信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg


HP
まぼろしの
吾道之宮


e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 







google36ed5a3dddf221d0.html
ブログパーツ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
唐・新羅進駐軍の唐側代表..
by 旅人 at 04:53
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


吾道彦物語[5]”天八意思兼尊の時代 と大御食神社”

吾道彦物語[5]
”天八意思兼尊の時代 と大御食神社”


紀元前9世紀頃、吾道彦たちが活躍した南九州王朝”高千穂国”は、本当に存在した。

そう確信しております。

信州信濃、伊那の谷に《大御食神社》がありますが、そこに伝わる神代文字で書かれた社伝記『美社神字録』は、その証明に他ならないと確信しております。

赤須彦の祖先は、高千穂国で活躍した吾道彦・天八意思兼尊であり、尊こそ神代文字の創造者と伝わって居るではありませんか。

今は無き阿智村の阿智家を経て、その別裔の『大御食神社の神官家』に、神代文字の社伝記『美社神字録』が伝わっていることは、至極自然であり、当然であると考えられます。

阿智家は覇権移動の犠牲者で、戸隠に移封させられ、覇者等に意図的に消されたのだと思います。

伊那谷では、御子柴遺跡の旧石器時代,縄文の時代,阿智彦の時代,古墳の時代,馬の時代,天武の時代を経て、ようやく藤原の時代の頃からの文化,風俗が、民俗として現代に残っております。

なぜ藤原以降、1200~1300年前の事柄が、現代に残っているかというと、封建時代が藤原の時代から始まっているからですね。 

近代制(国家)は、封建制(国家)の改良にほかなりません。

歴史が連続している地域(国)で、その歴史の始まりは、封建制があった時期からですから。

ということは、封建時代が始まった大宝律令以前の文化・風俗は、伝統として残っていないと云うことにほかなりません。 遺跡等でしか残らず、連続性がないと云うことですね。



『聖徳太子,蘇我馬子,天武天皇と続く大和朝の創作者たちは、南九州・高千穂朝を神話の世界に閉じ込め、神代文字の古史古伝書を焚書して、古事記,日本書紀でもって自らを正統と創作した。』

そう仮説をたててから、あらゆる事柄がすっきりして来ました。

この仮説は、確信に変わっております。 



『大御食神社』の関係者は、自信を持って神代文字の社伝記『美社神字録』を発信しほしいと思います。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
http://homepage3.nifty.com/utukusinomori/newpage1.html
↑ホームページもご覧下さい。↑
[PR]
by hansaki460 | 2009-02-16 22:47 | Comments(0)
<< 古代文字の真実[1]”ひふみ歌... 吾道彦物語[4]”天八意思兼尊... >>