信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg


HP
まぼろしの
吾道之宮


e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 





ブログパーツ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 01月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
唐・新羅進駐軍の唐側代表..
by 旅人 at 04:53
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


祖国とは国語である &【放射性物質拡散予想図】

.
『祖国とは国語である』 国語審議会の功罪


日本語を使うに際しては 国家によって明文化されたガイドラインがある。
私たちは 教育を通してそのガイドラインを刷り込まれる。

そのガイドラインを決めてきた中心が、現在 『文化審議会国語分科会』に改組されている『国語審議会』だ。

戦後、漢字を撤廃しようという動きが活発となったことがある。
憲法が新しくなり、国家システムも大転換して、ならば 国語をも という風潮が強まり、ローマ字・カタカナを中心に据えた、いわゆる 国語国字問題 が勃発した。

そのとき、国語審議会では 一悶着あり、委員の 脱退事件にまで発展した。
そのとき 漢字を撤廃をしていたら、韓国での 漢字撤廃でハングルのみとなった状況と同じ道を歩んでいたかもしれない。

やがて、国語審議会は やることが なくなっていった。
そこで 日本語はこうあるべきだという 精神論の場となっていった。

すなわち、国語の表記をどうするか といった 技術的な議論ではなく、国語によって なにができるのか という 精神論へと 重点が移っていったのである。

しかし、明快な答えがない精神論は、暇を持て余しているオッサンたちの 自慰行為のようなものだ。

つまり、生産的な議論をしない国語審議会は、『祖国とは国語である』ことことを 忘れてしまったのだ。


さて、【新体詩】とは、漢詩に対する 新体の詩という意味だが、明治の終わり頃 全盛だった。

新体詩で書かれた詩は、漢詩と同じく、朗読が うつくしい。

藤村の『小諸なる古城のほとり』や『椰子の実』を覚えている方は、多いと思う。
光太郎の『智恵子抄』などは、朗読のレコードが発売されるほどうつくしい調べがある。
朔太郎もしかり、堀内大学も・・・・。

今、それらに匹敵する詩を 口語では 作り得ない。

やがて、祖国をうたう ことば も 無くなるのか!

これはひとえに、国語審議会の罪 だと、私は思う。

   
        応援クリック にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ ありがとうございます!

.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

8月 31日(金)
e0171497_11554969.jpg
e0171497_1156185.jpg
e0171497_1621446.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

9月 1日(土)
e0171497_1615160.jpg
e0171497_162254.jpg
e0171497_17224657.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

9月 2日(日)
e0171497_1723492.jpg
e0171497_17231622.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


   
        応援クリック にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ ありがとうございます!
.

[PR]
by hansaki460 | 2012-08-31 09:19 | 一般 | Comments(1)
Commented by 福島住み at 2012-08-31 12:31 x
いつも拝見しております
ブログ主様の拡散予測は福島に住んでいる私達にとって大変有り難く、感謝しております
一言、御礼申し上げたくコメントさせて頂きました
<< 九州南部の韓国岳は、倭国の聖地だった 【放射性物質拡散予想図】 >>