信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg


HP
まぼろしの
吾道之宮


e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 





ブログパーツ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 01月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
唐・新羅進駐軍の唐側代表..
by 旅人 at 04:53
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


全国でも少ない 『 八華形鏡 』

全国でも少ない 『 八華形鏡 』

赤須彦が、倭武尊を迎えた時、八華形鏡と頭槌之剱を懸けて迎えたという。
八華形鏡は、数が少ない。


社伝記”美社神字録”にあるのを見てみよう。
記録を写したした人が違うので、二種類あります。

e0171497_16344655.jpg

e0171497_1635313.jpg

次は、安布知神社に伝わるものです。
e0171497_16213061.jpg


神社の鏡は、踏み返しの鏡ですが、原型鏡を一緒に掲げます。
e0171497_1627398.jpg


最後に、似たものですが、集古十種にある、或蔵鏡です。
e0171497_16302112.jpg


ここから、判断をすると、美女ヶ森のものは安布知神社の物と同型だったと思われます。
八華形鏡は、唐式の鏡ですが、遺跡出土鏡には見られません。

分析は後日に。 資料のみ。

[PR]
by hansaki460 | 2009-03-06 16:18 | 歴 史 秘 話 | Comments(0)
<< 青銅器 神社に伝わる古代文字[2] >>