信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg



e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 





ブログパーツ
以前の記事
2017年 01月
2016年 10月
2016年 08月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
庵住期 (70歳からの自活)
歴 史 秘 話
幻の吾道之宮
宇宙の摂理
神代文字
古代文字便覧 
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
竹内文献
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
同じ意見の方がいらっしゃ..
by のりあ at 20:58
人気ジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


伊那谷の覇権の推移[2] ”検討課題”

伊那谷の覇権の推移[2] ”検討課題”

大和朝廷の中で、伊那谷に大きな影響を及ぼした人物 といえば、天武天皇(大海人皇子)は その中の 筆頭では ないだろうか?

天武の時代に、阿智宮と善光寺が 伊那谷から 北信へ行ったが、当時 どんな要素が 生じたのであろうか?


天武天皇(大海人皇子)は 天皇号の創始者であり、天皇の 宗教的権威を 高めた人物で、伊勢神宮(天照大神)の祭祀を重視し、また広瀬・竜田祭を 国家事業として行った。
そして、斎宮を制度化したのも天武天皇である。

さて、それより 数百年前、崇神天皇は 宮疫病を鎮めるべく、従来 宮中に祀られていた その天照大神を、倭大国魂神と併せて 皇居の外に移し、豊鍬入姫命に託し、笠縫邑(かさぬいむら)に 祀らせた。 これが斎王(斎宮)の始まりとされる。
笠縫邑とは、崇神天皇が 宮中に奉祀していた 天照大神を 移し、豊鍬入姫命に託して 祀らせた場所で、比定地については、檜原神社、多神社、笠山荒神社、多神社摂社の姫皇子神社、飛鳥坐神社、等々がある。

これらを見るに、天照大神を通して、神武天皇,崇神天皇,天武天皇に 伊那谷に共通する事柄が 浮かび上がる。

まず初めには、天照大神の義弟・吾道彦(天八意思兼命)が、信濃(阿智宮)に入っている。

次に、神武天皇の子・神八井耳命は 古事記編者・太安万侶の祖先であり、多氏一族の始祖であるが、多氏は 科野國造でもある。
そして崇神天皇が笠縫邑で 天照大神を祀ったという場所は また、多家所縁の地であり、現在 多神社がある。

天武天皇は、信濃に行宮を計画した。
そして、善光寺、戸隠神社、諏訪大社に大きな影響を与えたと思われる。

そして何より、三人の天皇は、天皇家草創の節目節目で、重要な地位を占めている。


天照大神と吾道彦(天八意思兼尊) : 神武天皇と神八井耳命 が、また 崇神天皇 : 天武天皇が オーバーラップするのは、私だけだろうか? 


史郎のHPもどうぞ!←
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
by hansaki460 | 2009-02-20 11:50 | 地方史から見た覇権の姿 | Comments(0)
<< 古代文字の真実[5]”古代文字... ”美社神字録”の秘密を解く[1... >>