信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg


HP
まぼろしの
吾道之宮


e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 







google36ed5a3dddf221d0.html
ブログパーツ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
唐・新羅進駐軍の唐側代表..
by 旅人 at 04:53
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


【三波春夫さんの歌】永六輔 &【放射性物質拡散予想図】

【三波春夫さんの歌】

永六輔氏の、心に響く言葉より…


僕にとって お付き合いの深かった歌手は 三波春夫さんです。
こんなエピソードがありました。

彼が年をとってからなんですけど、老人ホームに よく出かけることがあったんです。
ボランティアで 一緒によく行きました。

あるとき僕は三波さんに、奈良の老人ホームで、
三波さんのことを とっても大事に思っているおばあちゃんがいる。

ただ、そのおばあちゃんは 自分の名前も思い出せない、自分がだれかもわからない、
でも、「三波春夫」 というと、にっこり笑うおばあちゃんがいる、という話をしました。

そうしたら三波さんが、「行きましょう、そこへ行って歌いましょう」 と言うのです。
そこで、老人ホームに行ったんですが、そこで、その園長さんが 「永さん、ちょっと」 と言うんです。

「あのおあばちゃんの件なんですけれど、本当に三波さんが大好きな人なんだけど、一方でしょちゅう何かを歌っている」 と言うんですよ。

「三波さんが歌ってらっしゃるのに、客席で歌っているのは、おかしいでしょ。
だから、もし三波さんが それは困る とおっしゃるんだったら、そのおばあちゃんは 会場に入れません。
でも、そんなこと気にしません とおっしゃってくださるんだったら、入れることにしましょう」
と言われたんです。

すると三波さんは、
「じゃまになんかなりません。
こういう施設に来る以上、いろんな方がいることは 覚悟で来ております。 さあ、どうぞ」
と言うので、そのおばあちゃんが 入れることになったんです。

さて、司会の僕が、
「さあ、お待たせしました。 三波春夫さんです」
と言おうと思ったら、そのおばあちゃんが みんなの集まっているホールに入ってきたんですが、もう歌っているんですよ、大きい声で。

「♪一列談判破裂して(数え歌)」 と歌っているんです。

「弱ったな、三波さんに悪くないかな」 と思いながら
「三波春夫さんです」 と紹介しました。

三波さんは出てきました。
出てきたら、何もしないで すぐにそのおばあちゃんの隣に座って、おばあちゃんが
「♪一列談判破裂して」 と歌い出すと、それと 同じ歌を一緒に歌い出したんですね。

それから、そのあと おばあちゃんが 次から次に歌うんです。
三波さんもまた変な人で、どんな歌が出てきても 歌えるんですね。

「♪ひとつとせ」 に始まって、昔聞いた あらゆる歌を歌うんです。
そしたらそれを みんなが歌いはじめた。

司会をしていた僕に、「このまま盛り上げていこう」 「私の歌は要らないからこのままいこう」 と三波さんが言うので、本当にすばらしいコンサートになって、三波さんは 持ち歌を一曲も歌わないで 一時間たちました。

その帰り道、三波さんが
「永さん、私たちは間違っていませんでしたか?
私が行って歌ってあげれば 喜ぶと思っていた この傲慢(ごうまん)さが とても恥ずかしい。
みんな 歌を持っているじゃないですか。
みんな 歌える歌が あるじゃないですか。
みなさんが歌っている歌のなかに入ってみて 勉強になりました。
われわれ歌手は 傲慢です。
自分の歌を歌ってあげればいいと思ってきたことが とっても恥ずかしいです」

『上を向いて歩こう 年をとると面白い』さくら舎
e0171497_7551896.jpg


「お客様は神様です」で有名な、三波春夫氏は浪曲師から歌い手になった異色の大歌手だ。

いつも笑顔を絶やさず、派手な着物姿でファンサービスに徹した三波は、歌う時には、
「神前で雑念を払って祈るときのように、客を神と見る」ということからこの言葉が出たそうだ。

中国の『伝習録(でんしゅうろく)』に、
「人生の大病は、只だ是れ一(いつ)の傲(ごう)の字なり」
とある。

傲慢やおごりは、我とわが身を滅ぼす大病だ。
どんなときでも、自らを振り返って謙虚になれる人でありたい。

今日のメルマガ【人の心に灯をともす】より、転載。

     
        応援クリック にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ ありがとうございます!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

6月 5日(火)
e0171497_12364224.jpg
e0171497_12364873.jpg
e0171497_11341082.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

6月 6日(水)
e0171497_11342048.jpg
e0171497_11555168.jpg
e0171497_15472293.jpg
e0171497_1156022.jpg
e0171497_15475046.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

6月 7日(木)
e0171497_11561160.jpg
e0171497_1548376.jpg
e0171497_11561945.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     
        応援クリック にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ ありがとうございます!
.

[PR]
by hansaki460 | 2012-06-05 08:03 | 一般 | Comments(2)
Commented by もずく at 2012-06-05 12:19 x
毎日読んでいます。
特に今日の【三波春夫さんの歌】は、三波春夫♡ファンだった亡き祖母の思い出と相まって、心にしみました。素敵な話をありがとうございます。
これからも、放射性物質拡散予想図と共に、珠玉の話を拾い上げていって下さい。
Commented by ママ at 2012-06-06 06:33 x
とってもいいお話しありがとうございました。三波さん、素晴らしい方ですね!
<< 心は浄土に遊ぶなり &【放射性... 中国は もう反日デモはできない... >>