信濃國 大御食ノ社に伝わる神代文字で書かれた「美しの杜社伝記」を解明してます。
by 史郎
e0171497_18581696.jpg


HP
まぼろしの
吾道之宮


e0171497_1725895.jpg

   発売中



 今日も 応援クリック
 ありがとうございます

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村 





ブログパーツ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 01月
more...
カテゴリ
全体
やまと言葉
幻の吾道之宮
和歌姫 吾道彦
大御食神社社伝記
神代文字
古代文字便覧 
竹内文献 ホツマツタヱ 古史古伝
歴 史 秘 話
地方史から見た覇権の姿
一般
未分類
最新のコメント
唐・新羅進駐軍の唐側代表..
by 旅人 at 04:53
これが高学年の問題であれ..
by 通りすがり at 02:55
当方のブログに関しまして..
by hansaki460 at 07:23
三毛猫さんが書いているこ..
by moon33magic at 16:05
高良大社とは、朝鮮神社、..
by moon33magic at 11:25
その他のジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル


輪違屋 糸里・桜木大夫の話

.
輪違屋 糸里・桜木大夫の話
 わちがいや いとさと ・ さくらぎだゆう


幕末の新撰組を主題とした時代小説、浅田次郎の 『 輪違屋 糸里 』 から・・・。

 君がため 惜しからざらむ 身なれども
      咲くが 誉や 五位の 桜木


『 輪違屋 糸里 』 桜木大夫の歌です。
 もちろん作者 浅田次郎作ですが・・・・。

2007年9月、TVドラマで糸里を 上戸彩が 演じました。
女性からは 不評のようでしたが、私は上戸彩の演技を 印象深く思い出します。

花魁道中 http://www.youtube.com/watch?v=mOvs8NW5m3c


 「 幸せを欲するのに、分も糞もあるかい 」

  吐き棄てるように 土方は言った。

 「 それは 卑怯やおへんか。
  分も器もわきまえんと、ただ幸せになろうというのんは、
  楽をしようということ どっしゃろ。 わては―― 」

  と言いかけて、糸里は思いがけず こみ上げた涙声を 呑み下した。

 「 わては、たった十六年の間にも、恩や恨みを ようけ蒙ってまいりましてん。
  恨みは水に流し、恩は岩に刻んで生きな、
  人間は 人間らしう生きられへん いうことも、よう知ってます」



幕末の 女の凄さが よく出ている台詞です。
e0171497_613509.jpg


前出の歌の本歌が

   君がため をしからざりし 命さへ
      長くもがなと 思ひけるかな


               ・・・・・・藤原 義孝

です。 

藤原義孝は、正五位下・右少将。
後少将と号し、天延2年(974)21歳の若さで没しました。

義孝は、生まれながらの貴族です。 
しかし、賤は廃止されたとはいえ、藤原の世には奴婢たちが大勢いた。(今でも その名残がありますが・・・・。)


時代は違えども、糸里も いわば賤の奴婢の様な立場でした。

ですから余計に 二つの歌から私は、似て非なるものを感じます。

義孝の歌からは、激しい恋は感じますが、糸里の生命力は感じません。
( この歌を百人一首に選んだ定家が、化けて出るかも? )

浅田次郎氏には、作品ができる時には、啓示のように 作品が降って来るそうだから、この歌も台詞も、あながち彼一人の思いつきではないかも知れません!


     
      応援クリック にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ ありがとうございます!
[PR]
by hansaki460 | 2012-05-19 06:13 | 一般 | Comments(0)
<< 父と子の話 &【放射性物質拡散... 心の癒し 音楽療法の薦め&【放... >>