信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg


HP
まぼろしの
吾道之宮


e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 







google36ed5a3dddf221d0.html
ブログパーツ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
唐・新羅進駐軍の唐側代表..
by 旅人 at 04:53
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


晩秋の伊那谷

放射性物質拡散予報図はこちらです
http://taikiosen.blogspot.jp/



     已 秋 聲  ( す で に 秋 )
e0171497_19563040.jpg


  少年易老學難成

  一寸光陰不可輕

   未覺池塘春草夢

    階前梧葉已秋聲




   少年老い易く学成り難し

   一寸の光陰軽んずべからず

   未だ覚めず池塘春草(ちとうしゅんそう)の夢

   階前の梧葉(ごよう)已(すで)に秋声



e0171497_19565280.jpg

 月日が過ぎ去るのは思いのほか早いが、
              学問はなかなか成し難い。

 だからこそ、時間を惜しんで学問に励まなければならない。


 ・・・・ わたしはもう、耳順を過ぎて久しいが、

        古代史の学びは、日暮れて道遠し・・・。






[PR]
by hansaki460 | 2013-11-20 20:05 | 一般 | Comments(1)
Commented by 神奈川人 at 2013-12-10 18:53 x
素敵ですね。癒されます。
<< 家庭の幸福は、妻への降伏 伊邪那岐命以前の時代を 神話に... >>