信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg



e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 





ブログパーツ
以前の記事
2017年 01月
2016年 10月
2016年 08月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
庵住期 (70歳からの自活)
歴 史 秘 話
幻の吾道之宮
宇宙の摂理
神代文字
古代文字便覧 
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
竹内文献
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
同じ意見の方がいらっしゃ..
by のりあ at 20:58
人気ジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


共通番号制度の決定と、相次ぐ 政府システムの失敗&【放射性物質拡散予想図】

.
共通番号制度の決定と、相次ぐ 政府システムの失敗


国民一人一人に 固有の番号を割り振り、納税や社会保障の情報を一元管理する 共通番号制度(マイナンバー)関連法案の修正について 与野党がほぼ合意し、今国会で成立する見通しとなった。

しかし一方、特許庁システム、年金システム、ゆうちょ銀行の融資システム。
数十億~数百億円を投じたにも関わらず完成しない政府システム、使われない公共システムが相次いでいる。

一度でも システムの構築や運営に関わった経験があれば、システム刷新にかかわる職員の自嘲が、理解できる。

「 ITサービスを買うのと、自らシステムを持つのとでは、発注側に求められる体制は 全然違う。 そのことを、政治家も 省庁も理解できていなかった 」・・・と。

現在 政府統計など、中枢にあるシステムは、特殊な 日本製の CPUを使い 大きな成果を上げ、セキュリティも 大変高度な技術を 導入している。

また システム開発会社には、日本IBM、NTTデータ、日立製作所、NECシステムテクノロジー、 富士ソフトその他、そうそうたる会社がついている。

しかし、発注する側(政治家)に 問題がある。
職員の自嘲は、そのことをついているのだ。

政府の中枢にあるシステムに携わる職員は 優秀である。
世界の最先端を行っており、日々熾烈な業務をこなしている。

しかし たとえば、消えた年金の時、集計に使われていたプログラム言語は、未だ コボルであった。
だから それで作ったソフトでは、名寄せが できなかった。
まだ、同じようなレベルのシステムが、どこかにあるかもしれない。(^^;)

詳細は省くが、結局 システム導入に権限のある地位の人間たちの、知識・能力が欠けており、「 二番手では駄目か?」 という程度の発想しかできない政治家らが、大手を振っている。

今のままなら マイナンバー導入は、法律が成立してから運用まで、10年は かかるだろう!
(各システムの番号だけを、単純に同じ番号に変換するだけならば別だが、その場合は問題が残る)


政治家が、官僚をいじめている姿は、国民が 政治家をいじめている姿 そっくりだ!

タコが 自分の足を食べている姿に見える。
     
        応援クリック にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ ありがとうございます!

.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

7月29日(日)
e0171497_12173022.jpg
e0171497_12174410.jpg
e0171497_17353563.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

7月30日(月)
e0171497_17354848.jpg
e0171497_1736185.jpg
e0171497_1975850.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

7月31日(火)
e0171497_1981083.jpg
e0171497_1982553.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     
        応援クリック にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ ありがとうございます!
.

by hansaki460 | 2012-07-29 07:34 | 一般 | Comments(0)
<< 聖母マリア像から血の涙が 信じる&【放射性物質拡散予想図】 >>