信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg


HP
まぼろしの
吾道之宮


e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 







google36ed5a3dddf221d0.html
ブログパーツ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
唐・新羅進駐軍の唐側代表..
by 旅人 at 04:53
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


ケネディ が尊敬した日本人と日本資本主義 &【放射性物質拡散予想図】

.
ケネディが尊敬した日本人と、日本資本主義


あるとき、アメリカの J・F・ケネディ 元大統領が、
「 あなたが最も尊敬する日本人は誰か 」 と問われ、即座に、
「それは ウエスギ ヨウザンです 」 と 答えた という話は 有名です。

ケネディは、日本の政治家として何よりも国民の幸福を考え、民主的に政治を行い、そして 「政治家は潔癖でなければならない」 といって、その日常生活を、文字通り一汁一菜、木綿の着物で通した 鷹山の姿に、自分の理想とする政治家の姿をみたのでした。

『 為せば成る 為さねば 成らぬ 何事も 成らぬは 人の 為さぬ なりけり 』

と 次期藩主・家臣に示したという 米沢藩の 第9代藩主 上杉 鷹山(ようざん) が残したものは 『 経営者の倫理 』 でした。


一方、『日本資本主義の精神』 の祖である 石田梅岩(ばいがん) が説いたのが 『働く者の倫理』 です。

小室直樹氏は著書の中で、
「欧米の資本主義社会とは、『契約』 に基礎を置き発展しましたが、日本にはそれがなく、その代わりに日本経済が発展した基礎には 『共同体的 機能集団』 がある」
といいます。 また

「日本の企業には、政府の命令一下、社会主義国家にも見られないほど強力な統制に服するという ”民族運動” がある 」、ともいうのです。

そしてその 日本の資本主義社会は、既に 江戸時代に萌芽しており、山本七平氏は著書 『日本資本主義の精神』 の中で、石門(せきもん)心学・石田梅岩が、その祖であると言っています。


18世紀初めの、石田梅岩の思想の基礎は江戸初期の 鈴木正三の思想にありました。
正三の思想は、「仏法則世法」 であり、生活の業を立派な行為と して、心がけ次第で労働をそのまま 『仏行』 としたのです。

鈴木正三は、『農業 則 仏行なり』 と、農業を修行と考えて行動することを求め、また商人の利益も否定せず、正直の道にいれば修行であるとしたのでした。
すなわち、『人に奉仕した結果が利潤を生むことは良いこと』 と教えたのです。

この 鈴木正三の思想を発展させたのが、石田梅岩の 石門心学で、正三が 宗教家として説いた修行方法を、梅岩は思想家として、『役に立つ物は真理である』 とし、その根本は 「本心」 の存在においています。 「本心の学」 から 心学 となりました。
梅岩の基本は 『正直』 です。 そしてその 『「本心」 に対して正直であれ』 と説いたのでした。

山本七平氏は、
「日本の資本主義精神の基礎は、この石田梅岩の思想であり、その思想は、欧米の資本主義の精神が プロテスタント教の精神が基礎にあるのと同じ状態にある 」
というのです。

しかし 始めに述べたように、『契約』 に基礎を置き発展した欧米の 資本主義社会 と、『共同体的機能集団』 の 日本の資本主義とは、その基礎の質のレベルで違うと言います。

すなわち 日本は、『契約より 話し合い』 をベースにした社会であり、『企業と言う共同体の一員』 としての雇用のために、終身雇用が定着しているのです。


しかしなぜか、改革解放という名で、この社会構造が崩れようとしています。
日本列島は日本人のものだけではない、とする政治家らの下で、国家社会すら崩れようとしています。
私は、哀しいことだと 思います。
 
     
        応援クリック にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ ありがとうございます!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

6月21日(木)
e0171497_1125187.jpg
e0171497_11395825.jpg
e0171497_11251010.jpg
e0171497_12323612.jpg
e0171497_1231166.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
6月22日(金)
e0171497_12311223.jpg
e0171497_12312266.jpg
e0171497_1231317.jpg
e0171497_11730100.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

6月23日(土)
e0171497_117466.jpg
e0171497_1175643.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     
        応援クリック にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ ありがとうございます!
.

[PR]
by hansaki460 | 2012-06-21 07:14 | 一般 | Comments(0)
<< タンポポのように&【放射性物質... 戦いながら生きている人 &【放... >>