信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg



e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 





ブログパーツ
以前の記事
2017年 01月
2016年 10月
2016年 08月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
同じ意見の方がいらっしゃ..
by のりあ at 20:58
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


[竹内文書を読む-02]暦月の名称を考える

[竹内文書を読む-02]
暦月の名称を考える



暦の「月」は、月の満ち欠けで認識できます。

そしてこよみは古来、時の権力者によって定められてきました。


近年の日本では・・・

明治政府は、明治5年11月9日の太政官布告337号によって、明治5年12月2日(1872年12月31日)の翌日から太陽暦(グレゴリオ暦)を採用し、明治6年(1873年)1月1日とした。
よって、明治5年は12月3日から12月30日までの28日間が存在しない。

太陽暦への移行は、国民の生活に深く根付いていることから、なかなか変更はできなかった。
そんなことから、おもしろい逸話が残っている。


新政府の役人の給与は、年棒制から月給制にしたばかりだった。
そして、明治6年は旧暦ではちょうど閏年で、1年が 13ヶ月だった。
だから翌年は1回余分な月給を払わないといけない。

しかし、「改暦」して太陽暦にすれば「閏月」は無くなり、12ヶ月で済む。
苦しい財政の新政府にはいい話だった。


     ◇


今日のテーマは、暦月の名称と古史古伝についてですが・・・


ローマ暦に由来する暦の月名は、下記の通り、

    ロムルス・ヌマ暦     英 語
 1月 Januarius  ヤーヌス   January (Jan.)
 2月 Februarius  フェブルウス  February (Feb.)
 3月 Martius   マルス    March (Mar.)
 4月 Aprilis    アプリリス   April (Apr.)
 5月 Maius    マイア     May
 6月 Junius   ユーノー    June (Jun.)

これらはみんな神々の名前から来ている。


では、日本の暦月の名称はというと・・・、

古史古伝の『竹内文献』によると、下記のようになる。

  月 【竹内文献】  和風月名(現代)

  1月  むつひ月   睦月  むつき
  2月  けさり月   如月  きさらぎ
  3月  いやよ月   弥生  やよい
  4月  うべこ月   卯月  うづき
  5月  さなへ月   皐月  さつき
  6月  みなつ月   水無月 みなづき
  7月  はやれ月   文月  ふみづき
  8月  なよな月   葉月  はづき
  9月  ふくみ月   長月  ながつき
 10月  かなめ月   神無月 かんなづき
 11月  じぶる月   霜月  しもつき
 12月  しはつ月   師走  しわす

この名称は、大和朝より以前にあったとされる「不合(ふあえず)朝」の三代スメラミコトの時の記述に書かれている。

     ◇

伊那谷の地名でも、古代文字で書かれた古記録に因る地名が現代に伝わっているし、西洋では前述の通り、こよみは神々の名が付けられている。


今日もまた、「古史古伝は、決して偽書ではない」ということを言いたいのです。^^

.
[PR]
by hansaki460 | 2013-01-02 10:41 | 歴 史 秘 話 | Comments(0)
<< [竹内文書を読む-03]風の名... [竹内文書を読む-01]二人の... >>