信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg


HP
まぼろしの
吾道之宮


e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 





ブログパーツ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 01月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
唐・新羅進駐軍の唐側代表..
by 旅人 at 04:53
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


筑紫の高良大社の高良玉垂は、高木霊絶 !?

福岡県久留米市の高良山にある「高良大社」の話です。筑後国一宮で、古くは高良玉垂命神社、高良玉垂宮などとも呼ばれました。
ところが主祭神である「高良玉垂命」が何物であるか? 今もって解らない。そこで今回私は、高良大社(高良玉垂宮)の変遷を、神話の時代まで遡って見てみたいと挑戦してみました。

由来については、高良大社の歴史に諸説ある中で、「高良山に居た高木神が、高良玉垂命が一夜の宿として山を借りたいと申し出て、高木神が譲ったところ、玉垂命は結界を張って鎮座した」と云う説を採りました。

元々筑紫には「高木神」が居た。

【日本書紀 卷第一 第一段 一書第二 】
原文
一書曰 …略… 次國常立尊  次國狹槌尊 葉木國 此云播擧矩爾 可美 此云于麻時 …略。

訳文
一書に曰はく。…略… 次に国常立尊。次に国狭槌尊。【葉木国】、此をば播挙矩爾(はこくに)と云ふ。…略。

この【葉木国】が「木(東)の常立尊」で「高皇産霊神=高木神」です。
そして「葉木国」は、今の仙台あたりを首都とする古代の王国【日高見】を建国し、その子「木のトコタチ」が初代「タカミムスビ*」となった。(*「ヒタカミ国を統べる」という意の役職名)

この初代「タカミムスビ」の子に「天鏡尊(アメカガミ)」がいる。
この「天鏡尊」はヒタカミから下って筑紫を治め始めた。つまり筑紫は当初ヒタカミ系だったのだ。
だから、東北に鹽竃神社があり、山幸彦を船に乗せて筑紫を案内した鹽土老翁神が当地で塩の作り方を教えたという話は、臨場感がある。

木の常立の子で、筑紫を治めた「天鏡尊」は「天萬尊(アメヨロツ)」を生むが、4代目の天つ君「泥土煮尊(ウヒチニ)」の処へ養子に出した。
……このことが、後になって意味を持つこととなる。

     ◇

では何故、玉垂命が高良山に結界を張って鎮座し、高木神を追い出してしまったのか、本題に入ろう。

ヒタカミ系だった筑紫に「高皇産霊神=高木神」を斎祀ったことは、前述の如くごく自然なことであった。しかしその後、記紀以前の時代に於いて大変なことが起きていたのであった。

前出の、書紀 卷第一
次に国常立尊。次に国狭槌尊。【葉木国】、此をば播挙矩爾(はこくに)と云ふ。…略。

この系統にあるところの、クニトコタチ →【クニサツチ】━ トヨクンヌ ━ ウヒチニ ━ ツノクヰ ━「オモタル」、すなわち最後の「面足尊」の代で、国常立尊の直系が絶えてしまうのであった。

その結果、日本の中央政権たる国常立尊直系(本家)が断絶してしまい急遽モトアケの神を勧請し、ヒタカミも天上の神の顕現の地となり、辺境にありながらもタカマ (中央政府) の資格を得て、皇統たる資格 を受けた。
……この時日本は分裂の様相を呈していたのだ。


だからその後 5代「タカミムスビ(豊受大神)」は、本家の立場を引き継いで日本全土を総括していたが、娘の「イサコ(伊弉冉尊)」と、泥土煮尊の養子・天萬尊の子である「アワナギ(沫蕩)」の子の「タカヒト(伊耶那岐尊)」を結婚させ、その子を以て本家としたのだった。

そして生まれた天照大神が中央政権を継承復活し、分割統治に陥っていた日本の再統一が成ったのである。


さて 後年、記紀を編纂し内外に大和朝廷の正統性をアッピールするに際して、本来神々の直系であったはずの皇統を断絶したと著す訳にはいかず、別家の伊弉冉尊と、別の別家の伊耶那岐尊を結婚させ国生みの始祖として、それ以前を神話に隠してしまったのだ。

しかしながら伊弉冉尊も伊耶那岐尊も高木神の系統であるが故に、九州政権の裔である大和朝廷は、このヒタカミの「高木神(高皇産霊神)」を隠さなければ天地開闢の神々・国常立尊直系(本家)からの正統性を保てなかった。

つまり、筑紫から高木神(高皇産霊神)の跡を消し去らねばならなかったのだ。
だから、高良玉垂 ⇒ 高木霊絶 と云う仮説が現実味を帯びてくる。

少し強引ではあるが、タカキ → 高ら たまだれ → 霊(たま)たち ではないだろうか?

「肥前風土記」にある、『高羅山につき梶山と為し給う』ほどの木々のある様は、高木にふさわしい…とも思われる。
高良玉垂命の正体は、まさに大和朝廷の仕掛け人らであったかもしれない! いや、そうに違いない!


「ツクシ」の国は、 尽くし ⇒ 尽州 ⇒ 究州とし、今の「九州」と著すようになった。
[PR]
by hansaki460 | 2015-01-02 20:53 | 歴 史 秘 話 | Comments(3)
Commented by 三毛猫 at 2015-10-12 09:01 x
初めまして。やまとことばを検索してお邪魔しました。古代文字、古代史を自分で勉強しています。高木は、やまと動乱の時、二世紀に高良神に敗れています。一体何者なのでしょう。山本健三氏の「飛騨の口碑」が、有りますが、どの様に思われますか?
Commented by moon33magic at 2016-03-16 11:25
高良大社とは、朝鮮神社、高句麗神社という意味になります。
蘇我氏の先祖の高句麗神を祭っている渡来人の神社です。

https://ja-jp.facebook.com/koreamuseum/posts/583999241697307
Commented by moon33magic at 2016-03-16 16:05
三毛猫さんが書いていることは本当です。
高木神は高良神に追い出されたのです。
高木の神は日本古来の神様で日本で一番尊い神です。
<< 学術的?政治的? 1185年と... 地名「くなしり(国後)」島 は... >>