信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg



e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 





ブログパーツ
以前の記事
2017年 01月
2016年 10月
2016年 08月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
庵住期 (70歳からの自活)
歴 史 秘 話
幻の吾道之宮
宇宙の摂理
神代文字
古代文字便覧 
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
竹内文献
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
同じ意見の方がいらっしゃ..
by のりあ at 20:58
人気ジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


古代の地名 『 駒ヶ岳 』 の 由来


伊那谷から、木曽駒ヶ岳と甲斐駒ヶ岳が見えます。
駒ヶ根市は駒ヶ岳サミットを提唱した市です。
全国には、正式名称では16ケ所ですが、通称では大小いくつの駒ヶ岳があるのでしょうか?

駒ヶ岳の名は、福井・富山・信濃・甲斐・神奈川 以北にのみありますが、それには 大きな理由があります。


紀元前37年頃~668年に、半島から大陸北部にかけて、扶余系民族による高句麗という 国がありました。 日本語での古名は「こま国」です。 

混同されやすいですが、後高句麗(899年~918年)とは、違う国です。 
当然、高麗(こうらい)とも違います。 
高麗は、(918年 - 1392年)王建(太祖)が建てた国。

古代、「こま国」からは、『弊賂弁島』『渡島』を経て、列島に多数の帰化人が入植しました。(下図を参照して下さい)

彼らが附けた山の名が、『駒ヶ岳』なのです。 後に彼らは大和朝廷に支配される側となりますが・・・。


日本海を見ると、ほぼ中央に 大和堆(水深約400m)があります。
これが日本書紀で6世紀に『粛慎人が「佐渡嶋北」に住み着いた』とある、今は無き 『弊賂弁島』『渡島』です。

大和朝廷の官僚・貴族たちは、「倭人」を『弥次さん』と、「こま人」を『喜多(北)さん』と、または、『八つぁん、熊さん』とか『野次・馬』などと揶揄し、差別・卑下と懐柔策で 日本の国を支配してきました。
 (現在、言葉狩りで、マスコミもこの重大な事実を隠し通していますが・・)

徳川家康(江戸幕府)は、自らも弥次さん喜多さんの仲間なのに、三代将軍以降は 朝廷の血も入り、朝廷の真似をして、差別と懐柔策を徹底し、体制の維持を図りました。

知らぬは『庶民』ばかり なのですね。

e0171497_774389.jpg
     【 大和碓 】
e0171497_1491820.jpg

by hansaki460 | 2009-03-24 09:39 | 地方史から見た覇権の姿 | Comments(0)
<< 『 白山神社 』 と 『 駒ヶ岳 』 日本の怨念の源泉と足跡(消され... >>