信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg


HP
まぼろしの
吾道之宮


e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 







google36ed5a3dddf221d0.html
ブログパーツ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
唐・新羅進駐軍の唐側代表..
by 旅人 at 04:53
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


吾道彦物語[2]”ワカヒメの生い立ち”

吾道彦物語[2]”ワカヒメの生い立ち”

 和歌姫の生い立ちを申し上げます。 父は伊邪那岐、母は伊邪那美と申します。

  イサナギとイサナミが ツクバのイサ宮で 新婚生活に入った時、二人は床入りし、情熱のおもむくままに交わって 子供を孕(はら)み、誕生した女の子の名前は、昼に生まれたので ヒルコと 名付けました。

  しかし ヒルコが生まれた年は、父イサナギ 40歳、母イサナミは 31歳で、2年後には男42歳、女33歳の 天の節で 大厄に当たります。そこでヒルコは 両神の慈しみを一身に受けて育てられましたが、まだ三年にも満たないというのに、親の元から引き離されて岩樟船(イワクスフネ)に乗せ捨てられました。

  下流でカナサキ(住吉神)が拾い上げて、妻のエシナズの乳を得て 何不自由なく我が子同様に育てられました。

  実はこの時、妻エシナズは不幸にも 我が子を失ったばかりでしたので、それはもう 我が子に再開したような喜び様でした。

  カナサキはいつも優しい潮の目で ヒルコを目守ってやり、「アワウワヤ」と手拍(てうち)をしてあやしていました。

  ヒルコの誕生日には炊きごはんを神様に供え、初めて食事のとり方を教えて、立居振舞も手を取って習わせました。

  三年目の冬には髪置(かみおき)と言って、幼児が初めて髪を伸ばす儀式も済ませました。

  新年元旦は餅をつき 天神地神に供えてから、親族が集まって新年を祝いました。 

三月三日の桃の節句には 雛祭をして遊び、五月五日は菖蒲(あやめ)を飾って粽(ちまき)を食べましtaた。七月七日は七夕(たなばた)祭で、九月九日は菊の花と栗を供えるお祭です。

  五年目の冬には 男子は初めて袴(はかま)をはいて、女子は被衣(かずき)を着ます。 又5歳からは常にアワ歌を教えて言葉を正します。

   アカハナマ  イキヒニミウク

   フヌムエケ  ヘネメオコホノ

   モトロソヨ  ヲテレセエツル

   スユンチリ  シヰタラサヤワ

  この様な年中行事を経たヒルコ姫は、今では美しい乙女に成長しました。

  厄もきれいに川の水に流された今、再び両親の元に呼び戻されて、天照神の妹(イロト)として復活し、ヒルコの名もワカヒルメと変わりました。

彼女が三歳のときに、親の厄年の影響を受けないようにと、形だけ捨て子にされたあと、拾われて育てられたことにちなんで付けられた 『広田神社』があります。 本当は西宮神社だと思われますが、歴史のまにまにいろいろな変遷があったのでしょう。

  また、彼女が紀州の地で独身時代に住んでいた宮の跡は、『玉津島神社』として今も残っています。 それと、異論はありますが、和歌山には丹生都姫神社も在ります。  

つづく



こちらもご覧ください。

『伊那谷から古代が見える』

http://homepage3.nifty.com/utukusinomori/newpage1.html
[PR]
by hansaki460 | 2009-02-16 22:44 | Comments(0)
<< 吾道彦物語[3]"カ... 吾道彦物語[1]”アチヒコの生... >>