信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg


HP
まぼろしの
吾道之宮


e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 







google36ed5a3dddf221d0.html
ブログパーツ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
唐・新羅進駐軍の唐側代表..
by 旅人 at 04:53
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


お彼岸と、おはぎ(御萩)の話。

放射性物質拡散予報図はこちらです
http://taikiosen.blogspot.jp/

 
彼岸は 春分の日と秋分の日の 前三日と 後三日の間の 七日間で、暦の上では季節の移り変わりの目安となる「雑節」に入ります。

春分・秋分の三日前の日を「彼岸の入り」、三日後を「彼岸の明け」と言い、春分・秋分はその中間の日だからで、「彼岸の中日(おちゅうにち)」と言う。

日本で初めて彼岸会が行われたのは、大同元年(806)崇道天皇(早良親王)のために諸国の国分寺の僧に命じて「七日金剛般若経を読まわしむ」と『日本後紀』に記述されている。(Wikipedia)


お中日は先祖に感謝する日で、前後の六日は、悟りの境地に達するのに必要な六つの徳目「六波羅蜜」を1日に1つずつ修める日とされます。

六波羅蜜は、菩薩(阿羅漢)に到るための修行で、
① 布施・② 持戒 -「利他」
③ 忍辱・④ 精進 -「自利」
⑤ 禅定・⑥ 智慧 -「解脱」
①~⑥ の「徳目」があり、(1)~(3)に別けられます。

子供の頃のお墓参りは、家から遠かったために、一日2~3本しかないバスに乗って、それからまた30分ほど歩いて行ったものでした。

近くの親戚の家では、必ず胡桃のお餅を出してくれた。



今年の 秋のお彼岸は、
 9月20日(金)【彼岸の入り】
 9月21日(土)
 9月22日(日)
 9月23日(月)【中日】
 9月24日(火)
 9月25日(水)
 9月26日(木)【彼岸の明け】
・・・ですね。
e0171497_13374565.jpg


「ぼた餅」と「おはぎ」の話

彼岸には、供え物として「ぼたもち」と「おはぎ」が作られます。
母が作る餅は、いつも餡と黄な粉と胡麻の三色の餅でしたが、私は胡麻のお餅が一番好きだった。(^^

牡丹の花は春に咲くので、春の彼岸に こし餡 で作る餅を「ぼた餅(牡丹餅)」と言い、女房言葉で「おぼた」と言ったようです。

だから 秋は「御萩餅(萩の餅)」と言い、萩の花に因んで 粒餡 で作り、女房言葉で「おはぎ(御萩)」といったと言います。

そして春の牡丹餅は、牡丹の花の様に大きめに作り、秋の御萩は 萩の花の様に小振りに作るのだとも・・・・。





[PR]
by hansaki460 | 2013-09-13 13:07 | 一般 | Comments(2)
Commented at 2013-09-15 10:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by わたる at 2013-09-23 11:27 x
今日はせっかくのお彼岸なのに拡散が酷いですね…
<< 伊那谷の、もう一つのパワースポット 地球は本格的な「寒冷化時代」に... >>