信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg


HP
まぼろしの
吾道之宮


e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 







google36ed5a3dddf221d0.html
ブログパーツ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
唐・新羅進駐軍の唐側代表..
by 旅人 at 04:53
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


お猪口の話


地名「くなしり(国後)」島 は、やまと言葉(日本語)
しれとこ(知床)も、やまと言葉(日本語)、と言う話を書いた。

通説は「くなしり(国後)」を、島に先住していたアイヌ人はアイヌ語で「クナシル」と呼んでおり云々…と、日本語ではないとする。

お猪口の語源は、「鍾(しょう)」の呉音・福建音・朝鮮音「チョング・チョンク(chong)」に由来する云々…と、これまた通説では外来語とする。

     ◇

一方で、例えば源氏物語「乙女」では、【大和魂】についてこう書いている。
【 猶、才を本としてこそ、大和魂の世に用ひらるる方も、強う侍らめ 】
とあり、与謝野晶子は、こう訳している。
【 やはり学問が 第一でございます。 日本魂(やまとだましい)をいかに活かせて使うかは学問の根底があって できることと 存じます。 】

結局光源氏は、わが子の育て方で、中国の学問を身につけさせようと考えた。
そして理屈だけ詰めこむのではなく、社会常識を踏まえ均整のとれた感覚を、紫式部は【大和魂】と名づけた。
だから、平安時代中期から日本人は、国際人であった。

しかしこんな唐かぶれの人の話もある。
江戸の高名な漢学者が、日本橋から品川へ引っ越した時、弟子から「何故こんな田舎へ?」と問われ、「唐に四里近い」と強がった、という話を読んだことがある。

閑話休題(それはさておき)、

     ◇

神功皇后が酒を勧めた歌が『日本書紀』には、こうある。

「此の御酒(ミキ)は 吾が御酒ならず 神酒の司 常世に坐す いはたたす 少御神の豊寿き 寿き廻ほし 神寿し 寿き狂ほし 奉り来し御酒そ あさず飲せ ささ」

だから、酒造の神様の一人に「少彦名神」とする。

しかし、酒壽(サカホガイ)祝詞の中には、周玖那彌伽未(スクナミカミ) として出てくる。

虚能彌企破 和餓彌企那等儒 區之能伽彌 等虚豫珥伊麻輸 伊破多多須 周玖那彌伽未
この酒(ミキ)は 我が酒ならず 藥(クシ)の神 常世(トコヨ)に在(イマ)す 岩立たす 少御神(スクナミ)


「少御神=少彦名(スクナビコナ)神」と、「周玖那彌伽未=少名御・少波神(スクナミ)神」の違いがあるのだ。

沙沙貴神社(ささきじんじゃ)が、滋賀県近江八幡市にある。
式内社で、主祭神は少彦名命とする。
そして、古伝ホツマツタエでは、沙沙貴神社は少波神を祀るとある。

沙沙貴神社の北には繖(きぬがさ)山があり、その北には 猪子山が続き、古来 猪口山と呼ばれているという。

…そこでまだひとつの仮説だが、

酒壽(サカホガイ)祝詞の「この酒は 我が酒ならず …… 少御(少波神)神」であれば、酒の神の少波神を祀る沙沙貴神社の向かいの山は「猪口(いのくち)=井ノ口」であったが、漢字に置き換えられて、いつしか「井ノ口 ⇒ 猪口 ⇒ ちょこ」となった。

少波神もまた、いつしか少彦名神と混同されていった……。


神代文字で書かれた古史古伝には、やまと言葉で書かれています。
…が、日本の正統性を脅かすとばかりに、神代文字を認めません。


日本の正統性の話、まだまだ続く

[PR]
by hansaki460 | 2015-01-31 19:51 | 歴 史 秘 話 | Comments(1)
Commented by 言霊百神 at 2015-02-02 15:17 x
紹介

百花繚乱 http://www13.ocn.ne.jp/~ryouran/
おほもと http://www.oomoto.or.jp/
<< 銅戈・銅鐸の謎解き 学術的?政治的? 1185年と... >>