信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg


HP
まぼろしの
吾道之宮


e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 







google36ed5a3dddf221d0.html
ブログパーツ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
唐・新羅進駐軍の唐側代表..
by 旅人 at 04:53
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


朝鮮半島が、焦臭い! &【放射性物質拡散予想図】

.
朝鮮半島が、焦臭い!


最近、米軍の動きが おかしい!

以下、報道です。
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0524&f=politics_0524_010.shtml


米国が 朝鮮半島での一発触発に備え、在韓国民の退避計画を発表


◆ 朝鮮半島の 戦争の危険が 増している――。
 北朝鮮の労働新聞は22日、半島情勢について警告した。


◆ 中国網日本語版(チャイナネット)によると、朝鮮半島での有事に備え、米国が在韓の米国民の退避計画を発表した。


◆ 「北朝鮮」に関する他の記事 - サーチナ・ハイライト
 朝鮮半島の触発状態が最近再び「臨界点」を迎えている。

韓国は 2兆5000億ウォン(約1750億円)を投じて 対北ミサイル作戦能力を拡大し、在韓米軍も戦争勃発(ぼっぱつ)後、自国民 22万人を退避させる計画を初めて明らかにした。

まるで各国が戦争に向けて準備を進めているようだ。


◆ 韓国のソウル新聞は22日、米軍は初めて大規模な自国民退避計画を明らかにしたと伝えた。

計画によると、朝鮮半島で戦争が勃発した場合、米国は自国民22万人を日本に退避させるという。


各メディアは、この退避計画は米国が北朝鮮に圧力をかけるための一つの手段だとしており、事態の深刻さを意味すると報じた。


◆ 中国人民大学国際関係学院の金副院長によれば、米国が北朝鮮の新しい指導者を用心する一方で、北朝鮮も衛星打ち上げ後、強硬な態度を示し、各国に何ら説明をしなかった。

米韓もそれぞれに思惑があり、3カ国がそれぞれ「パフォーマンス」を演じている。
米韓はこれらのシグナルを通じて北朝鮮を抑止したいと考えている。

金副院長は
「朝鮮半島情勢は本当の戦争勃発までまだ程遠い」とし、
「ただ、韓国は北朝鮮が挑発してくれば、断固として報復する決意でいる。
 米国も韓国に反撃を認める戦略だろう。
 ある意味では、朝鮮半島が安全ではなくなる」
との見方を示した。

     
      応援クリック にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ ありがとうございます!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

5月25日(金)
e0171497_11362653.jpg
e0171497_11363335.jpg
e0171497_116388.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

5月26日(土)
e0171497_1161142.jpg
e0171497_1161821.jpg
e0171497_1053236.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

5月27日(日)
e0171497_10533189.jpg
e0171497_10533865.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


.

[PR]
by hansaki460 | 2012-05-25 05:17 | 一般 | Comments(0)
<< 権力の犯罪 &【放射性物質拡散... 含蓄のある文に出会いました &... >>