信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg


HP
まぼろしの
吾道之宮


e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 







google36ed5a3dddf221d0.html
ブログパーツ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
唐・新羅進駐軍の唐側代表..
by 旅人 at 04:53
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


個性を認め合うことと、五行思想・血液型

放射性物質拡散予報図はこちらです
http://taikiosen.blogspot.jp/


五行相生・五行相剋という、五行思想があります。
私は若い頃、亡き師から少しだけ教えて頂きました。

五行思想とは、木火土金水(もっかどこんすい)という要素同士がお互いに「相生」と「相剋」という影響を与え合う、という考え方です。

それぞれの要素を補い、強める影響を与えるものを「相生」、相手の要素を抑え、弱める影響を与えるものを「相剋」といい、それを使い分けることにより、心身の調子を整えることに用いるのが、東洋医学の考え方です。


【五行相生】(Wikipediaから引用)

「木は火を生じ、火は土を生じ、土は金を生じ、金は水を生じ、水は木を生ず」という関係を『五行相生』という。

木は燃えて火になり、火が燃えたあとには灰(=土)が生じ、土が集まって山となった場所からは鉱物(金)が産出し、金は腐食して水に帰り、水は木を生長させる、という具合に
木→火→土→金→水→木
の順に相手を強める影響をもたらすということが「五行相生」である。

【五行相剋】

「水は火に勝(剋)ち、火は金に勝ち、金は木に勝ち、木は土に勝ち、土は水に勝つ」
という関係を『五行相剋』という。

水は火を消し、火は金を溶かし、金でできた刃物は木を切り倒し、木は土を押しのけて生長し、土は水の流れをせき止める、という具合に、水は火に、火は金に、金は木に、木は土に、土は水に影響を与え、弱めるということが「五行相剋」である。



一方、現代の社会に生まれた、相性・相克関係の発見もあります。

 → A → O → B → AB → A →

これは血液型から見た、四種相関とでも言おうか、おもり役の関係です。

A型はO型のおもり役に最適。
O型はB型のおもり役に最適。
以下同様・・・。(^^

O型の男性は、A型の女性には頭が上がらない、もしくは甘えられる。
・・・といったような他愛もないことですが、そう言われれば・・・、と感じる人も多いのではないでしょうか。



現役時代、船井幸雄会長から「仕事のルール化」という原理原則を教えられましたが、五行思想も血液型四種相関も、ある種のルール化による生活術です。

師は、血液型の性格判断について、こんなことも言っていました。

「血液型の違いで性格の傾向性が感じられたら、次は各個人個人の性格の違いを感じ取りなさい。それは個性を認め合うことに繋がります」と。


最近、亡き師の著書を読み返しています。






[PR]
by hansaki460 | 2013-11-13 08:07 | 一般 | Comments(0)
<< 邪馬台国論争は、唐かぶれの論争!? 素晴らしいやまとことば【ほむら... >>