信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg


HP
まぼろしの
吾道之宮


e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 



google.com, pub-3712853130935958, DIRECT, f08c47fec0942fa0
ブログ1
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
かるいざわ かるいさわ ..
by kuwahara at 11:56
唐・新羅進駐軍の唐側代表..
by 旅人 at 04:53
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


神歌

かみうた(神歌)

ドイツ人、ケンパーマンがローマ字表記したものです。

 かみうた
 かみはゆく
 としきはとまね かねこなる
 ますみのかかみ
 おもかははりてや
 あ
e0171497_08113753.png
吾郷清彦 訳(読み違いがあるとしてます)

 カミウタ         (神歌)
 カミハユク        (神は行く)
 ヒキコハヒカヒ カヒヤフル (?)
 マスミノカカミ      (真澄の鑑)
 オモハカハリテヤヮ    (面は変わりてやわ)

1865年、下総国葛西の 半田稲荷神社近くの かなり古い祠で、とある石が掘り起こされた。そこに彫られていたもの とあります。
この歌が彫られていた石が 今どこにあるかは不明。

なお、掲載の文字は、拓本からと云うことです。

by hansaki460 | 2017-07-07 08:13 | 神代文字 | Comments(0)
<< ホツマの姿が今に残る「諏訪」 神宮奉納文  源 義経 >>