信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg


HP
まぼろしの
吾道之宮


e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 







google36ed5a3dddf221d0.html
ブログパーツ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
唐・新羅進駐軍の唐側代表..
by 旅人 at 04:53
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


吾道彦物語[1]”アチヒコの生い立ち”

吾道彦物語[1]”アチヒコの生い立ち”

高皇産霊尊の子に 思兼尊(阿智彦)が おられます。

知恵の神様として知られ 奉られており、少しご縁があり、調べていくうちに 深みに はまりました。

『 美しの森物語 』 の原稿も兼ねながら、調べて参ります。

思兼神の身上書からです。

名称     思兼神(おもひかねのかみ)

親      高皇産霊尊(たかみむすひのみこと)

兄弟姉妹 少彦名命(すくなびこなのみこと)、栲幡千千姫(たくはたちぢひめ)、三穂津姫(みほつひめ)



吾道彦物語り [1]

さて、思兼尊の名前は アチ(吾道・阿智)彦と 申しました。
(吾道彦が はじめて歴史に登場する 場面からです。)

ある日、イサワの宮(伊雑宮)にいた天照神は、タマツ宮(玉津宮)のワカ(和歌)姫のところへ、オシカ(勅使)として 吾道彦を使わしました。

申し遅れましたが、和歌姫は 天照神の 妹です。

歌姫は、吾道彦に会ったとたんに 恋焦(こいこが)れてしまい、苦しい女の胸の思いに耐え兼ねて 和歌の歌を詠み、歌冊(ウタミ)に染めて 思わず吾道彦に 渡してしまいました。

吾道彦が 思わず手にした その歌は、

『 キシイ(紀州)こそ 妻を身際(みぎわ)に 琴の音(ね)の 床(とこ)に我君(わぎみ)を 待つぞ恋(こい)しき 』

「 紀州にいらっしゃい。私は貴方の妻になって いつも御身(おんみ)の近くで 琴を奏(かな)でてさしあげましょう。 寝床ではいつも 我君(わぎみ)を恋しい思いで お待ちしています。 」

 これを見た吾道彦は、突然の恋の告白に戸惑い、思えば 仲人もなしにどうして愛を結ぶことができようか とか、返歌をしなければ とか、考えれば考えるほど 焦りが先たち、ついに返事もできず、言葉に詰まって、

「 待って下さい。 後日 必ずお返しします。 」

と言うや、その場を 何とかつくろって 歌柵を持ち帰り、宮中に走り至ると 諸臣(もろとみ)に相談しました。

何しろ 天照神の 美しい妹に恋されたのでは、うれしいやら困ったやらで、戸惑いを隠せません。

一部始終を聞いていた カナサキ(住吉神)が、静かに お話しを始めました。

「 この歌は、受けたからには もう絶対絶命です。 返事(カエゴト)ができない、上から読んでも下から読んでも グルグル巡りの 回文歌(マワリウタ)です。

 私もアマテル神の御幸のお供で 船に乗っていた時のこと、暴風が激しくて 波が高いのを打ち返そうと 回文歌を詠み、

『 ながき夜(よ)の 遠(とお)の眠(ねぶ)りの 皆目覚(みなめざ)め 波乗(なみの)り船(ふね)の 音(おと)の良(よ)きかな 』

と詠ったところ、やがて風が止んで 波は静かになり、船は心地よく アワ(阿波)の湊に着きました。 」

と話されました。

 しかし それを聞いても、吾道彦の心は 乱れて落ち着きません。

「 和歌姫に 返歌をしなければ。 愛にどう答えれば よいのでしょうか 」と、問うと、

ここで 天照神の詔がありました。

「 今こそ、住吉神の船に乗り受けて、夫婦(メオ)となるなり 」
 この後、吾道彦と和歌姫は 住吉の船が縁を取りもち、今は ヤス川(野州)辺に宮を造り、名も天照神の妹・下照姫となり 幸せに暮らしました。
[PR]
by hansaki460 | 2009-02-16 22:31 | Comments(0)
<< 吾道彦物語[2]”ワカヒメの生...