信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg


HP
まぼろしの
吾道之宮


e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 







google36ed5a3dddf221d0.html
ブログパーツ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
唐・新羅進駐軍の唐側代表..
by 旅人 at 04:53
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


地名の三日町は、三日待ち

長野県箕輪町にある「南宮神社(祭神:建御名方命、八坂刀売命)」には、春宮と秋宮がある。

建御名方命は秋宮と春宮とを半年ずつ遷座し、それを「御神渡り」といい、毎年の祭事である。

初夏に行われる春宮から秋宮への遷座のあと建御名方命(祭神) は、山中に建てられた「御旅所」と呼ばれる「穂屋」に三日間、避暑に行った。

現在の穂屋
e0171497_86984.png

その三日の間、お供の者たちは麓で待機し、その場所を三日待ち(三日町) と称するようになった。


思うに、全国にある三日町・六日町・十日町等の地名も、町=待ち ではあるまいか?
雪に閉ざされて、動けなくなり、六日も十日も待たされたと云う事では無いだろうか?

ただ、町=市場 と、まことしやかに言う識者らが巨万といるから、手に負えない。(^^

【……三日町の地名から、中世ここでは市が聞かれたにちがいないが、その姿を窺い知るすべもない……(箕輪町誌)】

.
[PR]
by hansaki460 | 2017-01-17 08:09 | 歴 史 秘 話 | Comments(0)
<< 日抱宮(ひだきのみや) のこと 日本文明の源泉は、ムー >>