信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg


HP
まぼろしの
吾道之宮


e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 







google36ed5a3dddf221d0.html
ブログパーツ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
唐・新羅進駐軍の唐側代表..
by 旅人 at 04:53
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


古代文字に関する ご質問に答えて。

古代文字に関する ご質問に答えて。

ある方からの ご質問です。



従来から古代文字についての疑問に関する質問

①基本的に「いろは」48文字で母音も「あいうえお」になっていること。
②貴写真資料でも 山口県住吉神社の 「スミノエ」 の 「ノ」 及び奈良県大和神社の 「ヤチホコノ」 の 「ノ」 は何れも 万葉仮名の 「乃」 に思える。

この辺りがよく分かりません。



という ご質問に対して。

私は、古代の5母音と 8母音の議論は、まだ勉強不十分なのでわかりません。
そこで 橋本進吉博士の
『 現代とは 全く異なった 子音が 古代にはあった ということではなく、現代より 複雑な 母音の体系が かつて存在した ということらしい。』という前提で、丸山作楽氏の説の 一部を 紹介してみます。
丸山作楽氏が、海江田元老院技官と 明治20年渡欧した折に 碩学スタイン博士と交わした 会話記録です。

スタイン博士が、神代の文字について 説明を 求めた 問いに 答えて
『 ・・・古字に日文、秀眞(ホツマ)、穴市の三種あり、秀眞と穴市とも 伝来の久しきを 持ってすれば、漢籍前後に 於いて、一方に 適用したる者 ならむ。 支那字に 類似せるより。 世人の信を措き難し とするところなり。  -略-
而して 神字五十音は 宇於伊衣阿(ウオエイア)の母音と、宇千由牟布須久奴都流(ウチユムフスクヌツル)の 子音と配合して 声を発し、字を綴れるを 片假音図は 阿伊宇衣於を縦行とし 阿加佐多那波麻耶良和を横行として 悉曇章(梵字)に因りて 位置を変改し、又 習字にも 日文の順次 及び 難波津安積山(ナニハズアサカヤマ)を発して、平仮名色葉歌を用いるに 至れるは 仏式の盛んなる、一時文権を得たるより 馴致したる者なり。-略- 』

すなわち、仏教が入った段階で、古来の発音は 「あいうえお」 に統一されたと、述べてます。 (仏典の学習のためか?)
私見ですが、文字や発音に限らず、全てのものが、白村江の戦いで敗退した時以降、唐及び 高句麗のGHG・進駐軍の 藤原一族と その官僚 及び 仏教学者等によって、太平洋戦争 敗戦後、アメリカナイズした以上の変化があったのではないか、と思います。

ここでは、何故それ以前のもので研究されていないのか?ということになりますが、美社神字録では、3世紀から10世紀頃までのことが古代文字で記されており、10世紀ころの発音で書かれていても、(古代文字は表音文字ですから)何の不思議はないと思います。
倭武尊は 「 ヤマト タケ ノ ミコト 」 と書いてあります。 「 タケル ノ ミコト 」 ではありません。
又、天皇は 「 テムノウ 」 と記されています。

「 ノ 」 が 「 乃 」 になっている件は、私もそう思います。(笑)
古代文字には、あひる草文字に似た文字で、阿波文字というものもあります。 伝承の過程で、変遷したのではないか?
文字は変わっています。甲骨文字から金文・多くの書体を経て漢字へ。
古代文字は、甲骨文字・金文の頃の形が 読み取れますが、これがお手本だ、というものが 有ったのではないのだろうと 思います。
甲骨文字が漢字へと 変遷していく 過程と似ているところが有ったと思います。
中国で 漢字が 簡体字に変遷したのは ごく最近です。
ということで、よろしいでしょうか。

古事記は まだしも、日本書紀の 呪縛の 解けない 現在の史観の中では、なかなか議論が展開しません。
ちなみに、明治時代 ドイツのケムペルマンは、「神代文字」と題する 堂々たる論文をドイツ協会雑誌に 発表していますが、わが国の 誰ひとりも 批評をしていないとのことです。
近年では、吾郷清彦氏などが 著名です。
私も少しずつですが、前進していきたいと思っております。

今後のHPをご支援下さい。
HPで発表した以上、上記のような質問にも、わかりやすくお答えするのが責務かと思います。
その姿勢でおりますので、今回はこの程度でお願いします。



↓よろしかったらクリックして下さい。
史郎のHPもどうぞ!←
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[PR]
by hansaki460 | 2009-03-16 19:01 | 神代文字 | Comments(1)
Commented at 2009-03-20 13:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 日本の怨念の源泉と足跡(消され... 蟻通神社 >>