信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg



e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 





ブログパーツ
以前の記事
2017年 01月
2016年 10月
2016年 08月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
庵住期 (70歳からの自活)
歴 史 秘 話
幻の吾道之宮
宇宙の摂理
神代文字
古代文字便覧 
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
竹内文献
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
同じ意見の方がいらっしゃ..
by のりあ at 20:58
人気ジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


足の裏的な人間になれ。

.
「しんみんよ、足の裏的な人間になれ。」
   坂村真民(6)


  鈍刀をいくら磨いても無駄なことだというが、
  何もそんなことばに耳を借す必要はない。
  せっせと磨くのだ。

  刀は光らないかもしれないが、
  磨く本人が変わってくる。

  つまり刀がすまぬすまぬと言いながら、
  磨く本人を光るものにしてくれるのだ。


           ◇

  尊いのは、
  頭ではなく、手ではなく、
  足の裏である。

  一生人に知られず、
  一生きたない処と接し、
  黙々として、その務めを果たしてゆく。

  しんみんよ、
  足の裏的な仕事をし、足の裏的な人間になれ。

  頭から光が出る。
  まだまだだめ。

  額から光が出る。
  まだまだいかん。

  足の裏から光が出る。
  そのような方こそ、本当に偉い人である。




坂村真民(さかむら しんみん、1909-2006)は、日本の仏教詩人。
一遍の生き方に共感し、癒しの詩人と言われる。
熊本県出身。

 
by hansaki460 | 2012-06-29 06:11 | 一般 | Comments(3)
Commented by りりすけ at 2012-06-29 22:40 x
素晴らしい詩を有難うございました。また、いつも拡散情報を有難うございます。暑くなってきましたが、お身体に気をつけてお過ごし下さいませ。
Commented by seacat at 2012-07-01 11:40 x
「ふくいち4号機の異常と田村市40マイクロシーベルト!」
URL(私のブログではありません)の記事と合わせてご覧ください
恐ろしいことになっているようです

静止画像の予測、大変役に立ってます
いつもありがとうございます
Commented at 2012-07-02 14:17 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 福島4号機冷却できず 100℃... 福島第一原発4号機 壁に傾き&... >>