信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg


HP
まぼろしの
吾道之宮


e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 







google36ed5a3dddf221d0.html
ブログパーツ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
唐・新羅進駐軍の唐側代表..
by 旅人 at 04:53
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


[竹内文書を読む-03]風の名称 語源

[竹内文書を読む-03]
風の名称 語源


東風吹かば にほひおこせよ梅の花 あるじなしとて 春な忘れそ

 その昔、菅原道真は、東風を「コチ」と呼んだ。


やまとことばで【こち】は、表すもの。放つもの。言葉。
・・・である。

変態:「こと(言)」「かせ(風)」「こっち(此方)」
・・・でもある。



昨日に続き、「竹内文献」の、大和朝より以前にあったとされる『不合朝』三代の項に記されている 風の名称 について。(覚え)


  風名云う。

  コゼ  … 東風を云う、
  イコゼ … 東南の間の風、 
  マゼ  … 南風を云う、
  ヤマゼ … 南西間の風、
  ナゼ  … 西風を、
  アナゼ … 西北間の風を、 
  ヨゼ  … 北風を、
  コヨゼ … 北東間の風を云う。

  とある。


 
[PR]
by hansaki460 | 2013-01-07 18:04 | 竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝 | Comments(2)
Commented by あか at 2013-01-07 21:14 x
いつもありがとうございます。新年明けましておめでとうございます。
管理人様にとって良い年になりますよう、お祈り申上げます。
Commented by 希望を持って。 at 2013-01-08 22:32 x
毎日更新感謝です
福一、また線量上がってルるようです。
作業員の方達の命がけの戦いが続いています。祈りしかありません。
<< [竹内文書を読む-04]天地創... [竹内文書を読む-02]暦月の... >>