家も 決して 正面から 見ようとしない。 
東大寺の 古文書には、寺男を 銭で売買した 記録が あるというのに である。

◎ そこには、白村江の 勝者・唐の郭務宗と、その軍団と、やがては 追い詰められて 列島たへ来た百済系の貴族たちが、倭の 天皇家を 担ぎだし、以後1000年以上 後ろで巧妙に操って来た、覇権者の 姿が見て取れる。
そして、やがては、白山社まで 権力に取り込み、比叡の 配下にして いったのだった。
[PR]
by hansaki460 | 2009-03-28 06:32 | 歴 史 秘 話 | Comments(1)
Commented by 望月古亶 at 2009-04-10 09:15 x
  『白河本旧事紀』と他の『旧事紀』との比較について、三重貞亮は、『旧事紀訓解』の巻頭で次のように見解を述べている。昭和十九年に松下松平さんは解説したのであるが、とんだ誤解をしたのではないかと思う。三重貞亮は『白河本旧事紀』を最も高く評価しているのである。


 「貞亮謹テ按ズルニ先代旧事本紀ト云フ者ノ三本アリ、一ツニハ、世間流布ノ先代旧事本紀十巻アリ、此ハ、聖徳太子ノ撰ジ始メ玉ヒ、蘇我ノ馬子ノ宿禰等ガ、成就シタル者也トイヘリ、二ツニハ、先代旧事本紀ト名ヅケ、大成経ト名ヅケ、七十二巻アリ、此ハ、大(オホ)方ハ、聖徳太子ノ撰ジ玉ヒ、推古天皇及ビ秦ノ河勝ノ大連等ノ成就シラレタル者也トイヘリ、三ツニハ、白河ノ神祇伯ノ家ニ、先代旧事本紀三十巻アリ、…今ママサニ訓解スルモノハ、白河家ノ先代旧事本紀ナリ、然ルニ、此書ハ、神代皇代ノ事迹ヲ詳カニ録シ、神道ノ事理ヲ、明カニ示シ、君臣ノ格言ヲ、アラハセリ、誠トニ天下ノ大経大法ト謂フベシ、蝦夷入鹿ガ乱ニヨリケルカ、脱亡スルモノ多ク、其全部タルコトヲエズ、甚ダ歎惜スベシ」

<< 森繁久彌氏 の こと 古代の地名 『 駒ヶ岳 』 の 由来 >>