信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg



e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 





ブログパーツ
以前の記事
2017年 01月
2016年 10月
2016年 08月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
庵住期 (70歳からの自活)
歴 史 秘 話
幻の吾道之宮
宇宙の摂理
神代文字
古代文字便覧 
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
竹内文献
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
同じ意見の方がいらっしゃ..
by のりあ at 20:58
人気ジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


塩カルは 鹿の 「サプリメント」

.
塩カルは 鹿の 「サプリメント」ブログ紹介
凍結防止剤の塩化カルが 野生動物を増やす


ここのところ しばらく会っていないが、数々の賞を取った 自然界の報道写真家 宮崎学(gaku)氏は、私が尊敬する友人のひとりだ。

もう 三十数年前のことになるが、氏が 北海道の雪の中で、数日かけて撮ったという 鷲と鷹の写真を見せて貰った時、私は思わず涙が出て来た。


彼の視点は、鋭い。 2012年6月2日 のブログを見ると、
「塩化カルシウムが 野生動物を増やす…」
とあった。

宮崎氏と私が住む 伊那谷の、中央高速道の 高架下の話である。

ブログを紹介し、転載させていただく。

     ◇

塩化カルシウムが 野生動物を増やす…


凍結防止剤として散布される 「塩化カルシウム」。

私たちは何気に便利さを感じているだけかもしれないが、実は 野生動物たちには 大変なことになっているのだ。

塩化カルシウムだから、化学的な人工の 「塩」 である。
この塩が、全国的に津々浦々まで 凍結防止剤として散布され続けている。
ということは、本来は塩分に乏しい野生動物の生活エリアに、私たち人間が 「塩」 を 配達してあげている、ということになるのである。

高速道路をはじめ、国道、県道、市町村道。
とにかく、車の走るところならば 冬期間は どこにでも大なり小なり 散布されているのが実状だ。
e0171497_720198.jpg
          土の色が変わったところは、すべて シカが舐めたところ

長野県だけでも、2010年度に県が使った塩化カルシウムは、25kg袋に換算して 84万袋。
この数字だけでもスゴイが、高速道路、国道、市町村道なども含めれば、さらに 膨大な量となる。

この塩化カルシウムが、高速道路の橋の下に 大量に流れ落ちる場所があった。
そして、土に滲みこみ、土壌でミネラル分となって、雨が降ると 再び地表に浮き出てくる。
それを ニホンジカが 夜な夜な出現しては、表土を舐めていく。

そこは一級河川敷だったので、国土交通省から許可を得て、無人撮影ロボットカメラを 設置してみた。

カメラは、今年の1月から稼働しているが、ここへきて シカたちが頻繁にやってきては 塩カルを舐めている。

日没と同時にやってくるものから、深夜、明け方…と、とにかく夏に向かってシカたちは 塩分とミネラル分を 体が欲しているようだった。
e0171497_7203100.jpg
     深夜に塩を舐めにやってきた

カメラで監視してみると、どうやら 60~80頭くらいのシカたちがやってきているようだ。

しかし、昼間など、周辺地域でシカを 1頭も目撃しないから、地域住民のだれもが こんなにシカが生息しているなんて 思ってもいないだろう。

これが、今日社会の 自然に対する 私たち現代人の認識だと思う。

「シカが増えて困ったこまった」 といっているが、スパイクタイヤが禁止になる 1991年以前から、私たちは塩化カルシウムを膨大に使用しつづけてきた。

こうしてすでに、30年の歳月が流れてきているが、全国的に ニホンジカの激増と 塩化カルシウムの散布が ピタリと一致していると思う。

まさに塩カル散布現場は、野生動物にとっては 「郊外ドラックストアー」 でもあり、塩カルは 「サプリメント」 となっているからだ。

シカをはじめとして、クマ、イノシシ、サル。
この 4大動物は この30年間で確実に増えてきている。
塩化カルシウムとの関係に注目して 野生動物を見ている学者は、聞くところによれば 北海道大学に 一人だけいるそうだ。
あとは、オイラ以外 み~~んな無関心。

だからオイラは、30年まえから 「塩化カルシウム」 と 「野生動物」 の関係を意識してきた。

そして、まずはこのような写真を撮って 視覚言語化しなければならないと思って ロボットカメラを設置したまでだ。

今や人間社会も監視カメラの時代。
「黙して語らない自然界」 を探り 的確な答えをだしていくのも、監視カメラだと思う。


自然界の報道写真家
宮崎学(gaku)氏のブログは、こちら↓
塩化カルシウムが野生動物を増やす…
http://gaku-blog.net/post2191.html

by hansaki460 | 2012-06-12 07:29 | 一般 | Comments(0)
<< 「二度とない人生だから」&【放... 人は生きねばならぬ&【放射性物... >>