信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg


HP
まぼろしの
吾道之宮


e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 







google36ed5a3dddf221d0.html
ブログパーツ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
唐・新羅進駐軍の唐側代表..
by 旅人 at 04:53
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


風三郎神社の話

.
【風三郎神社】の話


私が、古代文字で書かれた 大御食神社の社伝記 について調査している事は、ご存じだと思います。^^

その社伝記の中に、【 風三郎神社 】の事が記載されています。
e0171497_514445.jpg
雄朝津間稚子宿禰ノ尊:允恭天皇(376-453)の御代、五年(416)の秋文月、十一日より 嵐風疾き(あらかせとき)雨降りて 五日五夜 きよりて小止まず。

故に八十上津彦、大御食ノ社の神の前に御祈りするに神告げて詔り給はく、

「大草ノ里 黒牛に坐す 風の神の祟りなり。
 この神実(かみざね)を祀らば、穏(おたひ)ならむ」

と、現(おつつ)に詔り給えり。

是は おさおさしきことなりとて、大草ノ里の長 武彦 はた岩瀬、はた阿智ノ宮主 牛足彦と共に議りて、種々の物を捧げ奉りて 称辞(たたえごと)申し給ひしかば、風凪(なぎ)雨止みて穏になりけり。

議りて、種々の物を捧げ奉りて 称辞(たたえごと)申し給ひしかば、風凪(なぎ) 雨止みて 穏になりけり。

七日の次の日 空晴れて 日の御影 明らかなり。


・・・

允恭天皇の御代五年(416年)、陰暦七月半ば、暴風雨が幾日も続いて農民たちは困っていた。

赤須の「大御食神社」のお告げによると
『 大草の里、黒牛にある 風の神の祟りである。この神をまつれば 嵐はすぐに止むだろう 』 という。

そこで大草の里長たちは 皆と相談し、三十余ヶ村の人々を集めて、黒牛の風穴に 様々な品物をささげて 風の神を 手厚くまつった。

すると、たちまち嵐は止み、穏やかな気候になったという。

【社伝記】 下巻6 参照

     ◇

では、【 大草ノ里 黒牛に坐す 風の神 】 は、今どうなっているか?

長野 上伊那郡 中川村 大草 黒牛 に 現在、『 風三郎神社 』がある。
御祭神は、「 級長津彦命 」 と 「 級長戸辺命 」

これは、風の神(風神)として古くから信仰を集める奈良県の 『 龍田大社 』 の御祭神と同じで、

天御柱命 : 級長津彦命 (男神)、
国御柱命 : 級長戸辺命 (女神)

のこととされています。
e0171497_54937.jpg


ただし このことは、以前から神社はあったが、祭神などについては判って居らず、近年になって土地の郷土史研究家が社伝記を元にして ある会報に書いたものが碑になっているのみ。

ということは、神社は元からあったが、そのいわれについては、古代文字で書かれた社伝記にのみ伝わっていた、ということで、社伝記の信憑性が証明される史実です。

     ◇

風の三郎というと、宮沢賢治の 「 風の又三郎 」 を思い出します。

「 風の神 」 を何故 「 三郎 」 と呼ぶのか? は、吉野裕子氏が、氏の著書 「 陰陽五行と日本の民族 」 で、【 風の三郎 】 とは、陰陽道に因り、「 木気三合における 三番目、墓気の未 」 を擬人化した名称だとしている。(私には消化不良ですが・・・。^^;)

風神を祀る神社や、「 風の三郎社 」 という神社が 全国にはいくつかあり、風の三郎伝説も、福島・新潟・長野・山梨地方にあるという。

風の三郎とは、三男坊のやんちゃ息子、と云ったところだろうか・・・・。^^
[PR]
by hansaki460 | 2012-05-22 05:02 | 神代文字 | Comments(0)
<< 人生讃歌 &【放射性物質拡散予想図】 伊那谷に坐す 九州の神様たち >>