信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg


HP
まぼろしの
吾道之宮


e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 







google36ed5a3dddf221d0.html
ブログパーツ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
かるいざわ かるいさわ ..
by kuwahara at 11:56
唐・新羅進駐軍の唐側代表..
by 旅人 at 04:53
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


ホツマの姿が今に残る「諏訪」

ホツマの姿が今に残る「諏訪」!

諏訪大社上社境外摂社に「御射山神社」がある。
御祭神は、建御名方神・大己貴神・高志沼河姫神・ 国常立命
古来、この辺は狩場であり、この地で行われる御狩の神事は全国的にも有名で、諏訪信仰の広める一因でもあった。

ホツマツタヱにこうある。

アマテル神は言った。スワの神(建御名方) が山深き国からやって来て願い出るのには、

「信濃は大層寒く魚も多く取れません。厳しい冬は飢えて凍え死にする者も少なくなく、民はやむなく魚の代わりに鳥獣の肉を食べて寒さをしのいでいます。どうか食べ物の乏しい冬場だけでも肉食をお許し下さい。」

しかしアマテル神は、「ならぬ、邪食はならぬ。」と、許さなかった。


ある時、クシキネ(大己貴) が諸国を巡って農業指導をしている時、災害で食糧の乏しい村民の訴えに、つい誤って獣の肉食を許してしまった。

この御射山神社は 鹿狩の神事が行われた古社で、獣の肉食を許した大己貴を祀っている。
e0171497_03194026.jpg

・諏訪域においては、大型獣の狩猟の際には固有の神文が唱えられた。

 諏訪神社75種類の神事の中でも、もっとも重要な神事である御頭祭には、

「およそ当社生贄の事、浅智の疑い殺生の罪、去りがたきに似たりと云えども、『業尽有情、雖放不生、故宿人身、同証仏果』の神勅を請け給われば、まことに慈悲深重の余りより出て、暫属結縁の方便を儲け給える事、神道の本懐、和光の深意、いよいよ信心をもよおすものなり。(諏方大明神画詞)」

…などとされた。

諏訪は、千年万年と連なる歴史の姿が、そこここにある魅力的な地である。

[PR]
by hansaki460 | 2017-07-10 03:20 | 地方史から見た覇権の姿 | Comments(0)
<< 五節の舞 神歌 >>