信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg


HP
まぼろしの
吾道之宮


e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 







google36ed5a3dddf221d0.html
ブログパーツ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
唐・新羅進駐軍の唐側代表..
by 旅人 at 04:53
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


戸隠神社をご存じですか?

戸隠神社をご存じですか?

戸隠神社は、長野市にあり、祭神は 天八意思兼命(あめのやごころおもいかねのみこと)、その子・天手力雄命(あめのたぢからおのみこと)、同じく子・天表春命(あめのうわはるのみこと) ほかです。

「戸隠」の名が 歴史的な文献に 最初に登場するのは 平安時代です。
すなわち、南信州の 阿智神社から 移籍してから、というのが私の主張です。

しかし、地元や 学者の人たちは、戸隠神社は 神代の昔から戸隠にあった と、そう固く 信じているようです。

このことを 指摘する人は 他にいませんが、間違い ないと思います。


神社には、九州の 高千穂神楽も 残っておりますが、これも研究対象です。

私のテーマ・古代文字も 関係してきます。

ぜひ、どなたか反論を!  楽しみにしてます。

.
e0171497_9151571.jpg



史郎のHPもどうぞ!←
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[PR]
by hansaki460 | 2009-03-11 08:39 | 地方史から見た覇権の姿 | Comments(1)
Commented by タッキー at 2009-03-22 16:33 x
すごく立派な並木ですね。
この写真を見ただけでも戸隠神社って歴史がありそうですね。
<< 蟻通神社 名字・苗字の多くが二字の理由 >>